12月31日は何の日?今日は「そばの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

普段から食べているし、年末年始に

食べているものの記念日があります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

ここ最近は食べ物の話題が少なくて、

毎日話題作りに苦労しています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月31日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月31日は何の日かというと

そばの日」。

 

みなさんは「そば」は好きですか?

 

私はもちろん大好きで、

しょっちゅう蕎麦屋に行っています。

 

最近はの飲み会の後は「締めのラーメン」

ならぬ「締めのそば」になっています。

 

これも年齢のせいなんですかね。

 

というか、「締めのラーメン」等は

そのまま脂肪になるのでお控えください。

といっても説得力がありませんが。

 

わかっちゃいるけどやめられない

というのは何とも人間臭くないですか。

 

私もたまになんでまあいいかって

思っていますが。

 

そこで「そばの日」が制定された経緯と

そばについて取り上げていきます。

 

 

豆知識①「そばの日」が制定された経緯

 

「そば」を指定したのは

日本麺類業団体連合会」。

 

つくづく色んな団体があるんだなと

感心してしまいます。

 

日本麺類業団体連合会が

「そばの日」を制定したのは

1983年(昭和58年)。

 

まだ34年と歴史は浅いですね。

 

江戸時代に商人が毎月末に

縁起がいいとしてそばを食べていたことが

由来で制定された「そばの日」。

 

 

そう、そばの日は毎月末に訪れます

 

話はずれますが、

知っている人も多いと思いますが、

月末のことを「晦日(みそか)」

っていうことを知っていましたか?

 

そして12月は1年の最後ということで

「大晦日」といいます。

 

知らない人もいるかもしれませんので

念のため。

 

つまり「晦日」が「そばの日」

ということになりますね。

 

1年に12回「そばの日」がありますが、

その中でも12月は1年の最後ということで

特別な意味がありますね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②「年越しそば」とは

 

「年越しそば」ってなぜ

大晦日に食べるのでしょうか。

 

「年を越すための縁起物」

といわれたらそれまでですが、

「年を越した後じゃないの?」という

疑問が出てきそうですね。

 

地方によっては元旦に食べる風習が

あるようですが、ほとんどは

年を越す前に食べるのが多いようですね。

 

中には「大晦日」と「元旦」の両方で

そばを食べる人もいます。

 

「年を越す前」すなわち「大晦日」に

そばを食べる由来はいくつかあります。

 

 

豆知識②-1.細く長く生きる説

 

私が子供のころに聞いたのは

「細く長く生きることを願って

大晦日にそばを食べる」というものでした。

 

「それだったら元旦でもいいじゃん」

って子供心に思ったものですが、

長寿を願う縁起物としての意味があります。

 

 

豆知識②-2.1年の厄を切るため

 

そばは簡単に切れますよね。

 

このことから

1年間の厄をその年のうちに切って

新しい年を迎えよう

と祈願してそばを食べたという説

があります。

 

「年切りそば」「縁切りそば」「借金切り」

という意味が込められています。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.お金が集まる縁起物

 

金細工職人が、作業後に散らかった金粉を

片付けるためにそば粉を使っていたことから

お金を集める縁起物」という意味で

そばを食べるようになったという説

もあります。

 

 

豆知識②-4.健康祈願

 

「細く長く生きる」と同じ意味かと思ったら

そうでもないようです。

 

そばは風雪にさらされても、日光に当たると

再び元気を取り戻します。

 

このことから「健康祈願の縁起物」として

そばが食べられたという説があります。

 

また、そばが五臓の毒を取ると

信じられていたという説もあります。

 

その他諸説があるようですが、

「年越し前に食べる縁起物」

という説が有力な気がします。

 

 

12月31日は何の日?まとめ

 

12月31日は「そばの日」。

 

というより「年越しそばを食べる日」。

 

「年を越す直前にそばを食べる」のは

諸説があるものの、「一つの文化」

としてとらえたらいいのかなと思います。

 

今年もあとわずかになりましたが、

みなさんは「年越しそば」を食べますか?

 

スポンサーリンク