【3月20日は何の日】豆知識~今日は「かつおの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月20日は何の日かというと

かつおの日」。

 

スポンサーリンク




 

「かつお」とは

のことです念のため。

 

あなたは

かつお

は好きですか?

 

もちろん私は大好きです。

この話題を取り上げる

ぐらいですからね(笑)。

 

いろんな場面で活躍してくれる

かつお。

 

しかも安めに購入できるので

ありがたいですよね。

 

そんな中

かつおの刺身

かつおのたたき

かつおのヅケ丼

等にして食べることが多いですね。

 

どれもお酒の肴になってしまいます(笑)。

 

そんなかつおについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「かつおの日」が制定された経緯と

かつおの美味しいべ方について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「かつおの日」が制定された経緯

 

「かつおの日」を制定したのは

和歌山県すさみ町

 

 

上図は和歌山県の地図。

 

すさみ町は赤丸の印のように、

紀伊半島の南の方に位置しています。

 

すさみ町は海に面しているだけあって

漁業や林業・農業等が盛んな町。

 

すさみ町ではかつおやブリ等が

獲れるんですね。

 

そんな中

「かつお」はすさみ町の魚

と位置付けられています。

 

そしてこのすさみ町でかつおを獲るときに

行われている漁法が

疑似餌を使って行う

ケンケン漁」。

 

この「ケンケン漁」を後世に伝えたり、

すさみ町のかつおの品質の良さを

より多くの人に知ってもらいたい。

 

そして「すさみ町のかつお」を

ブランド化したいとの思いから

2002年(平成14年)に

制定された「かつおの日」。

 

すさみ町のブランドかつお

     ↓

かつおの日

すさみのケンケンかつお

 

 

私が無知なだけかもしれませんが、

「すさみ町のかつお」の存在を

知りませんでした。

 

「かつおといえば土佐(高知)の方」

というイメージが強いのは

私だけでしょうか。

 

ぜひすさみ町のケンケンかつおも

食べてみたいですね。

 

 

さて、かつおは黒潮に乗ってやってくる

とても美味しい魚です。

 

そうした中、

かつおの食べ方は様々あります。

そのかつおを

普段はどうやって食べているのかについて

考えてみました。

 

 

そこで、私が行っている

かつおの美味しい食べ方について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②かつおの美味しい食べ方

 

 

豆知識②-1.かつおの刺身

 

かつおの食べ方で一番多いのが

刺身で食べることでしょうか。

 

スーパー等で売られているかつおは

値段もお手頃。

なおかつ量も多くて、

私にとってはありがたい魚。

 

「とろかつお」なんて文字を見たら

つい手が伸びてしまいます。

 

また、

70%引き

なんてシールが貼られたていたら

もう迷わずロックオン!。

 

ありったけのかつおを買うことも

しばしば。

 

買った後は

お酒の肴になること間違いなし。

 

「刺身って高い」

というイメージがありますが(私だけ?)、

かつおは手頃な値段で庶民の味方

だと思っています。

 

 

豆知識②-2.かつおのたたき

 

かつおの刺身と並ぶぐらい

かつおのたたき

を食べることも多いですね。

 

「たたき」といっても

かつおをたたくわけではありませんよ

念のため。

 

自分でかつおを直接炙ることはしませんが、

かつおのたたきもまた

スーパーに並んでいます。

 

これもまた手頃な値段で

しかも量が多いですね。

 

ただ、刺身とたたきが両方あった時は

刺身を買うことが多いですね。

 

刺身の方が新鮮な感じがするんは

私だけでしょうか。

 

まあその時の気分次第でもありますが。

 

 

豆知識②-3.かつおのヅケ丼

 

「マグロのヅケ丼」

のイメージが強いかもしれませんが、

「かつおのヅケ丼」も「マグロのヅケ丼」

みたいで美味しいです。

 

私の場合は、どうしてもかつおの刺身を

買いすぎてしまう傾向にあります。

 

70%引き

のシールが張られていたら

あるだけ買ってしまいます。

 

余った刺身を捨てるのももったいないので、

醤油につけておいて、次の日にご飯に乗せて

食べます。

 

これがまた美味しくて、

ちょっとした海鮮丼を食べている

気分になります。

 

 

さて、これまで「生のかつお」

を取り上げましたが、これらとは別に

「かつお節」がありますね。

 

もちろんかつお節も買ってくるものですが、

ダシに使ったり、おにぎりの中に入れたり、

お好み焼きやたこ焼きに乗せる等

使い道は数多くありますね。

 

 

料理が苦手な私は

どうしてもスーパーで出来合いのものを

買ってしまいます。

 

料理が得意な人は

いろんなレシピがあるのでしょう。

 

 

【3月20日は何の日】豆知識~今日は「かつおの日」まとめ

 

3月20日は「かつおの日」。

 

そこで、和歌山県すさみ町のかつおと、

私が考えるかつおの美味しい食べ方について

取り上げてきました。

 

すさみ町の「ケンケン漁」を初めて知り、

また一つ賢くなりました(笑)。

 

やはり刺身やたたきで食べるのが

おススメですね。

 

そして、また一つ食べてみたいものが

増えてしまいました。

 

また、かつおはいろんな食べ方もできるし、

脇役としても大活躍です。

 

あなたはどのようにして「かつお」を

食べていますか?

 

スポンサーリンク