【3月13日は何の日】豆知識~今日は「漁業法記念日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月13日は何の日かというと

漁業法記念日」。

 

スポンサーリンク




 

「漁業法」というと

なんだか堅苦しいですね。

 

しかし漁業法は

私たちの食生活に密着している法律です。

 

美味しい魚介類を食べ続けられるのも

漁業法があるからなのかもしれません。

 

漁業法がなければ無法状態で漁業が行われ、

密漁や乱獲が行われるかもしれません。

 

密漁や乱獲が行われれば魚介類等の

水産資源が絶滅してしまうかもしれません。

 

ともあれ「〇〇漁解禁」という時期が来たら

その度に美味しい魚介類が楽しみで

仕方ありません。

 

そんな中、私も魚介類が大好きで、

よく食べる魚介類は

サケ

カキ

イカ

というありふれたものが多いですね。

 

ありふれた魚介類でも美味しいし、

調理法によって様々な味わいが楽しめます。

 

そんな魚介類について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「漁業法記念日」が制定された経緯と

私がよく食べる魚介類について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「漁業法記念日」が制定された経緯

 

「漁業法記念日」が制定されたのは

現行の「漁業法」が施行されたことを

記念して制定されています。

 

「漁業法」が施行された日が

1959年(昭和24年)

3月13日

 

これにちなんで3月13日が

「漁業法記念日」に選ばれました。

 

「漁業法」が施行された目的は、

漁場の総合的な利用による

漁業の発展」。

 

何だか堅苦しいですが、要するに

漁業の発展のために

制定された法律

ということですね。

 

いや、まだまだ堅苦しい!

 

もっとザックリ言うと

私たちが美味しい魚介類に

ありつけるための法律

とも言えるのではないでしょうか。

 

だいぶ柔らかい表現になりましたね。

 

漁業法がないと無秩序に魚介類が

乱獲されて、絶滅してしまうということにも

なりかねません。

 

漁業法、ありがとう!

 

 

さて、法律や関係者等により

守られてきた「海の幸」。

 

よく「若い頃は肉食でオッサンになるにつれ

「年齢を重ねるにつれて魚食に代わる」

と言われますよね。

 

しかし私は若い頃から現在に至るまで

肉も魚も両方大好きです。

 

その中で今回は「海の幸」の話題。

 

その中で私がよく食べている魚介類は

何かなと改めて考えてみました。

 

そこで、私がよく食べる魚介類について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②よく食べる魚介類

 

ここで取り上げるのは

あくまでも「私がよく食べる魚介類」であり

「私が好きな魚介類」とはちょっと

異なりますのでご了承ください。

(好きな魚介類ではありますが)

 

 

豆知識②-1.サケ

 

サケは焼き魚としても出てくるし、

お寿司や刺身、カルパッチョの中に

入っている等いろんな場面で登場します。

 

また、鮭フレークにしてご飯にかけたり

おにぎりの具材にも使われています。

 

そんな中、私が特に好きなメニューに

鮭とば

があります。

 

鮭とばは

お酒のおともには最高!

 

鮭とばは身はもちろん

皮まで食べてしまっている始末です。

 

皮の硬さとうまさがたまらない

と思っているのは私だけでしょうか。

 

本当に

様々な場面で登場するので

食べる場面も多くなりますね

 

それだけみんなから愛されている

魚ということでしょうか。

 

ちなみに下記の記事

【11月11日は何の日】豆知識~今日は「鮭の日」鮭の魅力

にあるように、サケは赤身がかっていますが

白身魚

の仲間。

 

白身魚か赤身魚を決める基準は

筋肉中の血色素の

オグロビンの含有量

によって分類されます。

 

サケのオグロビンの含有量を見ると

「白身魚」になります。

 

なんだか意外ですよね。

 

 

豆知識②-2.カキ

 

「カキの旬は冬の寒い時期だよ」

と言われたことがありますが、

スーパー等には1年中売られていますよね。

 

カキは

海のミルク

とも呼ばれるぐらい

栄養価の高い魚介類。

 

実は私はカキが食べられなかったんです。

 

それは最初に「生ガキ」を食べたから

なのかもしれません。

 

それが下記の記事

【11月21日は何の日?】「カキフライの日」カキ嫌いを克復してくれた恩人

にあるように、友人の子供から

「カキフライ」を勧められてから

カキの美味しさに目覚めました。

 

それからというもの、

スーパーの総菜コーナーにカキフライが

置いてあったら

つい手が伸びてしまいますね。

 

「半額」なんてシールが貼られていたら

迷わずロックオン!

 

 

また、天ぷら屋で食べた

「カキの天ぷら」は

とても美味しかった

ですね。

 

天ぷら屋の店長は

「カキフライなんかと一緒にされたら困る」

といっていました。

 

カキフライも十分に美味しいですが、

確かにカキを天ぷらにしたら

もっと美味しかったですね。

 

天ぷら屋曰く

「カキフライは小さなカキをかき集めて

作ることができる。

しかしカキの天ぷらはそうはいかない

ごまかしがきかないんだ」とのこと。

 

たしかにカキの天ぷらは美味しかった。

また食べたいですね。

 

 

豆知識②-3.イカ

 

イカも良く食べる魚介類の一つ。

 

最近では不漁が続いていて

とても残念です。

 

私はもともと「イカ?別に!」

という感じでしたが、下記の記事

【10月19日は何の日】豆知識~「いか塩辛の日」函館のイカの美味しさ

にあるように、

函館でイカを食べてからは

イカの虜に!

 

特に居酒屋でイカにイカの内臓を加えた

イカゴロ焼き

を初めて食べた時は、その美味しさには

悶絶してしまいました。(大袈裟?)

 

それ以来、自分でもイカを丸ごと買ってきて

イカゴロ焼きを作っています。

 

やはり自分で作ったイカゴロ焼きは

美味しくはありますが、

やはり居酒屋の味は出せないですね。

 

やはり素人では無理がありましたね。

まして私は料理が下手!

無謀な挑戦だったのかもしれません。

 

 

ちなみに、そのイカゴロ焼きを出してくれた

居酒屋は残念ながら閉店してしまいました。

 

残念な気持ちでいっぱいです。

 

それからというもの、イカの塩辛も

食卓に並ぶようになりました。

 

美味しいイカにありつけるためにも

また、イカの街を維持し続けるためにも

イカの不慮が解消されることを

願うばかりです。

 

 

3月13日は何の日?まとめ

 

3月13日は「漁業法記念日」。

 

そこで私がよく食べる魚介類について

取り上げてきました。

 

サケ、カキ、イカが私の中では

トップ3ですが、他にもまだまだ

よく食べる魚介類がたくさんあります。

 

肉ももちろん美味しいですが「海の幸」の

美味しさは私たちの舌を喜ばせてくれます。

 

これも漁業関係者をはじめたくさんの人の

ご尽力の賜物ですね。

 

漁業関係者の方々、ありがとうございます。

 

あなたがよく食べる魚介類は何ですか?

 

スポンサーリンク