2月14日は何の日?今日は「煮干の

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

脇役になることが多いですが、

料理に深みを与えてくれるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

そのまま食べることもありますが、

出汁に使うというイメージのほうが

強いですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで2月14日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月14日は何の日かというと

バレンタインデー」。

 

 

 

 

 

 

 

ではなく

 

煮干の日」。

 

そう、バレンタインデーに隠れて

「煮干の日」という記念日が

隠されていたんですね。

 

こんな時に「煮干」の話題を取り上げる

のは私だけでしょうか。

 

しかし、煮干は様々なところで使われ、

チョコレートよりも登場する場面が多い

ような気がします。

 

そんな煮干に迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「煮干の日」が制定された経緯と、

煮干しの効能について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「煮干の日」が制定された経緯

 

「煮干の日」を制定したのは

全国煮干協会

 

なるほど、煮干にも業界団体が

あるんですね。

 

1994年(平成6年)

の理事会で制定された

「煮干の日」。

 

「2(に)1(棒)4(し)」の

語呂合わせにより2月14日を

「煮干の日」と制定されました。

 

ちょっと苦しい語呂合わせですね。

また、何もバレンタインデーに

ぶつけなくてもいいような・・・。

 

「煮干の日」が制定されてから

しばらくはイベント等が

企画されていなかったそうです。

 

そうしているうちに10年が経過したときに

ラジオ番組で取り上げられ、

それが大きな反響を呼びました。

 

それ以降は「煮干の日」が

少しずつ浸透し始め、

「煮干のロゴ」が制作されたり、

スーパーで「2月14日は煮干の日」

という見出しが出されるようになりました。

 

おそらく「煮干の日」は

煮干の良さを

より多くの人に

知ってもらいたい

との思いから制定された

のだと思います。

 

「思います」というのは、残念ながら

調べても出て来なかったためです。

 

煮干は重荷だしとして使われています。

当然煮干自体も栄養価が高いです。

 

「煮干の日」の目的に一役買うべく

煮干をPRしたいと思いました。

 

というわけで、煮干の良さの一つとして

煮干の効能について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②煮干の効能

 

一口に「煮干」といっても

たくさんの種類があります。

 

ここでは煮干として最も使われている

イワシの煮干について

取り上げていきます。

 

イワシには記事

【10月4日は何の日?豆知識】今日は「イワシの日」イワシの豆知識

にあるように、様々な効能があります。

 

イワシを干すことでどのような効能

があるのかについて取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.カルシウム

 

みなさんもご存知だと思いますが、

煮干は何と言ってもカルシウムが

豊富に含まれています。

 

出汁にしても美味しいですが、

そのままポリポリ食べるのもいいですね。

 

でも止まらなくなる恐れがあるかな・・・。

 

カルシウムは歯や骨の原料になり、

歯と骨を丈夫にする

のには欠かせない成分です。

また、体液をアルカリ性に保ったり

筋肉や神経系にも働きかける効果が

期待できます。

 

カルシウムが不足すると

骨粗しょう症や内出血を起こしやすくなる等

の恐れがあります。

 

また、イライラしやすく

怒りっぽくなる恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.鉄分

 

鉄分は赤血球の原料となり

血液を作る

のには欠かせない成分です。

 

これにより貧血の防止やエネルギー代謝を促進

するなどの効果が期待できます。

 

血の気が多い人は

鉄分の摂り過ぎでしょうか。

(多分違う!)

 

鉄分を不足すると貧血や運動能力の低下を招く

恐れがあります。

 

 

豆知識②-3.亜鉛

 

亜鉛はあらゆる酵素を構成する成分です。

 

体の代謝を調節する等

様々な効果

が期待できます。

 

亜鉛が不足すると食欲低下や免疫機能低下等を

引き起こす恐れがあります。

 

 

豆知識②-4.EPA

 

青魚に多く含まれていることで

知られています。

 

EPAは

血液をサラサラにする作用

により生活習慣病を予防する効果

が期待できます。

 

 

豆知識②-5.DHA

 

こちらも青魚に多く含まれており、

脳や神経系に働きかける効果

が期待できます。

 

子供の頃はよく

「魚を食べると頭が良くなる」と

言われた記憶がありますが、

これはDHAによるものですね。

 

大人はもちろん特に学生さんは

摂っておきたい成分ですね。

 

ただし、ちゃんと勉強しないと

意味がないですよ念のため。

 

 

豆知識②-6.ビタミンD

 

腎臓や小腸の中でカルシウムやリンの吸収を

サポートしたり、血糖値を下げたりする効果

が期待できます。

 

これにより

骨を丈夫にする効果

が期待できます。

 

 

2月14日は何の日?まとめ

 

2月14日は「バレンタインデー」

だけではなくて「煮干の日」。

 

残念ながら「バレンタインデー」

の陰に隠れていますが、

煮干の栄養価はチョコを圧倒していますね。

 

世の中に「義理チョコ」

なるものがありますが、

「義理煮干」を送ったら

面白いかもしれません、

他人事なら。

 

嫌いな人に送るのもアリかもしれません。

でも嫌いな人を健康にするのも・・・。

 

「煮干の日」をきっかけに、「義理煮干」を

いや、「煮干」の良さを

再認識していただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク