【2月5日は何の日】豆知識~今日は「ふたごの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

2月5日は何の日かというと

ふたごの日」。

 

スポンサーリンク




 

「ふたご」とは「双子」のこと。

 

私は双子ではありませんが

友人や知人で何組かの双子がいます。

 

有名人の中にも双子がいて

二人とも有名だという人たちもいます。

 

周りを見渡すと

意外と双子が多いという事がわかります。

 

有名どころでいうと

 

きんさんぎんさん

三倉茉奈・佳奈(マナカナ)さん

おすぎ・ピーコさん

蛯原友里・英里さん

荻原健司・次晴さん

 

あたりでしょうか。

(きんさんぎんさんは一般の人ですが)

 

そんな有名な双子について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「ふたごの日」が制定された経緯と、

双子の有名人5組について

私が勝手にピックアップしていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「ふたごの日」が制定された経緯

 

経緯を触れる前に

双子の日

というものもあります。

 

詳細は触れませんが、かなり昔に

「双子の場合は、

先に産まれた方を

兄・姉とする」

という太政官指令が出されました。

 

この指令が出された12月13日にちなんで

この日が「双子の日」に選ばれました。

 

こちらは漢字で「双子の日」ですね。

 

 

今回取り上げるのは

平仮名の「ふたごの日」。

 

「ふたごの日」を制定したのは

「bel-ami(ベラミ)」

さん。

 

べラミさんは双子育児用品の専門店。

 

双子以上の多胎児を育児する環境を

どう整えていくかを考えてもらいたい

との思いで制定された「ふたごの日」。

 

「2(ふた)5(ご)」の語呂合わせにより

2月5日が「ふたごの日」に選ばれました。

 

あまり気づいていないかもしれませんが

双子って意外と多いものです。

 

双子以上の多胎児をどう育てていくかを

考えるのは重要なことだと思いますが

その環境が整っているかは疑問です。

 

目標の達成にはまだ

道半ばといったところでしょうか。

 

 

さて、あなたは多胎児を育児する環境

について考えたことはありますか?

 

私も含め、多胎児及びその家族以外は

あまり意識したことがないのでは

ないでしょうか。

 

双子の苦労や双子を育てる苦労は

体験したことがないのでわかりませんが、

双子を育てやすい環境を整えるというのも

大事なことではないでしょうか。

 

あなたの周りを見渡してみてください。

世の中には意外と双子が多いということが

わかります。

 

私の周りにも何組かの双子が

存在しています。

 

そんな中で有名人の中にも

双子に方々が多数存在しています。

 

彼らも人知れず

苦労をしてきたのかもしれません。

 

そんな中双子の有名人について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、私が考える

双子の有名人5組について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②双子の有名人5組

 

 

1組目:きんさんぎんさん

(成田きんさん、蟹江ぎんさん)

 

「きんは100歳100歳、

ぎんも100歳100歳」

というコマーシャルで有名になった

「きんさんぎんさん」。

 

双子といえば真っ先に

この人達を思い浮かべました。

 

1992年頃にご長寿の双子

ということで有名人になりました。

 

ただ、今の若者は知らない

と言っていました。

 

私の世代では知らない人はいないぐらい

有名になったんですけどね。

 

お二人はタレント等ではなく

一般の方ですが。

 

今より30年近く前のことであり

今よりも長寿の方々が少ない時代でした。

 

そんな中にあって、このお二人は

ともに100歳を超えたご長寿です。

 

驚異的な健康を持った双子といって

よろしいのではないでしょうか。

 

私も他の「双子といえば」という

ホームページを拝見しましたが、

なぜか「きんさんぎんさん」は

出てこなかったですね。

 

きんさんぎんさんが

一般の方だからでしょうか。

 

ちなみに、姉の「きん」さんは107歳で、

妹の「ぎん」さんは108歳で

永眠されました。

 

お二人は明治、大正、昭和、平成と

4つの年号を渡り歩いた

ということになります。

 

また、「ぎん」さんが永眠されたのは

2001年のこと。

 

つまり、ぎんさんは

3世紀を生きてきた人

ということになりますね。

 

現在でも107歳までご存命の方は

少ないのに双子でここまでご存命だったのは

今考えても凄い人達でしたね。

 

そして娘さんも90代になっています。

長生きの家系なのでしょうか。

 

それとも長生きする秘訣が

代々受け継がれているのでしょうか?

 

 

2組目:三倉茉奈・佳奈(マナカナ)さん

 

芸能人の双子ではこの

マナカナ

さんが最初に思い浮かびましたね。

 

テレビで茉奈さん(加奈さんだったかな)が

佳奈の方がモテるんですよ

(茉奈さんの方だったかな)

と言っていました。

 

佳奈(茉奈さんの方だったかな)が

「モテへんわ!」と

ツッコミを入れていました。

 

微妙に顔も性格等も違うだろうけど

身近な人達には

「違いがわかる」のでしょうから、

どちらかがモテるとか

あるのでしょうか・・・。

 

ちなみに妹の佳奈さんは結婚していて

子供もいるそうです。

 

その中に茉奈さんが入り浸っている

のだとか・・・。

 

茉奈さんは何も言っていないようですが、

たまには佳奈さんのことが邪魔だと思う時が

あるような気がしますね。

 

 

3組目:おすぎ・ピーコさん

 

「おすぎとピーコ」としても

活動されているし、

お一人ずつでも活躍している

「おすぎ」さんと「ピーコ」さん。

 

お兄さんのピーコさんは映画評論家や

シャンソン歌手など

色んな活動をしています。

 

また、

ファッションチェックでの

辛口評価

も他人事だからこそ面白い

ですね。

 

言われた本人はショックでしょうが。

 

もし私がチェックされたら間違いなく

辛口評価されるでしょうね(笑)。

(だったら直せよと言われそう)

 

 

弟の「おすぎ」さんは映画評論家であり、

ピーコさんとともに「オネエキャラ」で

有名になりましたね。

 

今ではオネエキャラも引致されましたが、

お二人が出た頃はまだオネエキャラは

少なかったはず、

 

この二人はオネエキャラの先駆けとも

いえるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

4組目:蛯原友里・英里さん

 

「えびちゃん」こと姉の蛯原友里さんと

妹の英里さん。

 

友里さんはファッションモデルとして

活躍されていますね。

 

 

一方で英里さんは一般の方ですが、

なんかの番組で共演されてた

ような気がします。

 

ただ、英里さんは最近コマーシャルに

出ていますよね。

 

お二人ともテレビで活躍している様子。

 

こんな美人の双子が生まれてきて、

世の野獣どもが黙っている

はずがありません。

 

ご両親もさぞご苦労?を

なさったことでしょう。

(それとも鼻高々かな?)

 

 

5組目:荻原健司・次晴さん

 

双子でオリンピックに出場した

荻原健司さんと次晴さん

 

健司さんはノルディック複合団体での

金メダリストですね。

 

しかもオリンピックで二連覇とは

凄いことですね。

 

ただ、その度に弟の次晴さんが

健司さんと間違われるという

憂き目にあったそうです。

 

こういう苦労は双子じゃないとわからない

んでしょうね。

 

そんな次晴さんも長野オリンピックに

出場することになり、

双子での出場となりました。

 

オリンピックに出場するだけでも凄いのに、

双子で出場するということは

驚異的といえるのではないでしょうか。

 

 

2月5日は何の日?まとめ

 

2月5日は「ふたごの日」。

 

ということで、

私が考える双子の有名人5組について

取り上げてきました。

 

双子で有名になるのは凄いと思いますが、

比較されるなど嫌なこともあろうかと

思います。

 

周りの人たちも彼らの気持ちを考えずに

つい比較したりしてしまいます。

 

やはり双子でないと、またその家族でないと

彼らの気持ちがわからないんでしょうね。

 

「ふたごの日」をきっかけに、

双子が過ごしやすい環境作りや、

双子の気持ちを考える機会に

していただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク