【12月8日は何の日】豆知識~今日は「有機農業の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月8日は何の日かというと

有機農業の日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

体と環境に良い

有機農業」。

 

有機農業とは一言でいうと

環境に良い農業

 

農薬や化学肥料、

遺伝子組換え技術を使わず

田畑は過去2年以上

農薬や化学肥料を使っていない

ことが条件になっています。

 

結構厳しい条件のようですが、

上記の条件を満たしている農家は

意外に多い。

 

そんな中「有機農業」が少ないのは

書類の整理等の手間がかかることが

主な原因。

 

 

そんな有機農業に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「有機農業の日」が制定された経緯と

有機農業の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「有機農業の日」が制定された経緯

 

「有機農業の日」を制定したのは

農を変えたい!

全国運動関西地域ネットワーク

さん。

 

ちょっと長い名前ですが、

農業を変えたいという情熱は

伝わってきますよね。

 

「農を変えたい!

全国運動関西地域ネットワーク」さんは

有機農業を普及させたいとの思いで設立され

色んな団体が携わっています。

 

自然との調和を図り、安心・安全な有機農業

を行政を巻き込んで推進していきたい

との思いから制定された「有機農業の日」。

 

その甲斐もあって、

2006年12月8日に

有機農業の推進に関する法律

可決成立

されました。

 

「有機農業の推進に関する法律」は民間で

「市民立法」として創案され、

「議員立法」として国会で審議されて

可決成立されました。

 

法律が可決成立した日が由来で

12月8日が「有機農業の日」

に選ばれました 。

 

 

さて、そんな有機農業ですが

まだまだ知らないことも多く、この有機農業

に迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

有機農業の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②有機農業の雑学

 

 

豆知識②-1.有機農業とは

 

有機農業って聞いたことはありますが

実際にどんなものかわかりますか?

 

聞いたことはあって中身はわからない

という人は意外と多い

のではないでしょうか。

 

有機農業とは一言で言うと

環境に良い農業」。

 

具体的な条件として

農薬や化学肥料、

遺伝子組換え技術を使わない

農業。

 

かつ、田畑は過去2年以上

農薬や化学肥料を使っていない

とされています。

 

有機農業の条件を満たすことによって

地球環境はもちろん、

消費者や農家の方々の健康に配慮された農作物

を作っている

という証になります。

 

と、口で言うのは簡単ですけど、

いざやるとなると大変な作業に

なりますね。

 

 

豆知識②-2.日本で有機農業が少ないワケ

 

日本で有機農業が少ないワケは、

結論から言うと、

有機JAS認証取得による

手間やコスト、

リスクが伴うから

 

有機JAS認証の認証機関に提出する書類

や資材、細々とした伝票の管理、

畑の周りの環境等

様々な規定があるので手間がすごい。

 

また、有機JAS認証の認証を

毎年更新しなければならず

ますます手間やコストがかかります。

 

この負担に加え、農薬が制限されているので

病害虫等のターゲットになり、

収穫量も減少する恐れがあり、

経営的にも苦しくなってしまいます。

 

この手間のために、

仮に有機栽培と同等以上のことを

していたとしても、

有機JAS認証をあえて

取得しない場合が多い

ですね。

 

要するに、有機JAS認証の認証を受ける際

の手間がかかることによって

有機農業が進まない

ということになりますね。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.有機農業先進国の特徴

 

ヨーロッパの一部の国では国の施策として

有機農業を推し進めている

ところもあります。

 

有機農業には安心・安全以外の価値がある

ものとして評価されており、

有機農業者に補助金を出す制度

があります。

 

だからなのかはわかりませんが、

国民の関心も高いようですね。

 

我が国でも補助金などの制度があれば

有機JAS認証を取得する農家が

増えるかもしれません。

 

ただ、補助金をいただくということになると

更に書類が増えるので悩ましいところでは

ありますね。

 

 

なお、ヨーロッパのある国では

形が不揃いなものや

虫が喰っている農作物が普通に

売られています。

 

これこそが

有機栽培で作られている証拠。

 

しかし日本では売り物になりません。

もしくは「訳あり品」として

安くなってしまいます。

 

日本人は必要以上に

「見た目の美しさ」

にこだわり過ぎる傾向にある

のかもしれませんね。

 

また、スーパー等で有機野菜を

売っているところは少ないし、

あったとしてもニンジンや芋等限られたもの

が多いですね。

 

また、有機野菜は割高感があるので

消費拡大には繋がりにくく、

有機野菜コーナーがない所も多いですね。

 

有機JAS認証は手間やコストがかかるだけ

で、あまりメリットがないのかもしれませんね。

 

 

12月8日は何の日?まとめ

 

12月8日は「有機農業の日」。

 

ということで、

有機農業の雑学について

取り上げてきました。

 

有機野菜の定義、有機農業の現状、

有機農業先進国の特徴を見てみました。

 

日本ではなかなか広まらず、

残念ですね。

 

もう少しできることがありと思うのですが

上手く言っていないようです・・・。

 

「有機農業の日」をきっかけに

有機農業について考えていただけたら

幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク