2月26日は何の日?「フロリダグレープフルーツの日

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

食べたことはあると思いますが

存在自体は知らなかったものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク



 

今回はそういう記念日です。

 

フルーツはよく食べますが、

原産地までは気にしないで

食べていました。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで2月26日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月26日は何の日かというと

フロリダグレープフルーツの日」。

 

あなたはグレープフルーツは

食べますか?

 

私は自分から進んでは食べないのですが、

出されたら普通に食べる程度ですね。

 

そんなグレープフルーツに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「フロリダグレープフルーツの日」

が制定された経緯と、

グレープフルーツの栄養と効能について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「フロリダグレープフルーツの日」が制定された経緯

 

「フロリダグレープフルーツの日」を

制定したのはアメリカの

フロリダ州政府柑橘局」。

 

私は知らなかったのですが、

「世界で一番おいしい

グレープフルーツ」

と言われている

フロリダグレープフルーツ

 

フロリダグレープフルーツのことを

日本でより多くの人に知ってもらい、

販売の拡大につなげたいとの思いから

制定された

「フロリダグレープフルーツの日」。

 

2月はフロリダグレープフルーツの旬

であること、また「26(フロ)リダ」

の語呂合わせと合わせにより2月26日が

「フロリダグレープフルーツの日」

に選ばれました。

 

 

さて、あなたはグレープフルーツを

食べるとき「○○産だ」と

意識して食べていますか?

 

意識している人もいるでしょうが、

残念ながら私は意識したことがありません。

 

もしかしたら知らず知らずのうちに

フロリダグレープフルーツを

食べているのかもしれません。

 

ただ、私もこの記事を書くことにより

フロリダグレープフルーツの存在を

知ることができました。

 

そしてグレープフルーツを食べたら

どんな効果が表れるのか気になりました。

 

そこで、

グレープフルーツの栄養と効能について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②グレープフルーツの栄養と効能

 

 

豆知識②-1.ビタミンC

 

グレープフルーツ

といえばビタミンC

というぐらいビタミンCが豊富に

含まれています。

 

ビタミンCは

抗酸化作用

によって、

諸悪の根源である「活性酸素」の発生を

抑える効果が期待できます。

 

また、外の皮の香りがリラックス効果を

生むことで

抗ストレス作用

が期待できます。

 

また、ビタミンCは

コラーゲンを生成するのに欠かせない成分。

 

また、抗酸化作用により

シミやソバカスを予防し

美肌効果が期待できます。

 

これは男性にはもちろん特に

女性には嬉しい効果ですね。

 

 

豆知識②-2.イノシトール

 

グレープフルーツには「イノシトール」という

成分が含まれています。

 

あまり聞きなれない成分ですが、

イノシトールは

抗脂肪肝ビタミン

 

この名前を聞いた方がイメージをしやすい

のではないでしょうか。

 

脂肪肝を放置しておくと

缶絹低下がみられ、

肝硬変や肝がんなどを引き起こす

怖い状態。

 

脂肪肝を予防することで

肝臓を正常に働かせる効果が期待できます。

 

 

豆知識②-3.食物繊維

 

グレープフルーツには

水溶性食物繊維である

ペクチン

が含まれています。

 

ペクチン

体にコレステロールが

吸収されるのを抑制し、

コレステロール値の上昇を

抑える効果

が期待できます。

 

これにより高血圧や動脈硬化等を

予防する効果が期待できます。

 

また、食物繊維ですので

整腸作用による便秘の予防・改善効果が

期待できます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-4.ヌートカトン・ナリンギン

 

グレープフルーツには柑橘系の香りがしますが、

これは「ヌートカトン」が

含まれているためです、

 

ヌートカトンは

細胞内に溜められている

中性脂肪を減らす効果や、

中性脂肪を合成する酵素の働き

抑える効果

が期待できます。

 

 

また、グレープフルーツには

ナリンギンという

成分も含まれています。

 

これまた聞きなれない成分ですね。

 

これはポリフェノールの一種で苦味成分です。

 

ナリンギンによ

血行の促進や

甲冑の脂肪酸の分解、

脂肪を分解する酵素の

泌促進効果

が期待できます。

 

この2つの成分が含まれていることに加えて、

グレープフルーツはカロリーや

糖質が少ないため、ダイエットをサポート

してくれるものだと期待されています。

 

「果物は糖質が多い」と

(勝手に)イメージしていましたので

低糖質なのはありがたいですね。

 

 

2月26日は何の日?まとめ

 

2月26日は

「フロリダグレープフルーツの日」。

 

ということで、

グレープフルーツの栄養と効能について

取り上げてきました。

 

 

今回の記事で「フロリダグレープフルーツ」

の存在を知ることができ、

更にグレープフルーツには

様々な効能があることがわかりました。

 

抗酸化作用や脂肪肝の防止に加えて

ダイエット効果があるということで

ぜひ食べておきたい果物ですね。

 

「フロリダグレープフルーツの日」

をきっかけに、

フロリダグレープフルーツに関心を持ちつつ

グレープフルーツで

健康になっていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク