1月16日は何の日?今日は「禁酒の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

量を控えたり休めることはできますが、

ここまではできないという

記念日があります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

適量なら「百薬の長」とも言いますし

過ぎないこと、休むことさえできれば

いいと思っていますので

やめることはできません。

 

今は量をは減らしましたけどね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで1月16日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで1月16日は何の日かというと

禁酒の日」。

 

私は危機感から

少しづつお酒を減らしましたが、

やめるとろろまでには至っていません。

 

また、友人などに誘われたら

大抵は断りません。

 

飲み過ぎたら危険なお酒ですが、

どのようにお酒を減らしたのか

思い出してみました。

 

そこで、「禁酒の日」が制定された経緯と、

私なりの飲酒量の減らし方について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「禁酒の日」が制定された経緯

 

「禁酒の日」ができたきっかけは

「アメリカ合衆国」での出来事

 

日本での出来事じゃなかったんですね。

 

1920年(大正9年)1月16日に

「禁酒法」が施行されました。

 

当時のアメリカでは清教徒(ピューリタン)

が強い影響力を持っていました。

 

そんなピューリタンはアルコールを飲むこと

を嫌っていました。

 

そんな彼らの影響により施行されたのが

禁酒法。

 

最初は18州で施行されましたが、

これが全国に広がっていきました。

 

これでお酒がなくなると思いきや、

ギャングが現れてお酒は密造、密売され

お酒は逆に増えていきました。

 

当然違法で密造されたお酒ですから

健康に配慮されるような「基準」が

設けられているはずもありません。

 

そのため違法な密造酒による健康被害が

拡大していき社会問題化していきました。

 

このことによって

1933年(昭和8年)2月に

禁酒法が廃止されました。

 

この名残から禁酒法が施行された1月16日

が「禁酒の日」に選ばれました。

 

何でもそうなのかもしれませんが、

「禁止」と言われたら逆にやろうとする人が

現れるものですね。

 

身近で言うと子供に「○○しちゃダメ!」

と言ったらかえってやりたがるのと

同じなのかもしれません。

 

それはともかく、

「禁酒法」にまつわる歴史があっても

タバコが禁止されていないんですね。

 

タバコの方が健康に悪いんですけどね。

 

 

と話はそれましたが、

私はお酒をやめてはいません。

 

しかし、飲む量を減らした実績があります。

 

そこで、お酒を私が行った飲酒量の減らし方

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②飲酒量の減らし方

 

私は昔は浴びるように(大袈裟?)

お酒を飲んでいました。

 

しかし、身内が体調を崩してからは

節酒」(こんな言葉あるの?)に励み、

今では適量かそれ以下しか飲んでいません。

 

どのようにして「節酒」に成功したかを

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.人間の心理を利用する

 

 

1.禁酒した時のメリットを考える

 

ただ「酒をやめろ」と言われてもなかなか

やめることができませんよね。

 

それどころか、

かえって飲みたくなるものです。

 

そこで、「禁酒した時のメリット

を考えてみました。

 

考えてみたら意外とあるものです。

しかも、お酒の量が多く節酒量が多いほど

メリットが大きいです。

 

 

・ 節約になり、支出が減る

 

目に見える効果としては

これが一番ではないでしょうか。

 

小遣いが増えるかはともかく、

節酒することで節約にはなりますよね。

 

発泡酒を含むビール類を

1缶200円とすると、

その1缶を減らすだけでも

1ヶ月に6,000円の節約になります。

 

プラスおつまみも減らせば

節約効果はさらに上がります。

 

1万円の節約になるか、それ以上の人も

出てくるかもしれません。

 

その1万円で

味しいものを食べるもよし、

どこか遊びに行ってもよし、

ヘソクリしてもいい

のではないでしょうか。

 

 

・ 健康的になる

 

特に深酒をする人は、

お酒をやめることによって

朝の目覚めもスッキリします。

 

適量であればいいのですが、

つい深酒してしまったら

眠りも浅くなってしまいます。

 

また、

肌荒れやむくみが出にくくなる、

肝臓の負担の大幅軽減につながり

健康的になりますね

 

特に「脂肪肝」にでもなって放置すると

大変なことが起こりかねません。

 

 

・ スリムになる

 

上記とつながりますが、

お酒を飲むとどうしても

食べすぎてしまいます。

 

お酒を減らすもしくはやめることにより、

おつまみを食べることも減り、

結果的に今よりスリムに

なりやすくなりま

 

スポンサーリンク

 

 

2.満足感の違いを利用する

 

例えば喉が渇いて水を飲むとして、

その量を100mlとしましょう。

 

その100mlを普通サイズに半分入れて

飲むのと、小さいグラスにいっぱい入れて

飲むのとでは満足感が違います。

 

飲む量は同じでも満足感は

小さなグラスで飲んだ方が

満足感が高くなります

 

これを利用して、例えばビールだったら

500mlの缶を350mlの缶に

変えてみましよう。

 

これで150ml減ることになりますが、

満足感はそれほど変わらない

ということになります。

 

 

私の場合は500ml缶を

毎日2本飲んでいました。

 

そのうちの1缶を350mlに代えたら

150ml減ることになります。

 

ある程度これに慣れてきたら

もう1缶を350mlに代えます。

 

更に150ml減ることになって

合計300mlの節酒になりました。

 

しかし、満足感は

あまり変わりませんでした。

 

満足感には個人差があるかもしれませんが、

試してみる価値はあると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.少しずつ減らす

 

いきなりお酒をやめることができれば

いいですが、なかなか難しいですよね。

 

上記に繋がっていきますが、私は

「少しずつ減らす」ことで

「節酒」に成功しました

 

500mlの缶を

350mlの缶に変えてみたり、

焼酎やウイスキーならグラスを

小さくしました。

 

そうして少しずつお酒を減らしていき

「節酒」に成功しました。

 

今では週二回の「休肝日」を設けており、

健康診断でも異常なしです。

 

私は今のところ、これ以上お酒を減らす

つもりはありません。

 

もしお酒をやめるなら

「休肝日」を週に1回ずつ増やすなどすれば

「節酒」から「禁酒」に繋がる

かもしれません。

 

 

1月16日は何の日?まとめ

 

1月16日は「禁酒の日」。

 

ということで、

お酒を私が行った飲酒量の減らし方

について取り上げてきました。

 

私は人間が持つ心理や少しずつ減らすことで

節酒に成功しました。

 

 

ただ、お酒を飲むことでストレス発散にも

なり得ます。

 

ですので今のところは

お酒をやめるつもりもないし、

他人にやめろとは言いません。

 

しかし、飲酒量を減らした方がいい

という人は多いですね、

 

そういう人はいきなり「禁酒」せず、

「節酒」から始めたらいいと思います。

 

スポンサーリンク