3月14日は「マシュマロデー」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

3月14日といえばこれだというものの

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

何種類かのものがあると思いますが、

これもその一つです。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで3月14日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで3月14日は何の日かというと

マシュマロデー」。

スポンサーリンク

 

「マシュマロ」というと

ホワイトデーのお返しの一つとして

利用されますね。

 

私は子供の頃に

「バレンタインのお返しはクッキー」

と言われてきました。

 

もっと言うと、アクセサリー類の方が

喜ばれるかもしれません。

 

そこで、「マシュマロデー」が

制定された経緯と、

「なぜホワイトデーにマシュマロが

送られるようになったのか」を

私なりに検証してみました。

 

 

「マシュマロデー」が制定された経緯

 

「マシュマロデー」を制定したのは

株式会社石村萬盛堂」さん。

 

石村萬盛堂さんは福岡に本社を持つ

1905年(明治38年)創業の

老舗のお菓子屋さんですね。

 

1977年(昭和52年)に

制定されるまでは「バレンタインデー」

しかなく「女性から男性への贈り物」

がされるだけでした。

 

そこで、バレンタインデーの1か月後に

「男性から女性へのお返し」のために

「女性にマシュマロを贈る日」

として制定されました。

 

これが「ホワイトデー」の先駆け

言われています。

 

現在ではクッキーを送ったり

アクセサリーを贈ったりと

マシュマロの出番が減っているような

気がします。

 

しかし、私は個人的には

マシュマロのお返しが一番いい

と思っています。

 

なぜそう思うのかを取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

なぜマシュマロが最適だと思うのか

 

私がマシュマロがいいと思うのは

マシュマロが持つ特徴にあります。

 

まずはマシュマロの特徴を

取り上げていきます。

 

 

1.マシュマロの特徴

 

① 低カロリー&高タンパクでダイエット向き

 

マシュマロは者にもよりますが、

100gあたり133kcal

です。

 

チョコレートやクッキーと比べたら

かなりカロリーが低いといえます。

 

また、マシュマロはタンパク質が

豊富に含まれています。

 

ダイエットには筋トレが

効果的です。

 

筋トレにはタンパク質が欠かせません。

 

つまりマシュマロは低カロリーであるうえに

高タンパクであるために太りにくく、

ダイエットに最適だといえます

 

もちろん食べ過ぎは何でもいけませんが、

他のお菓子よりも太りにくいという

特徴を持っています。

 

 

② 美肌効果

 

マシュマロはゼラチンをはじめ、卵白や砂糖等

からできており、そのゼラチンがプルプルの

食感を与えてくれます。

 

ゼラチンは体の中に入ると分解されてアミノ酸を

生成します。

 

これが「コラーゲン」の原料になります。

 

みなさんも知っての通り、美肌には欠かせない

コラーゲン。

 

しかも、ゼラチンは分子が小さいため、

直接コラーゲンを摂るよりも吸収率が高い

という特徴を持っています。

 

マシュマロを1日に10個食べることにより

1日に必要なコラーゲンが摂れると

言われています。

 

しかも10個食べてもカロリーは50kcal

以下なので、特に女性には嬉しい特徴ですね。

 

また、関節の軟骨にも使われる成分なので

もうすこし多めに食べてもいいかもしれません。

 

ただ、食べ過ぎるとお腹の調子が崩れる恐れが

ありますので、お腹のっ調子と相談しながら

摂取してほしいですね。

 

 

③ 消化吸収の促進・整腸作用

 

マシュマロのゼラチンは消化吸収されやすく、

他のものと一緒に食べたものまで消化

させやすいという特徴があります。

 

また、余分なものを排出する働きにより

便秘の予防・解消効果が期待できます。

 

なお、コラーゲンは肌や軟骨だけでなく、

腸の細胞を丈夫にする働きによって

整腸作用の効果が期待できます。

 

 

④ コスパがいい

 

ゼラチン質のものならゼリーやババロア、ムース

等もあります。

 

しかし、これらはマシュマロに比べて高カロリー

の上に値段も高いというデメリットとあります。

 

マシュマロばかりで飽きた時などは時々

食べるのはいいですが、栄養、コスパ

という点ではマシュマロが圧倒しています

スポンサーリンク

 

2.マシュマロがいいと思う理由

 

「バレンタインのお返しはマシュマロで」

というのがホワイトデーこ始まりと

言われています。

 

私はこれが実に理にかなっていると

感じています。

 

ダイエット向き、美容に良い、整腸作用、

コスパの点においてみるとクッキーや

その他のお菓子等より圧倒しています。

 

それ故に「お返しはマシュマロがいい」と

思っています。

 

本当にその女性のことを考えたらマシュマロが

いいのでしょうが、おそらく女性は

そう考えてはくれないでしょう。

 

私はだいぶ前に「お返しは光り物でよろしく」

と言われたことがあります。

 

やはり、アクセサリー類やお菓子類のほうが

喜ばれるのでしょう。

 

いくらマシュマロが理にかなっていても、

贈り物をするかであれば

「相手に喜んでもらえるもの」

を贈らないと意味がないとも思っています。

 

やはり、相手が喜びそうなものを

お返しするのが一番いいですね。

 

 

まとめ

 

3月14日は「ホワイトデー」。

 

いや、「マシュマロデー」。

 

私自身は栄養素と、元祖を守るという意味も

込めてお返しにマシュマロがいいと思いますが、

やはり「相手が喜ぶもの」をお返しするのが

一番いいですね。

 

そうだ!「相手が喜ぶもの」「マシュマロ」

の両方をプレゼントして、ホワイトデーの始まり

とマシュマロの効能を伝えるというのは

どうでしょうか?

 

まもなくホワイトデーですので、バレンタインで

チョコレートをもらった方は参考にして

いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村