【12月26日は何の日】豆知識~「プロ野球誕生の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月26日は何の日かというと

プロ野球誕生の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたはプロ野球に興味がありますか?

そしてひいき球団はありますか?

 

私が住む北海道では、ひと昔前までは

ジャイアンツのファンが圧倒的に

多かったですね。

 

それが今では北海道に

北海道日本ハムファイターズが

やって来たこともあり、

ファイターズファン

圧倒的に多くなりましたね

 

やはち地域密着の球団があると

応援に力が入りますよね。

 

直接球場へ行って応援すると、

球場の雰囲気も味わえるし、

テレビで見るより何倍も面白い!

 

 

今回はそんなプロ野球に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「プロ野球誕生の日」

について、また私のひいき球団について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「プロ野球誕生の日」について

 

日本の

プロ野球が誕生したのは

1934年(昭和9)年

12月26日。

 

これにちなんで12月26日が

「プロ野球誕生の日」に選ばれました。

 

つまり、12月26日は日本プロ野球の

85回目の誕生日。

 

「プロ野球誕生の日」と同時に

大日本東京野球倶楽部

(現在の読売巨人軍)が誕生しました。

 

当時の読売新聞の社長は

正力松太郎さん

 

この名前を知っている方も

多いのではないでしょうか。

 

正力松太郎さんは

プロ野球の発足に尽力された

偉大な方

 

正力松太郎さんの功績が称えられ、

「正力松太郎賞」という賞まで

誕生しました。

 

正力松太郎さんには

アメリカ野球選抜を日本に迎え入れたい。

 

そして日本の野球がアメリカ野球に

追いつき追い越してほしい

という思いがありました。

 

そしてプロ野球の設立を各関係者に

呼びかけ、アメリカ野球選抜を

迎え入れるようになりました。

 

その時に来たのが野球の神様である

ベーブ・ルース選手

らアメリカ選抜でした。

 

結果は15戦全敗と散々な結果。

 

ただ、当時のエースだった

沢村栄治投手

が力投し、アメリカ選抜を苦しめました。

 

これまた聞いたことのある名前ですね。

「沢村賞」という賞までできるほどの

名投手でしたね。

 

この対戦に感化された正力松太郎さんは

本格的にプロ野球を作りたいと考えて

日本プロ野球を誕生させました。

 

今ではプロ野球や甲子園、社会人野球

独立リーグ等ができたりと

野球が盛んになりました、

 

スポーツニュースでも一面に

取り上げられることが多いですね。

 

それからというもの、

プロ野球は80年を超える歴史を誇り、

今ではメジャー等で活躍する選手も

出てきています。

 

特に大谷翔平選手がメジャーで二刀流を

したことはアメリカでも驚いたのでは

ないでしょうか。

 

世界でも通用する選手も増え、

これからもプロ野球が

ますます発展していくだろうと

考えています。

 

ただ、スター選手がメジャーに行くことで

日本プロ野球がスター不在になるという

別な問題も出てきましたね。

 

さて、どうしたものか・・・。

 

 

さて、そんなプロ野球ですが、

歳とともにひいき球団も

変わっていきました。

 

そんなひいき球団について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②私のひいき球団について

 

 

豆知識②-1.私が子供の頃の贔屓球団

 

私は子供の頃は

ジャイアンツファン

 

まず父親がジャイアンツファンであったこと

テレビではジャイアンツ戦しか放送されて

いないこと、

ジャイアンツの選手しか知らない事が

主な要因でしたね。

 

物心がついたらジャイアンツファンでした。

周りの人もそういう人が多かったですね。

 

まあ中には中日ファンや阪神ファンも

いましたが。

 

ともあれ、

当時の北海道では圧倒的に

ジャイアンツファンが多かった

ですね。

 

しかも当時はジャイアンツは

強かったのでなおさらですね。

 

そんなこんなで20年以上も

ジャイアンツファンでしたが、

それを変える出来事がありました。

 

私はかなり熱狂的なジャイアンツファン

でしたが、ジャイアンツは地元球団で

なかったことが、その熱狂ぶりに

歯止めをかけました。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.大人になってからの贔屓球団

 

確か2002年ぐらいだったと思いますが、

日本ハムファイターズが

北海道に移転する

という話が持ち上がってきました。

 

それまではジャイアンツと同じ東京ドームを

本拠地にしていました。

 

それが東京を離れて北海道を本拠地にする

というとで、私一人で大騒ぎ!

 

一時期西武ライオンズが北海道を「準本拠地」

にするとかしないとかという話がありましたが

ファイターズは「本拠地」にするということで

西武ライオンズの話はなくなりました。

 

ファイターズが札幌に来るということが

決まってからというもの、

ファイターズを応援するになりました。

 

それまではファイターズには

全く興味がありませんでした。

 

選手の名前はほとんど知りません

でしたからね。

 

しかし、地元に来るとなれば話は変わります。

 

北海道に移転が決まって、実際に移転するまで

2年ぐらいかかったと思いますが、それまでに

選手の名前を覚えましたね。

 

また、新庄選手がファイターズに

移籍して北海道を盛り上げてくれたことも

大きかったですね。

 

改めて思いますが、

自分の住む地方に球団があって、

地元球団を応援しに行けるってことは

幸せなことですね。

 

ファイターズが北海道に来て

初めてそれがわかりました。

 

2004年から北海道に移転して15年が

経ちましたが、リーグ優勝したり日本一に

なったりと強いチームに

生まれ変わりました。

 

まあ今年(2019年)は5位と残念な結果に

終わりましたが、プレミア12で世界一に

なったこと、近藤選手が頑張ったのは

良かったことだと思います。

 

なお、最下位になったこともあって

良くも悪くも私たちに

喜怒哀楽を与えてくれる

北海道日本ハムファイターズ

 

ファイターズはドラフト戦略や

選手の育成がうまくて、生え抜きの選手

を中心にチームを構成しています。

 

そして補強も助っ人もうまく入団させてきて

魅力のあるチーム作りをしているのでは

ないでしょうか。

 

これが地元に愛されるチームへと

成長させたゆえんだと思います。

 

 

12月26日は何の日?まとめ

 

12月26日は

「プロ野球誕生の日」。

 

ということで

日本プロ野球が誕生した経緯と、

私のひいき球団について

取り上げてきました。

 

これからますますの

プロ野球の発展を願っています。

 

あなたはひいき球団はありますか?

 

スポンサーリンク