【2月1日は何の日】豆知識~「ガーナチョコレートの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

2月1日は何の日かというと

ガーナチョコレートの日

 

スポンサーリンク




 

2月に入って一番最初の話題を

「ガーナチョコレート」にしました。

 

今年に入ってから早1ヶ月。

今年も今日を含めて

あと335日です(閏年なので)(笑)。

 

今月の最初の話題は

甘いものからスタートしたい

という私の勝手な思いから

「ガーナチョコレートの日」を

取り上げることにしました。

 

 

さて、チョコは直接食べるのはもちろん、

ケーキやお菓子のトッピング等

活躍の場が広がっています。

 

色んな所で食べるチョコレートですが

血圧の低下・動脈硬化の予防

美肌効果

殺菌作用による虫歯予防

等の効果が期待できます。

 

そんなチョコに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「ガーナチョコレートの日」

が制定された経緯と、

チョコの効能について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク







 

 

豆知識①「ガーナチョコレートの日」が制定された経緯

 

「ガーナチョコレートの日」を制定したのは

株式会社ロッテ

さん。

 

「お口の恋人 ロッテ」のキャッチフレーズ

のもと、「ガーナチョコレート」をはじめ

「雪見だいふく」や「コアラのマーチ」等の

ヒット商品をいくつも出している会社

ですね。

 

私は甘党なので、ロッテさんには

子供のころから

大変お世話になっています(笑)。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

本題に入って、ロッテさんの人気商品である

ガーナチョコレート。

 

ガーナチョコレートをより多くの人に

知ってもらうとともに、より多くの人に

食べてもらいたいとの思いから制定された

「ガーナチョコレートの日」。

 

ガーナチョコレートは日本一の売り上げを

誇っているといわれています。

 

「ガーナチョコレートの日」の目的は

達成されたと言っていいでしょう。

 

ガーナチョコレートのは赤いパッケージが

使われてインパクトもありますね。

 

1964年(昭和39年)

2月1日

にガーナチョコレートが

誕生したことにちなんで

2月1日が「ガーナチョコレートの日」

に選ばれました。

 

 

さて、ロッテさんはこの50年以上の間に

ガーナチョコレートをはじめ

様々なヒット商品をされています。

 

これは私としては

消費者としてはありがたいですね。

 

チョコといえば

もうすぐバレンタインデー。

 

男性諸君。

チョコをもらうためにカッコつけたいのなら

今から(もう手遅れ)カッコつけなきゃ

ダメですよ。

 

当日だけカッコつけても

女子はもうあげる人を決めていますからね!

 

 

話はずれてしまいましたが、

チョコはお菓子の定番の一つ。

 

私はお菓子全般好きですが、

チョコレート菓子は特に好きですね。

 

というわけで

頻繁に食べているチョコレート。

 

実際にどんな効能があるのか

気になるところです。

 

そこで、チョコの効能

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②チョコの効能

 

チョコレートにはいろんな成分が

含まれていますが、その中で特筆すべき点は

カカオポリフェノール

が豊富に含まれていること。

 

ポリフェノールは

抗酸化作用

が期待できます。

 

抗酸化作用=活性酸素の発生の抑制

活性酸素=諸悪の根源

 

この抗酸化作用により

様々な効果が期待できます。

 

 

豆知識②-1.血圧の低下・動脈硬化の予防

 

カカオポリフェノールには血管を広げる効果

により、

血圧の上昇を抑える効果

が期待できます。

 

血圧が正常の範囲内やちょっと高めという人

よりも明らかな「高血圧の症状」がある人

の方が効果が期待できると言われています。

 

子供のころから「甘いものは体に悪い」

「お菓子を食べすぎたらダメ」

とすり込まれていた私にとっては

衝撃の事実。

 

また、血管を広げるのと同時に

「抗酸化作用」によって

「悪玉コレステロールの酸化」

いわゆる「真の悪玉コレステロール」

の発生を防ぐ効果が期待できます。

 

「真の悪玉コレステロール」なんて

聞いただけでも怖いですが、

まさかチョコレートで発生を防ぐ効果

だなんて想像もできなかったですね。

 

これにより動脈硬化を予防する効果が

期待できます。

 

 

豆知識②-2.美肌効果

 

抗酸化作用=諸悪の根源である

「活性酸素」の発生を抑制

するという効果が期待できます。

 

活性酸素が起こす悪さの1つとして

シワやシミ等の肌トラブル

 

シワやシミ等をカカオポリフェノールが持つ

抗酸化作用により抑制することで

美肌効果が期待できます。

 

男性にはもちろん、

特にチョコが好きな女性には

有難い効能ですね。

 

自分で言うのもはばかられますが、

私はこう見えても(見えてねーよ)

よく「肌がキレイだね」と言われます。

 

もしかしたらチョコレート好きが功を奏し

普段から食べているので美肌効果を

自ら体験できているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.殺菌作用による虫歯予防

 

カカオポリフェノールは

殺菌作用

が期待できます。

 

これにより

虫歯菌を抑制する効果

が期待できます。

 

子供の頃「甘いものを食べたら虫歯になる」

と言われてきたのでチョコレートに

虫歯予防効果が期待できるなんて

重ねてショックです。

 

それはさておき、カカオポリフェノールの

働きで歯垢が作られることも予防し

虫歯の進行を抑制する効果も期待できます。

 

ただし、当然ですがチョコレートには

糖分がありますので、食べた後は

歯に残らないようにする必要がありますね。

 

食事の後、特にチョコのような甘いものを

食べた後はたとえ殺菌作用があっても

歯磨きをしないとダメですよ

念のため。

 

 

2月1日は何の日?まとめ

 

2月1日は「ガーナチョコレートの日」。

 

そこで、チョコの効能について

取り上げてきました。

 

カカオポリフェノールが持つ抗酸化作用

によって様々な効果が期待できますね。

 

血圧低下、動脈硬化の予防、美肌効果、

虫歯予防等嬉しい効果が期待できます。

 

しかし、チョコレートはカロリーが高く、

糖質を含んでいるため、

当然のことながら食べ過ぎると肥満の原因

にもなります。

 

かといってチョコレートが好きな人は

チョコレートが食べたくなるもの。

 

「ガーナチョコレートの日」をきっかけに

ガーナチョコレートを含むチョコを

食べてあらゆる効果を実感していただけたら

幸いです。

 

たたし、食べるのも程々にし、食べ終わったら

歯磨きを忘れないでくださいね。

 

スポンサーリンク