【12月25日は何の日】豆知識~今日は「スケートの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月25日は何の日かというと

スケートの日」。

 

スポンサーリンク




 

12月25日といえば「クリスマス」。

 

しかし、あえてクリスマスとは関係のない

話題を取り上げていきます。

 

私の住んでいるところでは、

毎年「ホワイトクリスマス」になります。

 

これは

野外にケートリンクを作る

ことができるほど冷え込むから

なんですね。

 

雪が降らない、もしくは少ない地域の人は

心底うらやましいですね。

 

雪をはねるという手間もないし

車の運転も楽だし。

 

それはともかく、実際に私が子供の時には

近くにスケートリンクがありました。

 

この冷え込みや雪に慣れている人達や、

この寒さとは無縁の人達がそれぞれ

いますよね。

 

ということは「スケート」をやったことが

ある方も、「スケート」とは無縁の方も

いると思います。

 

そんなスケートについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「スケートの日」が制定された経緯と

スケートについて取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「スケートの日」が制定された経緯

 

「スケートの日」を制定したのは

日本スケート場協会」。

 

1861年(文久元年)12月25日に

イギリスの探検家である

トーマス・ライト・ブラキストン

が函館で日本初のスケートを

行った

のが「スケートの日」の由来です。

 

もう150年以上経過していますね。

 

それでも随分昔の話だとは思いますが、

更に昔の1792年(寛政4年)にロシアの

使節であるラクスマン一行が根室湾内で

氷が張った上で滑ったのが日本初のスケート

だったという説もあります。

 

こちらは200年以上前の話ですが

こちらは公式の記録ではないのでしょうかね。

 

函館か根室か、どちらにしても

北海道で日本初のスケートが行われた

という事になりますね。

 

ただ、個人的な意見として、

12月25日であれば函館の冷え込みは弱く

ちゃんとスケートができたのかなと

疑問を感じてしまいます。

 

でも150年以上前のことですし・・・。

 

ともあれ、1861年の函館でのスケートが

日本初のものとして

1982年(昭和57年)に

「スケートの日」として制定されました。

 

「スケートの日」が制定されたのは

37年前ですね。

 

スケートの歴史に比べたら歴史が浅いですが、

私が初めてスケートをしたのも1982年

だったので縁を感じているところです。

 

それ以来スケートが普及しているかは

微妙ですが、北海道の東側の地方(道東)

ではスケートが盛んです。

 

道東では冬は晴れている日が圧倒的に多く、

その分雪が少ないためだからですね。

 

「十勝晴れ」なんて言葉も

あるくらいですからね。

 

その甲斐もあってか道東出身の清水宏保選手

は長野オリンピックのスピードスケートで

金メダルを取りましたね。

 

この環境によるものかどうかはともかく、

これからスケートがもっと

普及してほしいと思います。

 

さて、そんなスケートですが、

私も子供の頃にスケートを

かじったことがあります。

 

そんなスケートについて

迫っていきたいと思いました

 

ということで、スケートについて

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②スケートについて

 

 

豆知識②-1.私とスケートについて

 

いろいろ語ってきましたが、

私はスケート自体はあまり上手では

なかったですね。

 

子供の頃は近くの小学校のグラウンドの一部

がスケートリンクになっていました。

 

ですので子供の頃はよくスケートをしに

行っていました。

 

といっても友人と言っただけで

自分からは率先しては

行きませんでしたが。

(じゃあ断れよって言われそう)

 

スイスイ滑っている友人を尻目に

私はヨチヨチ歩きならぬヨチヨチ滑り

をしていたといったところでしょうか。

 

そんなスケートリンクですが、

いつしかそのグラウンドでスケートリンクを

作らなくなりました。

 

まあ私の住んでいる地方はスケートよりも

スキーやスノーボードの方が盛んですけど。

 

 

そして私は大人になってからスノーボードを

始めました。

 

スケートと同様にどんどん上達して技を

覚えていく友人を尻目に、

私はゲレンデを滑り降りるぐらいしか

できませんでした。

 

やはり私は

ウインタースポーツは苦手

のようですね。

 

ただ、昔はスノーボードをやっている人

が少なく、スノーボードをやっている人は

カッコよく見えたたものです。

 

しかし、いざ自分でスノーボードを

やってみると彼らを見てもカッコよく

映らなくなったのが不思議でしたね。

 

「あいつ上手いな」

「あいつよりは私の方が上手いな」

という感じで見ていました。

 

ウインタースポーツの中で

一番まともにできたのは

スノーボードでしたね。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-2.フィギュアスケートについて

 

近所のスケートリンクでは靴のレンタルを

やっていましたが、私はマイシューズを

持っていたんです。

 

個人的にはいらなかったんですけど

親が買ってくれたんですね。「

 

私はフィギュアのシューズが欲しかったのに、

母親から

男ならスピードスケートの

シューズでないとカッコ悪い

と言われて無理矢理スピードスケートの

難しいシューズを買わされたことを

鮮明に覚えています。

 

私の姉はフィギュアのシューズだったので

最初から上手かったのですが、

私は散々でしたね。

 

私がスケートを好きになれなかったのも

シューズのせいで出花がくじかれたから

だと思っています。

 

後日というか、大人になってから

「あの時はフィギュアのシューズが

欲しかったな、男だからと言って

スピードスケートのシューズにさせられた」

と母に言いました。

 

母から返ってきたきた返事が

だったらフィギュアのシューズ

が欲しいって言えばよかったのに

ですって。

 

自分で無理矢理買わせといて

この言い草。

 

これこそ「殴った方は忘れるけど

殴られた方は忘れない」

といういい例ですね。

 

ちなみにフィギュアスケートの

フィギュア

というのは

図形

という意味で、昔は氷の上で

いかに正確に図形を描けるか

という競技があったそうですね。

 

今では選手が自分の体であらゆる技や形を

表現する競技になっていますね。

 

あれは自分の体で「図形」を描いている

ということでしょうか。

 

 

12月25日は何の日?まとめ

 

12月25日は「クリスマス」

じゃなくて「スケートの日」。

 

ということでスケートについて

取り上げてきました。

 

私はスケートが苦手なので、

上手く滑れる人は羨ましいですね。

 

そんなスケートが発展して、

次のの北京オリンピックでメダルラッシュ

していただきたいと思います。

 

スポンサーリンク