【3月12日は何の日】豆知識~今日は「だがしの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月12日は何の日かというと

だがしの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは「駄菓子屋さん」に

行ったことがありますか?

 

「ある」と答えた人はおそらく

私と同じ昭和生まれの人(笑)。

 

今ではすっかり「駄菓子屋」さんを

見なくなりました。

 

私が小学生の頃は駄菓子さんが

学校のすぐそばにあって

よく立ち寄っていましたね。

 

駄菓子屋さんは

単に駄菓子を買うだけでなく、

コミュニケーションの場

としても活用されていました。

 

単にお菓子を買うだけでなくて

店員や友人とのやり取りや

くじ引きなどを楽しんでいました。

 

「駄菓子屋さんか、懐かしいなあ」

と思った方もいらっしゃる

のではないでしょうか。

 

写真にあるように、大小の駄菓子が

雑然と並んでいた駄菓子屋さん。

 

たくさんあるので

どれを買おうか悩んだものDす。

 

そんな中、当時よく買って食べた駄菓子

について思い出してみようと思いました。

 

そこで、「だがしの日」が制定された経緯と

私がよく食べた駄菓子について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「だがしの日」が制定された経緯

 

「だがしの日」を制定したのは

DAGASHIで

世界を笑顔にする会

 

そんな会があったのかと思いました。

なるほど、美味しいものを食べたら

笑顔になるものですよね。

 

今回は駄菓子で笑顔になってもらおうと

いう事ですね。

 

「DAGASHIで世界を笑顔にする会」は

全国の駄菓子メーカー等で結成され、

事務局は

岡山県瀬戸内市

にあります。

 

岡山県瀬戸内市といえば

日本一のだがし売り場

があり、駄菓子の販売が盛んです。

 

世界平和のキーワードとして

「DAGASHI」を世界中の人々に

知ってもらいたいとの思いで制定された

「だがしの日」。

 

「世界平和のキーワード」とは

話が壮大になりまいたね。

 

世界平和はともかく、「DAGASHI」が

世界中の人々に知ってもらえているかは

疑問ですね。

 

「DAGASHIで世界を笑顔にする会」

に頑張ってもらいましょう。

 

そして、駄菓子等にまつわる人物である

田道間守公

 

田道間守公は菓祖として知られ、

人呼んで「お菓子の神様」。

 

「田道間守公」の命日

3月12日

 

「田道間守公」を祀っている橋本神社の

前山和範宮司の提唱によってこの命日である

3月12日を「だがしの日」に選びました。

 

 

さて、それ以来数多くの駄菓子が誕生し

私たちの舌を喜ばせてくれています。

 

私が小学生の頃は学校の近くに駄菓子屋が

あって、ある意味そこでコミュニティが

生まれていました。

 

また、下記の記事

【2月23日は何の日?豆知識】今日は「富士山の日」行きたいところ

のように、静岡県では駄菓子とは

直接関係ないような「おでん」が

売られています。

 

静岡の人は他県に行くと

「駄菓子屋さんにおでんがないの」と

驚かれるそうです。

 

私は逆に「駄菓子屋さんにおでんがある」

ということのほうが驚きです。

 

 

話は脱線しましたが、

私も駄菓子屋さんにはよく行きました。

 

そんな中で「よく食べたものは何だろう?」

と考えてみました。

 

そこて、私がよく食べた駄菓子について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②よく食べた駄菓子

 

 

豆知識②-1.チョコベビー

 

チョコベビーなんて

名前自体がかわいいですね。

 

チョコベビーはその名の通り

小さい円柱型のミルクチョコレートの粒が

たくさん入っている駄菓子。

 

今でもあるのでしょうか?

 

美味しかったし、一粒一粒が小さいため、

食べやすくて好きでしたね。

 

ただ、こぼしやすい、

そしてこぼしたら行方不明になる

ということもしばしば。

 

また、容器に指を突っ込んで抜けなくなった

友人もいましたね。

 

そんなチョコベビーはよく食べていましたね。

 

 

豆知識②-2.BIGカツ

 

BIGカツは

カツの衣のかたまりのような薄い駄菓子。

 

今でもコンビニなどでも見かける駄菓子

ですが、それだけ人気がある

ということでしょうか。

 

外はサクサク、という表現は

ちょっと違和感があるような気がしますが、

外はサクサク、中はしっとりしていて

美味しく食べていました。

 

今ではそれほど美味しくは感じない

かもしれませんが、

時々無性に食べたくなります。

 

カツの衣のようなお菓子ですので

カツの衣が好きな人にはオススメですね。

 

 

豆知識②-3.ガム、キャラメル(小さな箱)

 

ここで取り上げるガムやキャラメルは

小さな箱の中に4粒の球体、固体で

入っているものです。

 

4粒入っているので友達とシェアできたり、

ちょっと食べたい時には

ちょうど良かったですね。

 

ガムの種類では

オレンジやグレープ等がありました。

私はグレープが好きでしたね。

 

ガムは球体なので、落としたらどこへ行くか

わからないというチョコベビーと同じ難点

がありました。

 

いや、球体なので

チョコベビーよりも質が悪かったですね。

(落とさなきゃ住むことだろ!

というツッコミは辞めてくださいね)

 

これらは値段も安いので

よく食べていました。

 

スポンサーリンク




 

番外.ビックリマンチョコ

 

駄菓子というかは微妙ですが、駄菓子屋に

ビックリマンチョコがおいてありました。

 

私の世代の人(40代)なら

みんな知っていると思いますが

ビックリマンチョコに付いている

ビックリマンシール

が超人気でした。

 

そのために、子供のくせに大人買いする奴が

いて、買いたい人が買えないという事態が

発生しました。

 

そのため、近くのスーパーでは

「1人3個まで」という張り紙

まで貼られていました。

 

今でもビックリマンチョコは

販売されています。

 

ただ、当時はビックリマンチョコ1個30円

というリーズナブルな値段でした。

 

まあお買い自体は今より小さかった

ですけどね。

 

一箱に40個入っていて、

大人買いしても1200円。

(当時は消費税はありませんでした)

 

甘やかされているお金持ちの子供は

平気で1箱を買い占められる金額です。

 

また、ビックリマンチョコについていた

ビックリマンシール

を目当てにしていて、お菓子を捨てる者

が現れて社会問題にまでなりました。

 

ビックリマンチョコはウエハースに

なっていて、

中身はチョコとナッツが挟まれており

とても美味しいお菓子でした。

 

私の周りには捨てるやつはいませんでしたが

「お菓子を捨てるなら俺にくれ」と

言いたかったですね。

 

 

3月12日は何の日?まとめ

 

3月12日は「だがしの日」。

 

そこで私がよく食べた駄菓子について

取り上げてきました。

 

その中でチョコベビー、BIGカツ、

ガム・キャラメル、ビックリマンチョコを

取り上げました。

 

他にもまだまだ懐かしい、よく食べた駄菓子

がたくさんありました。

 

また、駄菓子屋にあったコミュニティは

古き良き時代のものであり。

現在はこのコミュニティがありませんね。

 

あなたはどんな駄菓子を

よく食べていましたか?

 

スポンサーリンク