2月8日は何の日?今日は「和ちょこの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

始めて聞いたときは

そんなのが美味しいのと思いましたが

現在では美味しくてやみつきになっている

ものの記念日もあります。

 

 

今回はそういう記念日です。

 

「洋」のものに「和」の良さ加えた

とても美味しいものですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで2月8日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月8日は何の日かというと

和ちょこの日」。

 

「和ちょこ」とは「抹茶チョコレート」

のように、和と洋が合わさってできた

チョコレートのことです。

 

あまり「和ちょこ」って

聞いたことがありませんよね。

 

私だけかもしれませんが。

 

私が子供の頃はありませんでしたが、

今では「抹茶スイーツ」が

たくさん登場してきました。

 

そんな「抹茶スイーツ」について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「和ちょこの日」が制定された経緯と

私が好きな抹茶スイーツについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「和ちょこの日」が制定された経緯

 

「和ちょこの日」を制定したのは

株式会社宇治園さん。

 

宇治園さんと言えば1869年(明治2年)

にお茶屋さんとして創業された

老舗中の老舗ですね。

 

現在では抹茶を使った様々な商品を

開発していますね。

 

そのうちの一つである抹茶チョコレート等の

「和ちょこ」の美味しさをより多くの人に

知ってもらいたい。

 

さらに和と洋を融合させたお菓子等を

世界に発信したいとの思いから

制定された「和ちょこの日」。

 

1681年(延宝9年)

2月8日

日本茶の産みの親である

「永谷宗円」さんの誕生日。

 

これにちなんで2月8日が

「和ちょこの日」に選ばれました。

 

永谷宗円さんが生まれてから

338年。

 

そんな永谷宗円さんも「和ちょこ」等の

抹茶スイーツが人気を集めるなんて

想像していなかったのではないでしょうか。

 

抹茶には美肌効果、ダイエット効果、

アンチエイジング効果、デトックス効果等

女性に嬉しい様々な効果が期待できます。

 

また、今回の場合和ちょこということですが

チョコレートは記事

【2月1日は何の日?豆知識】「ガーナチョコレートの日」チョコの効能

にあるように抗酸化作用や高血圧予防、

美肌効果、虫歯予防等が期待できます。

 

チョコレートはもちろん、特に抹茶には

すごい効果がいっぱいあります。

 

そんな中、現在では無数の抹茶スイーツが

出回っており、

私も美味しくいただいています。

 

改めて今まで食べてきた抹茶スイーツ

について考えてみました。

 

そこで、私が好きな抹茶スイーツ

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②好きな抹茶スイーツ

 

私の記憶もはっきりしていませんが、

抹茶スイーツが出るようになったのは

大人になってからだったと思います。

 

おそらく抹茶アイスが抹茶スイーツの

出会いだったと思います。

 

最初は

「まっちゃ〜?なんでそんなもん

作ったのだろう、それって美味しいの?」

と思った記憶があります。

 

しかし、いざ食べてみると

これがまた美味しい。

 

想像していなかった美味しさでしたね。

 

そんな中で

私が食べたことのある抹茶スイーツで

美味しかったものベスト3について

考えてみました。

 

あくまでも

私が食べたことがあるもの

ですのでご了承ください。

 

 

1位.いちご抹茶大福

 

残念ながら和と洋が融合していませんが、

私は大福が大好きです。

 

当然いちご大福も大好きです。

 

私がいちご大福を好きになったきっかけは

私の地元の店で美味しいと評判だった

いちご大福を食べたこと。

 

季節限定で売り出されており、

これがとても美味しかったことから

現在ではつい買いこんでしまいます。

 

 

これに抹茶が加わったスイーツである

いちご抹茶大福。

 

大福の柔らかさから

抹茶のあんをぬけると

シャキッとした甘いいちごが

待ちうけています

 

このなんとも言えない絶妙なバランスが

良くて、これまた美味しい。。

 

いちご大福と同様にいちご抹茶大福も

値が張りますがその分美味しいですね。

 

ただ、大福ゆえに

賞味期限が短いのが難点ですが。

 

 

2位.チロルチョコ抹茶もちチョコ

 

子供の頃はチロルチョコを

よく食べていましたね。

 

ただのチロルチョコも好きでしたが

チョコの中に練乳みたいなものが

入ったチロルチョコが大好きでしたね。

 

また、「1個10円」という安さも

手ごろでつい買ってしまいましたね。

 

そんな中、

チロルチョコ抹茶もちチョコ

が発売されました。

 

このチロルチョコも

チョコレートと抹茶が織りなすハーモニー

がたまらないですね。

 

中に餅みたいなグミが入っているのも

プラス要因ですね。

 

大福もそうですが、

私は餅を使ったスイーツを好む傾向

にあります。

 

スポンサーリンク

 

 

3.キットカット ミニ濃い抹茶

 

と言いつつ今回は

餅が入ったスイーツではありません(笑)。

 

ところで、私はいつも思っていたのですが、

キットカットって美味しくないですか?

 

初めてキットカットを食べた時は

美味しすぎてかなりハマってしまいました。

(大袈裟?)

 

味もさることながら、何と言ってもあの

チョコの力強さと

サクサクとした絶妙な食感

がたまらないですね。

 

キットカットの抹茶バージョンは、

抹茶の味が加わって

大人の味を感じさせてくれます。

 

大福と違って

手軽に食べやすいというのも

キットカットの良さですね。

 

 

2月8日は何の日?まとめ

 

2月8日は「和ちょこの日」。

 

ということで、私が好きな抹茶スイーツ

について取り上げてきました。

 

抹茶の「和」とチョコレートの「洋」の

それぞれの良さを併せ持つ抹茶スイーツは

今やスイーツ業界を席巻しています。

 

今回は私が食べたことのある抹茶スイーツを

取り上げていきましたが、

まだまだ食べたことのない、

美味しい抹茶スイーツが

たくさんあるはずです。

 

「和ちょこの日」をきっかけに、

いろんな抹茶スイーツを

楽しみたいと思います。

 

スポンサーリンク