【3月21日は何の日】豆知識~今日は「はじめようの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月21日は何の日かというと

はじめようの日」。

 

スポンサーリンク




 

これは「記念日」といえるのでしょうか。

と思いましたが、

「一般社団法人 日本記念日協会」

に認定された立派な記念日です。

 

今の時期はちょうど年度末なので

新年度に向けて何かを始めようと

決めるのもいいのかもしれません。

 

「はじめよう」という言葉を聞いて

一番最初に思い付いたのが

大学生活のはじまり。

 

心が躍ったり

ホームシックになったり

再び心が躍るなど

気分の起伏が激しかったですね。

 

そんな「大学生活のはじまり」について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「はじめようの日」

が制定された経緯と

「大学生活のはじまり」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「はじめようの日」が制定された経緯

 

「はじめようの日」を制定したのは

株式会社大丸松坂屋百貨店

さん。

 

「はじめようの日」と聞いたとき

どんな団体が制定したんだと思いましたが

○○協会とか有志ではなく

株式会社だったんですね。

 

今の時期は新年度を控え

期待と不安が入り混じる時期。

 

そんな中、

新しい生活、新しく何かを始める人を

応援したいとの思いにより制定された

「はじめようの日」。

 

また、「よし、始めよう」という気持ちを

思い起こしてもらうとともに応援しようと

制定された「はじめようの日」。

 

「3、2、1」のカウントダウンにちなんで

3月21日が「はじめようの日」に

選ばれました。

 

 

さて、今の時期は環境が変わったりで

期待と不安が入り混じる時期。

 

私は今現在は「これを始めよう」

というものがありません。

 

そんな中、

今までで最も不安を抱いた「はじまり」は

親元を離れた大学生活のはじまり。

 

そこで、今までで一番不安だった

「大学生活のはじまり」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②大学生活のはじまり

 

 

豆知識②-1.地元を離れるとき

 

私が大学に入学する際には

「うるさい親元を離れることができる」

「新天地での生活が楽しみだ」等

不安はなく、むしろ期待で溢れていました。

 

これからは自由だ!

 

と思っていましたので

大学生活が楽しみで仕方ありませんでした。

 

ただ、親戚は口をそろえて

「大変だろうけど頑張ってね」

と言ってきましたね。

 

私は彼らの言う意味も分からず

ただ「はい」という始末。

 

表情では寂しそうにしていても

心の中では喜んでいまいたね。

 

今後の自由で楽しいであろう生活に

心を躍らせながら新天地へと

向かっていきました。

 

 

豆知識②-2.新天地での生活が始まったとき

 

地元を離れるまでは

心が躍っていました。

 

しかし、結論から言うと

新天地についてからは

軽いホームシックになりました

 

電車で地元を離れるまではハイテンション

しかし数時間後に新天地に到着したときは

一気に不安が押し寄せてきました。

 

知らない土地に着いた瞬間に

今まで見えなかった不安要素が

私を襲ってきました。

 

土地勘がないという事のほかに

友人がいないこと、挙句の果てに

両親がいないことに対して

一気に寂しくなりました。

 

両親がいなくて自由になった

と喜んでいたはずなのに

知らない土地に言った瞬間に

不安へと変わりました。

 

また、大学生活に対する不安も

同時に出てきて恥ずかしながら

泣きそうになったことを覚えています。

 

 

豆知識②-3.大学生活の始まり

 

そんな不安を抱えながら

大学生活が始まりました。

 

私の場合幸運だったことは

入学式の日にすぐに友人ができたこと。

 

私がそうだったように、

地元を離れて不安に思っている人、

友達が欲しいと思っている人は

たくさんいます。

 

話しかけてきた友人は私に対して

「話しかけやすそうだったから」

「一人だったから俺と一緒だな」

と思ったとのこと。

 

最初に話しかけるきっかけなんて

そんなもんですよね。

 

いざ話してみたら趣味が似通っていて

その友人とすぐに意気投合しました。

 

この友人の存在が

私のホームシックを治してくれました。

 

それからというもの、

本格的に大学の講義が始まってからは

いろんなきっかけで友人、知人が

増えていきます。

 

そうなると、地元を離れるときに抱いていた

これからは自由だ!

という気持ちが復活しました。

 

いい感じで大学生活をはじめることができて

よかったと思っています。

 

 

3月21日は何の日?まとめ

 

3月21日は何の日かというと

はじめようの日」。

 

ということで

「大学生活のはじまり」について

取り上げてきました。

 

親元を離れるときはは心が躍り、

地元を離れた時はホームシックになり、

大学生活が始まると再び心が躍る

という経験をしました。

 

もしこの記事を読んでいる人

特に大学生活で地元を離れる人は

私みたいな心境になるかもしれません。

 

ただ、不安な心境、寂しいという心境を

抱いている人はあなただけではないはず。

 

もし可能ならば、あなたの方から

声をかけてみませんか。

 

声をかけられた人は

喜んでくれるかもしれないですよ。

 

スポンサーリンク