【12月29日は何の日】豆知識~今日は「福の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月29日は何の日かというと

福の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたも

が来てほしいですよね。

 

年末年始に行われる行事は

今年1年の厄を払って

新年に福が来るようにと願って

行われています。

 

そんな正月について

知っているようで知らないことも

あります。

 

正月とは1月いっぱいのことを指します。

 

「元日」「1月1日」、

「元旦」は1月1日の朝

のことを指します。

 

おせち料理とは

年神様にお供えするとともに

家族の幸せを願って作られる

縁起物としての料理

 

そんな福や正月について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「福の日」が制定された経緯と

正月の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「福の日」が制定された経緯

 

「福の日」を制定したのは

株式会社紀文食品

さん。

 

おせち料理に使われる水産練り製品等を

手がけている紀文食品さん。

 

おせち料理は正月に欠かせません。

といっても最近ではあまり食べていない

という家庭も増えていますよね。

 

正月に行われる行事の本当の意味や謂れを

知ることによって福を招いてほしい

との願いから制定された「福の日」。

 

「29(ふく)」という語呂合わせに加えて

正月が近いということで12月に

ということで12月29日が「福の日」に

選ばれました。

 

また

「福の日」までには

大掃除や買い物を済ませて

正月が来るのに備えてほしい

と提案しています。

 

12月29日までには大体のことを

済ませてはいますが、

「あれ忘れた、これも忘れた」等と

結局大晦日にかかってしまうことが

多いんですよね。

 

また、「追い込まれないと何もしない」

という家庭もあったり、「今年はいいや」

と諦めたりする家庭もありますよね。

 

ともあれ、すっきりした気分で

正月を迎えたいものですね。

 

さて、1年の最初である正月。

 

しかし、正月について知らないことも

意外と多いのではないでしょうか。

 

そんな正月に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

正月の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②正月の雑学

 

 

豆知識②-1.正月はいつからいつまで?

 

そもそも論ですけど、みなさんは正月が

いつからいつまでなのかご存知ですか?

 

結論から言うと

「1月」が正月。

要するに1月1日〜31日まで

を指しています。

 

「正月」というのは「最初の月」の別名

ですので、つまり「1月」ということに

なります。

 

三が日(1月1日〜3日)や

松の内(1月1日〜7日)が

正月であると思われているような

気がします。

 

1月31日に「あけましておめでとう」

と言われても「今さら?」て気がしますし。

 

ただ、これには上記の三が日や松の内の他に

元々の松の内が1月15日で

この松の内までを正月とする説や

地域によっては1月20日までとする説も

あるようですね。

 

私としては三が日が過ぎて仕事始めの1週間

は正月ボケしている。

 

特に仕事始めの日は正月のあおりを受け

体も心も相当重たくなっている。

 

その重さが抜ける2週間目あたりまでが

正月かなと曖昧な感じで考えていました。

 

しかし、「正月」=「1月」です。

知っている方もいかもしれませんが

参考までに。

 

 

豆知識②-2.「元日」と「元旦」の違い

 

1月1日のことを「元日」とか「元旦」

と言ったりしていますよね。

 

結論から言うと、

「1月1日」=「元日」

と言うことになります。

 

「じゃあ元旦でなんだ?」と言う疑問が

生まれてきますよね。

 

同じ意味なのかというと

そうではありません。

 

「元旦」は1月1日の朝、

すなわち初日の出のこと

を指しています。

 

つまり、初日の出を見ずに起床したときには

既に「元旦」は過ぎているということに

なります。

 

「元旦」の

「旦」という字は

地平線から日が出てきている

ことを表しています。

 

そう言われると「なるほど」と

思いますよね。

 

「旦」に限らず漢字はそのまんまの意味を

表していて面白いですよね。

 

まあ「元日」と「元旦」を同じ意味で

使われていることが多いので

豆知識として覚えておいたら良いと

思います。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.おせち料理とは

 

正月に必ず出てくる「おせち料理」。

 

「おせち料理」は

年神様にお供えするとともに

家族の幸せを願って作られる

縁起物としての料理

 

今では家で作られることも減り、

大手スーパー等による激しい

「おせち料理商戦」がありますよね。

 

「おせち料理」を

自分で作るよりも買ってきて済ます家も

多いですね。

 

また、大手スーパーになると社員一人一人に

「ノルマ」か課されて大変なようですね。

 

私の家にも数人が買ってくれと

やってきますが断るようにしています。

 

引き受けていたらおせち料理が何個になるか

わかりませんからね。

 

まあ1個だけは買うことにしていますが、

どれがいいかというより、誰から買うかで

選んでいます。

 

特にこの時期しか連絡をよこさない知人

に対してはガン無視です。

 

話は戻っておせち料理には

五穀豊穣、子孫繁栄、

家族の健康と安全

等の意味を込められており、

山の幸や海の幸が多く盛り込まれています。

 

おせち料理はこの時期に作られる

ということもあり、

日持ちのするものから順番に作っていき

大晦日までかかります。

 

かなり大変な作業だったので、今では

スーパー等のおせち料理で簡単に済ませる

ということが多くなりました。

 

たとえおせち料理が

家で作ったものでもスーパーで買ったもの

でも「年神様にお供えするもの」であること

家族の幸せを願って作られる縁起物

に変わりはありません。

 

年神様への感謝と一年を無事に過ごしたいと

祈りながら食べたいものですね。

 

 

12月29日は何の日?まとめ

 

12月29日は「福の日」。

 

ということで、

正月の雑学について

取り上げてきました。

 

「正月」は「1月」のことを指し、

「元日」は1月1日、「元旦」は初日の出

のことを指しています。

 

あまり知られていなかった

のではないでしょか。

 

おせち料理も年神様にお供えし、

感謝の気持ちと一年の無事を祈って

食べるものですね。

 

これによって「福」がくることを

お祈りしています。

 

スポンサーリンク