12月9日は何の日?【しそ焼酎『鍛高譚』の日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私の地元地元で作っているものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

飲んべえの私にとっては誇らしい、

のかな・・・。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月9日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月9日は何の日かというと

しそ焼酎『鍛高譚』の日

 

皆さんは「しそ焼酎『鍛高譚』

をご存知ですか?

 

「鍛高譚(たんたかたん)」と読みます

念のため。

 

地元にいながら飲む機会はそう多くはない

ですが、たまに飲むとと美味しいですね。

 

焼酎って安く飲めるので私のような飲んべえ

には有り難いですね。

 

そんな焼酎に

迫っていきたいと思いました。

 

 

そこで【しそ焼酎『鍛高譚』の日】

が制定された経緯と

焼酎の豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【しそ焼酎『鍛高譚』の日】が制定された経緯

 

【しそ焼酎『鍛高譚』の日】を制定したのは

オエノンホールディングス株式会社さん。

 

オエノンホールディングスさんは

合同酒精株式会社をグループに置き、

しそ焼酎「鍛高譚」を手がけている会社

です。

 

鍛高譚は北海道旭川の大雪山系の水と

北海道白糠町産の香り高い赤しそを使った

さわやかな風味で人気がある焼酎。

 

2017年に発売25周年を記念して

【しそ焼酎『鍛高譚』の日】が

制定されました。

 

鍛高譚が発売されたのが

1992年12月9日。

 

これにちなんで12月9日が

【しそ焼酎『鍛高譚』の日】に

選ばれました。

 

さて、そんな焼酎ですが安く手に入る上に

割るもの次第で色んな味を楽しんで

飲むことができますね。

 

改めてそんな焼酎について

迫っていきたいと思いました。

 

 

ということで、

焼酎の豆知識について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②焼酎の豆知識

 

 

豆知識②-1.本格焼酎の魅力

 

本格焼酎は何と言っても香りが良い。

 

芋や麦、米、黒糖等本来の原料にある香り

が十分に生かされています

 

蒸留酒は色んな種類がありますが、

原料次第でこれだけ差が出るものも

珍しいですよね。

 

また、薄めてもその風味が落ちないことも

清酒とは違うところですね。

 

焼酎は「割る」ことができるので

食事に合わせて割ったり好きな飲み物で

割ったりすることができるので本格焼酎

は自由度が高いですね、

 

 

豆知識②-2.焼酎は低カロリー

 

何でもそうですが、カロリーは

気になるところ。

 

純粋なアルコールは7キロカロリーに

なりますが、お酒のカロリーは体温上昇

等に使われるので30%ほど減少し、

5キロカロリーしかありません

 

アルコール15度の酒一合には

106キロカロリーが含まれています

 

日本酒の場合はこれに糖質が加わります。

 

5%のの糖質が含まれれば36キロカロリー

上乗せされます。

 

合計142キロカロリーですね。

 

しかし、蒸留酒である焼酎は糖質が

含まれておらず、アルコールのみの

カロリーになります。

 

焼酎はアルコール度数が高いので

カロリーが高い!と思っていました。

 

とんだ勘違いでしたね。

 

ただ、基本的にはカロリーは低いですが、

割り方(度数)や割るものによって

カロリーが変わりますので念のため。

 

また、おつまみを食べた分だけカロリーが

上がりますので念のため。

 

おつまみは大豆製品(冷奴や枝豆等)

あたりがいいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.甲類・乙類の違い

 

「甲」「乙」と言われたら

「等級が違うのかな」と思われがちですが

そうではなくて製造過程の違いによって

分けられています?

 

 

1.甲類

 

アルコールが36%未満のもので、

連続式蒸留機で蒸留されたものが

甲類。

 

何回も蒸留していくとアルコールは96%

まで上がります。

 

これが連続式蒸留機で行われ、

このアルコールを水で36%まで薄めたもの

が「甲類焼酎」になります。

 

果実酒等に使用されることもありますし、

好きなジュース等割っても美味しいですね。

 

 

2.乙類

 

アルコールが45%未満のもので、

単式機で蒸留されたものが

乙類。

 

「旧式焼酎」「本格焼酎」ともいい、

昔から使われている製法です。

 

芋類や穀類、黒糖等の原料を発酵させて

蒸留することで原料の風味が

残ります。

 

私は初めて芋焼酎を飲んだ時は

拒否反応を示していましたが、

今では芋焼酎の風味が大好きです。

 

スーパーで安い芋焼酎を買って

贅沢した気分で飲むことができます。

 

芋焼酎バンザイ。

 

もちろんしそ焼酎鍛高譚も好きですよ

念のため。

 

 

12月9日は何の日?まとめ

 

12月9日は【しそ焼酎『鍛高譚』の日】。

 

ということで、

焼酎の豆知識について

取り上げてきました。

 

焼酎は色んな飲み方ができるし、

他のお酒に比べてカロリーが低い

のが嬉しいですね。

 

かといって飲みすぎたり、

おつまみを食べすぎたり(私のこと?)

してはいけませんっよ念のため。

 

【しそ焼酎『鍛高譚』の日】

をきっかけに北海道産のしそ焼酎

を含む焼酎の魅力を再認識していただき

飲んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク