12月27日は何の日?「ツナの日」

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

普段から何かには挟めて食べているものの

記念日もあります。

 

 

今回はそういう記念日です。

 

単独で食べることは少なく、

何かに乗っけたり挟めたり混ぜたるして

食べることが多いですよね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月27日は何の日かというと

ツナの日

 

皆さんは「ツナ」は好きですか?

私は大好きです。

 

ツナ缶は常に積み上げられています(笑)。

いるん奈使い方ができるので

便利ですよね。

 

今回はそんなツナに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「ツナの日」が制定された経緯と、

ツナの豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「ツナの日」が制定された経緯

 

 

下記の記事

 

【2月27日は何の日?豆知識】今日は「ツナの日」ツナの美味しい食べ方

 

と同様に、今回もツナの日を

取り上げさせていただきます。

 

それだけツナは無視できない存在です。

 

 

「ツナの日」を制定したのは

まぐろ料理店等さん。

 

1者だけではないんですね。

こういう記念日も珍しいですね。

 

制定された目的はわかりませんが、

私が制定するなら

「ツナをより多くの人に食べてもらって

ツナの美味しさを感じてもらいたい」

ってな感じでしょうか。

 

「27(ツナ)」の語呂合わせによって

毎月27日が「ツナの日」に選ばれました。

 

残念ながら「2月7日」は

「ツナの日」ではないようです

(まちゃはる調べ)。

 

 

ツナは私たちの食生活の中で

身近にある存在。

 

その中でもあまり知られていないことに

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

ツナの豆知識について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②ツナの豆知識

 

 

豆知識②-1.ツナとシーチキンの違い

 

 

1.ツナ

 

ツナは英語で「tuna」と書きます。

そう、ツナは英語からきているんですね。

 

ツナは「スズキ目サバ科マグロ属」

の魚の加工食品。

 

ただ、実際にはもう少し広い範囲で

解釈されているようです。

 

 

さて、私の勝手な解釈だったんですが、

「ツナはまぐろの加工食品」

だと思っていました。

 

でも、それだけではないんですね。

私の勉強不足でした。

 

ツナに免じて許してください(笑)。

 

 

2、シーチキン

 

「シーチキン」と「ツナ」は

同じように使われることが多いですよね。

 

見た目も同じだし、味も変わらない。

 

では何が違うのかと言うと

「字が違う」。

なんて言ったら怒られますよね。

 

ただ、これはあながち間違いでも

ないようです。

 

「ツナ」は一般的に使われるものに対して、

「シーチキン」ははごろもフーズ(株)

さんが手がけているツナの商品名になり、

登録商標されています。

 

つまり、

ツナは一般的に使われる食品名。

シーチキンは特定の会社の商品名

これがツナとシーチキンの違いです。

 

「結局は同じじゃん」と

ツッコまれそうですね。

 

「シーチキン」とは

シー=海、チキン=鶏。

そしてシーチキンの食べ応えが

鶏肉のささみのようなもの。

 

これにより「シーチキン」という名前が

ついたという説があります。

 

また、アメリカの有名なメーカー

「Chicken of the Sea

IInter national」

から名付けたという説もあります。

 

 

どちらが本当の説なのかわかりませんが、

ツナ缶のシェアは、はごろもフーズさんの

ものが半分以上を占めていたので

世間では「シーチキン」という名前が

浸透していったということですね。

 

 

豆知識②-2.体づくりに最適

 

ツナは魚が使われているため、

タンパク質が豊富に含まれています

 

そのため筋トレを行なっている人には

最適ですね。

 

筋肉が増強されれば基礎代謝も増加し

痩せやすく太りにくい体になります。

 

また。体づくりをサポートするビタミンや

ミネラルを含んでいます。

 

これによりツナ缶は体づくりに最適である

といえますね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.ツナ缶に使われる魚

 

上記のとおり、ツナに使われている魚は

スズキ目サバ科マグロ属に属する魚。

 

実際には15種類程度の魚が

使われています。

 

主なところで

ビンチョウマグロや

キハダマグロ、かつおですね。

 

ビンチョウマグロは身が白いため

「ホワイト」と呼ばれています。

また、キハダマグロやかつおは

「ライト」と呼ばれています。

 

一口に「ツナ」といっても

様々なものがあるということになりますね。

 

私はその違いがわかりませんでした。

「違いのわからない男」ですね(爆)。

 

 

 

12月27日は何の日?まとめ

 

12月27日は「ツナの日」。

 

ということで、

ツナの豆知識について取り上げてきました。

 

ツナは食品名、シーチキンは商品名

という違いだったんですね。

 

確か私の子供の頃はみんな「シーチキン」

と呼んでいたはず。

それとも私の記憶違いでしょうか。

 

また、魚が使われているだけあって

栄養価も高いのが特徴ですね。

 

下の記事

 

【11月3日は何の日?豆知識】今日は「サンドウィッチの日」誕生秘話

 

にあるように、

サンドウイッチを食べる時に「ツナ」を

よく食べていましたが、無意識のうちに

体に良いものを選んでいましたね。

 

毎月27日は「ツナの日」。

これをきっかけにツナのことを知りつつ

食べていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク