2月18日は「ホタテの

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私はこれも大好きですが、

普段はあまり食べる機会がないものの

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

私は貝類も好きなので

これももちろん好きですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで2月18日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで2月18日は何の日かというと

ホタテの日」。

 

皆さんはホタテは好きですか?

 

私は好きなのですが、

普段はなかなか食べないんですよね。

 

「食べようと思ったらいつでも食べられる」

ということが、かえってその食べ物から

遠ざかることにもつながります。

 

そこで、「ホタテの日」が制定された経緯と

ホタテの効能について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

「ホタテの日」が制定された経緯

 

「ホタテの日」を整地したのは

青森県漁業協同組合連合会」と

むつ湾漁業振興会」。

 

北海道ではホタテの水揚げ量第1位ですが、

青森県でもホタテの水揚げが盛んですね。

 

青森県では「青森ホタテ」が沿岸漁業の

最重要魚種ですが、その青森ホタテを

より多くの人に知ってもらい、

消費拡大につなげていくことを

目的として制定されました。

 

 

私が無知なのかもしれませんが、

「青森ホタテってあるんだ」と

思ってしまいました。

 

私の場合は北海道民なので

しょうがないのかもしれませんが。

 

ホタテの「ホ」の字を分解すると

「十八」になることから

毎月18日」がホタテの日と

制定されました。

 

その中でも「6月18日」は

「むつ(六)」にかかっていることと

ホタテの旬ということでメインの

ホタテの日と位置付けられています。

 

6月18日はまだ先ですが、

毎月18日が「ホタテの日」ということで

「毎月18日はホタテを食べる日にしよう」

と思いました。

 

ということで毎月18日は

ホタテを食べることにしましたが、

ホタテはどのようにして食べたら

美味しいのかを検証していきます。

スポンサーリンク

 

ホタテの食べ方

 

1.バターしょうゆ

 

私は外で焼肉をするのが大好きです。

今の時期では無理ですけどね。

 

焼肉では肉や魚はもちろん、魚介類も

焼かれますよね。

 

そこでホタテのしょうゆバター焼きが

作られるというわけです。

 

ホタテだけではないのでしょうが、

バターで焼いているときのにおいを嗅ぐと

 

ああ、美味そうなにおいだな

 

って思いますね。

 

今の時期では殻付きでフライパンの上で

焼くという方法がありますね。

 

フライパンで焼くと炭火の香ばしさは

ありませんが、旨味が逃げないという

メリットもあります

 

その中にガーリックを投入するのも

いいですね。

 

こんなことを書いているうちに

食べたくなってきました(笑)。

 

 

 

2.刺身

 

焼肉で食べるときは殻付きで買いますが、

刺身で食べるときはむき身で買いますね。

 

だって殻から身を取り出して

食べられない部分を取り出すのって

面倒じゃないですか(笑)。

 

普通にわさび醤油で食べるのですが、

普通に美味しいですよね。

 

多めに買っておいて、半分を

ガーリックバターしょうゆ焼きで食べる

というのもいいですね。

 

1度で2種類を楽しめて一石二鳥の気も

しますが、食べ過ぎてしまう恐れが

ありますので気を付けたいものですね。

 

 

3.干物

 

貝柱やひもが干物で売っていますよね。

 

特に貝柱は値段が張るので

なかなか手が出ませんが、

そのまんま食べられるというメリットが

あります。

 

「今日はパパっと済ませたいな」

「洗い物はできるだけ減らしたいな」

と思う日がありますが、こういう日は

干物が手っ取り早いのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

毎月18日は「ホタテの日」。

 

というわけで

「毎月18日はホタテを食べよう」

と決めました(笑)。

 

ということでホタテの食べ方について

検証してみました。

 

料理が得意の人だったらいろんな方法が

思い浮かぶと思いますが、

私が思いつくのはこれぐらいです(笑)。

 

皆さんだったらどんな食べ方をしますか?

スポンサーリンク

 

 


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村