2月20日は「アレルギーの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私は幸いながら持ってはいませんが、

持っている人は本当に気の毒だなと

思うものの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

防ぎようがないものなのでしょうが、

なるべく症状が出ないほうがいいですよね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで2月20日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月20日は何の日かというと

アレルギーの日」。

スポンサーリンク

 

聞いただけで嫌な日ですよね。

 

世の中にはいろいろなアレルギーがあり、

世間を困らせています。

 

そこで「アレルギーの日」が制定された経緯

について取り上げていきます。

 

 

「アレルギーの日」が制定された経緯

 

「アレルギーの日」を制定したのは

公益財団法人日本アレルギー協会」。

 

この日本アレルギー協会は

1967年(昭和42年)に

厚生省(現厚生労働省)所管の法人として

設立された団体で、様々なアレルギーの研究

や啓発活動などを行っている団体です。

 

アレルギーを持っている人は

「頑張ってアレルギーの特効薬を作ってよ」

と思っていることでしょう。

 

協会が設立される前の年である

1966年2月20日に、免疫学者である

石坂夫婦が花粉症を引き起こす原因が

「免疫グロブリンE(lgE)」

であることを発見したと発表した日。

 

これにちなんで1995年(平成7年)に

「アレルギーの日」を制定しました。

 

 

アレルギーは様々ありますが、

やはり花粉症から来ているんですね。

 

花粉症の人って多いですもんね。

 

私はまだ大丈夫ですが、周りを見ると

花粉症の人が増えていますね。

 

特効薬でもあればいいのですが、

これと言ったものがないのが

現状です。

 

そこで、少しでも症状を和らげるべく

花粉症の対策法について

取り上げていきます。

 

 

花粉症の対策法

 

一番いいのは病院に行って診察してもらい

薬をもらったり対策法を教えてもらうのが

一番いいですが、自分でできる対処法も

ありますね。

 

既に花粉症にかかっている人は

ご存知だとは思いますが、

最近かかってしまった人、

花粉症を予防したい人も含めて

再確認していただけると幸いです。

スポンサーリンク

 

1.花粉情報をチェックする

 

まずはテレビやインターネットなどで

花粉が飛散しやすいかどうかを

チェックしてください。

 

時期によっては毎日のように

飛散しているという場合がありますが。

 

花粉の飛散が多い場合は

 

・ 戸や窓はなるべく閉めておく。

 

・ 換気をする場合は窓の開け方、

  屋時間を最小限にする。

 

・ なるべく外出を避ける、

  外出するときはマスクや

  花粉対策メガネで対策をする。。

 

・ 洗濯物や布団などの外干しは避ける。

 

これらを行ってなるべく家の中に

花粉が入らないようにしてください

 

 

 

2.帰宅時の対策をする

 

仕事をしている場合は

外出を避けるのは無理でしょう。

 

少しでも花粉を家の中に入れないために、

 

・ 花粉が付着しやすい素材の福は避ける。

  ウール素材等花粉が落としにくい素材

  の服は避ける、

 

・ 家に入る前に服や髪の毛を

  よく払って花粉を落とす。

 

・ 手洗いやうがいをする。

 

・ 鼻をかんで花粉を出す。

 

これらを行って体に付着した花粉を

落とすようにしてください

 

 

3.家の中を掃除する

 

 

家の中を掃除することも有効です。

 

水拭きしてから掃除機をかけたほうが

花粉やほこりが宙に舞いにくいので

有効です。

 

特に家の入口や窓際は

丹念に掃除したほうがいいでしょう。

 

また、空気洗浄機(いいやつ)を

設置することでも少しは違います。

 

 

 

まとめ

 

2月20日は「アレルギーの日」。

 

今回は制定のきっかけになる

「花粉症対策」について

取り上げてきました。

 

上記で取り上げた花粉症対策は

他のアレルギー対策にもつながります。

 

ただ、花粉症がひどい人は

何をやってもアレルギー反応が出て

とてもかわいそうです。

 

「日本アレルギー協会」の方には

いや、他の医療関係者の方々は

花粉症の人を助けてあげてください。

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村