3月16日は「トロの日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

普段はなかなか手が出ませんが、

たまには食べられるものの

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

寿司屋やスーパーなどで見かけますが、

普段は手に取ることを躊躇してしまいます。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで3月16日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで3月16日は何の日かというと

トロの日」。

スポンサーリンク

 

みなさんは「トロ」を食べますか?

 

「トロ」というと寿司や刺身の高級食材。

 

中トロ、大トロは共に高額なとのなので、

この不景気にはなかなか手が出ないものです。

 

そこで、「トロの日」が制定された経緯と、

「トロ」を食べる場面について

取り上げていきます。

 

 

「トロの日」が制定された経緯

 

「トロの日」を制定したのは

カッパ・クリエイト株式会社」さん。

 

全国チェーンの「かっぱ寿司」を展開している

会社といえばわかるでしょうか。

 

かっぱ寿司さんでは「トロ」は人気の商品

のようですね。

 

確かに「トロ」は美味しいんですけど値段が…。

 

この人気があるトロのネタでお客さんに

喜んでもらい、この業界を活性化させることを

目的として制定されました。

 

「1(ト)6(ロ)」すなわち「トロ」の

語呂合わせで、「毎月16日」を

「トロの日」とすることにしました。

 

実はずっと気になっていた記念日だったので、

今回の記事で取り上げてみようと思いました。

 

それはさておき、今は回転寿司屋さんも

増えてきて激戦を繰り広げているなあと

感じています。

 

そんな中、いろんなネタやサイドメニューなど

様々な工夫がなされています。

 

その中でもやはり人気の「トロ」。

 

普段はなかなか手が出ませんが、

そんな私でもトロを食べる場面がありますね。

 

これについて取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

「トロ」を食べる場面

 

1.スーパーでの特売

 

ご利用の方もいるかと思いますが、

私が一番「トロ」を食べる機会を

与えてくれるのが「スーパーの特徴」。

 

いわゆる「見切り品」というやつですね。

 

スーパーによって、またはその日によって

変わりますが、だいたい19時30分から

商品に貼られ始める「半額」のシール。

 

これを待っている人そこのあなた!

 

私もその一人です。

 

ただ、中トロや大トロが半額になっても

まだ手を出すのに躊躇してしまいます。

 

たま~にあるのが「70%引き

というシール。

 

つまり、中トロ、大トロが「「通常の3割」

で購入することができます。

 

しかし、これにはなかなか出会えないので

このシールはめったに貼られない、

そして貼られたらすぐに取られる

というレアで競争率が激しい商品

になります。

 

ですのでトロに「70%引き」

というシールが貼られていたら

迷わず購入してしまいます。

 

ただ、家で食べようとすると、

時々怪しいにおいのすることが・・・。

 

まあお腹を壊したことはないので

大丈夫だと思っています。

 

 

2.上司との食事

 

だいぶ昔の話になりますが、

会社での飲み会があり、

2次会、3次会とだんだん夜が更けていく

という場面がありました。

 

ある上司が「締めのラーメン」ならぬ

「締めのお寿司」という人がいました。

 

その上司のおごりでお寿司を

食べられるのですが、その方が

酔っぱらっているためか

「好きなものを好きなだけ食っていいぞ」

というのが口癖でした。

 

何だったら『時価』のものでもいいぞ

などと言い放つ始末。

 

私hs遠慮していたのですが、その方から

言い放たれる「大トロ一つ!」の一言。

 

こういう経緯でトロにありつけることが

できました。

 

今となってはいい思い出ですが、

「時価」ネタを頼むときの恐ろしさ!

 

とてもじゃないけど自費では

ありつけることができない

シロモノでしたね、

 

 

3.回転寿司

 

普通のお寿司屋に比べて回転寿司の方が

リーズナブルですよね。

 

それでも店によっては一皿500円とか

する店もありますが。

 

ただ、中トロを手ごろな値段でだsている店

もあって、つい注文してしまいます。

 

また、回転寿司はサイドメニューも

充実しており、色んなものがあるので

家族連れにはちょうどいいですね。

 

 

まとめ

 

3月16日は「トロの日」。

 

そこで、「トロを食べる場面」について

取り上げてきました。

 

不景気のこのご時世、上司から

お寿司をおごってもらえる場面は

亡くなりましたが、スーパーや

回転寿司ではトロにありつける

場合があります。

 

昔よりも現在の方がトロを

食べやすくなりましたね。

 

「トロの日」かあ。

「70%引き」

のシールが貼ってないかなあ。

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村