【2月13日は何の日】豆知識~今日は「苗字制定記念日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

2月13日は何の日かというと

苗字制定記念日」。

 

スポンサーリンク




 

今まで40年以上生きてきて、

様々な名字の人と出会ってきました。

 

ありふれた名字や珍しい名字など

本当にいろんな名字があるなと

感じています。

 

あなたも同じではないでしょうか。

 

今でも「聞いたことがない」という名字の人

を見かけることもあり、

「苗字って何種類あるんだ?」

と思ってしまいます。

 

一方で「よくある名字」という人も

存在しています。

 

そんな名字について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「苗字制定記念日」が

制定された由来と、

私が出会ってきた中で多かった名字

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「苗字制定記念日」が制定された由来

 

「苗字制定記念日」が制定された由来は

1875年(明治8年

2月13日

のこと。

 

明治政府によって太政官布告

平民苗字必称「義務」令

が出された日。

 

平民苗字必称義務令によって全国民に対し

名字(姓)を名乗るように

義務

されました。

 

今では当たり前に名字がありますが、

江戸時代には貴族と武士にだけ

名字が使われていました。

 

しかし1870年(明治3年)9月19日に

平民苗字必称義務令に先駆けて

平民苗字「許可」令

が出されました。

 

平民苗字許可令により

全国民に名字を名乗ることが

許可

されていました。

 

しかし、国民が

明治政府から納税を迫られる

のではないかと警戒し、名字を名乗ることに

抵抗感を示していました。

 

明治時代は現在の国民の三大義務である

納税の義務

がありませんから、納税しなくて済むのなら

したくないですよね。

 

納税を嫌がる国民の気持ちを察した明治政府

が1875年に名字を名乗ることを義務化した

という流れになりました。

 

当時の明治政府が強権政府であったことが

ここにも表れています。

 

平民苗字必称義務令が公布されて以来、

あらゆる名字が誕生しました。

 

というより国民も名字自体を

持っていましたが、

名乗ることを拒んでいたようですね。

 

 

平民苗字必称義務令が公布された後、

いろんな名字が生まれ

私もいろんな名字を見てきました。

 

珍しい名字からありふれた名字まで

本当に色んな名字の人に出会ってきました。

 

その中で私が出会ってきた中で

多かった名字について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

私が出会った多かった名字

 

まず、日本で一番多い名字は「佐藤」さんで

鈴木、高橋、田中さんと続いていきます。

 

私が学生の頃は「鈴木」さんが一番多かった

ような気がしますが記憶違いでしょうか?

 

これから取り上げる「多かった名字」は

あくまでも

私が出会ってきた中で

多かった名字

であり、しかも統計を取ったわけでなく、

あくまでも「多かったという印象」

ですのでご了承ください。

 

また、その名字に人の性格(ほぼ)

についても取り上げていきます。

(そんなのがあるのかと言われそう)

 

 

1位 高橋

 

全国的には3位ということですが、

私の印象に中では「高橋」さんが

一番多いですね。

 

「高橋」なんてクラスに二人いたり

しますよね。

 

その中で、私が知る高橋さんに

ほぼ共通することは、

 

リーダーシップをとれる(キャプテン等)

出世している(私の周りだけ?)

勝負強い(本番には特に強い)

 

などの人が多いという印象です。

 

特に「勝負強い」ということに突出していて

勝負事にはなかなか勝たせては

もらえませんでした。

 

こと「○○をかけて勝負だ!」

なんて言ったら無類の勝負強さを発揮します。

 

あなたの周りの高橋さんはいかがですか?

 

 

2位 佐々木

 

全国的には13位ですが、

そうは思えないほど佐々木さんは

多いですね。

 

佐々木さんもクラスに二人いても

おかしくないぐらい多いですね。

 

ちなみに私の周りでは結婚により

佐々木さんは4人増えて4人減りました。

 

というわけでチョンチョンですね

(何のこっちゃ)。

 

佐々木さんは高橋さんと真逆で

「勝負弱い」人が多かったですね。

 

高橋さんと足して2で割ったら

ちょうどよいのに・・・。

 

また、佐々木さんは幹事をやる人が

多いですね。

 

我々にとっては有難い存在ですね。

 

スポンサーリンク




 

3位 加藤

 

佐藤さんが全国で一番多いのですが、

私の周りでは加藤さんの方が

多かったような気がします。

 

加藤さんは全国的には10位らしいですが、

もっと多い印象です。

 

加藤という人の特徴は

「我が強い」人が多いという印象です。

(そういうのを「わがまま」といいます)

 

良くも悪くも自分の意見を曲げないという人

が多かったような気がします。

(そういうのを「頑固」といいます)

 

私なんかとは正反対ですね。

 

加藤さんを含む「藤」がつく人は「藤原家」

でつながっているためか、

「藤」が付く人はとても多いですよね。

 

佐藤さんや伊藤さんなども多いですが、

その中でも加藤さんが一番多い

というイメージですね。

 

 

これらの名字になると

「同姓同名」が出てくることもありますね。

 

しかもそれが知り合いだったりするので

なんて呼んだらいいのか悩みます。

 

「どっち?」ということもよくあります。

 

あだ名をつけるのが上手い人が

いればいいのですが、

これがなかなか上手くいきませんね。

 

有吉さんみたいな人が

ほしいところですね(笑)。

 

 

2月13日は何の日?まとめ

 

2月13日は「苗字制定記念日」。

 

ということで「苗字制定記念日」が

制定された経緯と、私が出会ってきた中で

多かった名字について取り上げてきました。

 

上記で取り上げた名字はあくまでも

私の印象にすぎませんのでご了承ください。

 

ちなみに、最初は「珍しい名字の人」を

取り上げようと思いましたが、

「本人が特定される」可能性が高くなるので

断念しました。

 

苗字制定の日をきっかけに、この記事のように

多かった名字と、その人がどんな人なのか

を調べてみたら面白いかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク