【2月28日は何の日】豆知識~「ビスケットの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

2月28日は何の日かというと

ビスケットの日

 

スポンサーリンク




 

あなたは普段からビスケットを食べますか?

 

私も含めて食べている人は

多いはず。

 

しかし「ビスケットって何?」

と聞かれたら明確に答えられる人は

少ないと思います。

 

一口に「ビスケット」といっても

様々な種類がありますから。

 

ビスケットは正式には「ビスケット類」で

主原料の小麦粉を練って

焼いたもの

 

ハードビスケット

ソフトビスケット

クラッカー

乾パン

パイ

プレッツェル

加工品

 

等があります。

 

 

また、「クッキーとビスケットの違いは?}

と聞かれても答えられる人は

少ないのではないでしょうか。

 

クッキーはビスケット類の一部。

 

 

そんなビスケットについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「ビスケットの日」が

制定された経緯と、

ビスケットの種類について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「ビスケットの日」が制定された経緯

 

「ビスケットの日」を制定したのは

一般社団法人

全国ビスケット協会

 

これまた美味しそうな名前の協会ですね。

 

江戸時代末期、「鎖国」で外国とのつながり

を断っていましたが、長崎は唯一オランダと

繋がっていました。

 

ビスケットはそのオランダ人向けに

作られていました。

 

水戸藩の蘭医

が長崎にいたときに

ビスケットの保存力に着目し、

オランダ人からビスケットの作り方を

教わりました。

 

この教わったことを水戸藩宛に

手紙にしたためて送った日が

1855年(安政2年)

2月28日

 

江戸時代の鎖国が廃止されて

間もない頃ですね。

 

水戸藩の蘭医がビスケットの作り方を

教わったことがきっかけで

日本でビスケットが普及しました。

 

そして手紙を送った日にちなんで

全国ビスケット協会が

1981年(昭和56年)に2月28日を

「ビスケットの日」として制定しました。

 

 

ちなみに「ビスケット」の語源はラテン語で

「2回焼かれたもの」

という意味から来ています。

 

 

さて、そんなビスケットですが、

その後無数のビスケットが

製造されています。

 

様々なビスケットが我々の舌を

楽しませてくれていますが、

そもそも「ビスケット」って

いったい何でしょうか。

 

答えられそうで答えられないと思います。

 

そこで「ビスケットの種類」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②ビスケットの種類

 

結論から言いますと、ビスケットは

「ビスケット類」のうちの一つ。

 

主原料の小麦粉を練って焼く

という共通点があるビスケット類ですが、

その他に含まれる原料の組み合わせによって

様々なものに分かれます。

 

当然ながら味や食べ応えも変わります。

 

 

豆知識②-1.ハードビスケット

 

 

中力小麦粉に多めの水分を混ぜて

丹念に練って作った生地を

薄く焼いたものがハードビスケット。

 

作る際にガス抜き穴でガスを抜いて作るため

パリッとしたしっかりした歯ごたえ

になります。

 

パリッとした歯ごたえが

ハードビスケットの特徴であり、

私も「パリッ!」と音を立てて

食べています。(行儀が悪い)

 

 

豆知識②-2.ソフトビスケット(クッキー)

 

 

薄力粉に多めの砂糖と脂肪、少なめの水を

混ぜて作った記事をサッと焼いたものが

ソフトビスケット(クッキー)。

 

独立行政法人農畜産業振興機構の

ホームページに

ビスケットのおはなし

があります。

 

農畜産業振興機構によると

クッキーは

ビスケット類の一部

 

ビスケット類のうち

見た目が手作り風で糖分、脂肪分の

合計が重量百分比で40%以上のものを

クッキーと表示してよいとされています。

 

これは消費者団体の

クッキーは高級なもの

という意識からきています。

 

材料の割合で硬さは変わりますが、

一般的に口あたりがさっくりとしています。

 

確かにハードビスケットより

柔らかいですよね。

 

ビスケット類の中でもクッキーぐらいの硬さが

ちょうど良いという人もいるでしょうね。

 

 

豆知識②-3.クラッカー

 

 

イーストを発酵させて作った生地を

短時間で高温で焼き上げたものが

クラッカー。

 

軽い口あたりでスナック感覚で

食べることができます。

 

スナック感覚で堪わすぎてしまわないように

注意したいところですね。

(私だけ?)

 

 

豆知識②-4.乾パン

 

 

発酵を繰り返した生地は

膨らんでいきます。

 

発酵を繰り返した生地を

焼き上げて作ったものが

乾パン。

 

あなたもご存知だとは思いますが、

乾パンは保存食・非常食として

使われています。

 

我が家でも乾パンは

保存食・非常食として重宝しています。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②-5.パイ

 

 

小麦粉で作った生地と油脂を交互に入れて

何重にもしたうえで伸ばして焼いたものが

パイ。

 

パフとも言いますね。

 

サクッとした柔らかい口あたりのものが

何重にも重なっておいしいですね。

 

このサクサク感が好きな人は

私だけではないはず。

 

また、パイの中にチョコレートが入っていたら

最高ですね、私にとって。

 

 

豆知識②-6.プレッツェル

 

 

強力粉を主原料とした生地を

棒状にして表面を糊化して焼いたものが

プレッツェル。

 

写真では形作られていますが、

無理に形作らずに棒状にすれば

十分ですね。

 

 

豆知識②-7.加工品

 

 

上記のビスケット類に

チョコレートやクリーム等をサンドしたもの

や表面に塗ったものが加工品。

 

無数に組み合わせることができるので

私たちの舌を飽きさせることなく

楽しませてくれますね。

 

そして無限の可能性を感じさせてくれます。

 

私は上記のイラストのようなものであれば

ビスケット部分を1枚取り除いたものを

2枚重ねて食べるのが好きです。

 

これだとビスケット部分だけのものが

2枚できる一方で

クリーム部分が2倍のものが

1枚出来上がります。

 

このように食べるのが好きですね。

(行儀が悪い!)

 

さすがに人前ではやりませんが、

総じて「行儀が悪い食べ方」で

お菓子を食べるのが好きですね。

 

 

2月28日は何の日?まとめ

 

2月28日は「ビスケットの日」。

 

今回はビスケットの種類について

取り上げてきました。

 

クッキーはビスケット類の一部。

 

普段私たちは一口に「ビスケット」と

呼んでいますが、実は細分化されている

ということがわかります。

 

どれも美味しくて、

私の舌と気持ちを満たしてくれています。

 

私は「ビスケット類」を見て思ったのが、

これらはどれも好きですし、

満遍なく食べていますね。

 

今日はどんな「ビスケット類」

を食べようかな?

 

スポンサーリンク