【12月24日は何の日】豆知識~今日は「削り節の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月24日は何の日かというと

削り節の日」。

 

スポンサーリンク




 

12月24日といえば

「クリスマスイブ」。

 

しかし、あえてクリスマスイブの話題は

避けました。

山下達郎さんの歌声も今日で聞き納め

でしょうか(笑)。

 

というわけで今回は「和食」を支える

削り節」。

 

削り節とはかつおやサバ、イワシ、マグロ等

の魚を干し、固めたものを削って

薄片状にしたもの。

 

その中でもかつお節は削り節の代表格。

 

かつお節は栄養価が高く、

ナイアシン」や「ヒスチジン」、

ペプチド」を含んでいます。

 

これにより生活習慣病や認知症予防、

脂肪燃焼、疲労回復などの効果が

期待でします。

 

また、削り節はだしを取るだけでなく

あらゆる形でご飯にかけて食べることが

できます。

 

「KKG」(削り節かけごはん)

とでも言いましょうか(笑)。

 

 

そんな削り節について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「削り節の日」が制定された経緯と

かつお節の雑学について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「削り節の日」が制定された経緯

 

「削り節の日」を制定したのは

東京鰹節類卸協同組合」。

 

「削り節」とはやはり

鰹節

のことでしたか。

 

やはり削り節と言えば

圧倒的にかつお節が主流ですね。

 

かつおを熱して干し固めたものを削って

ダシを取るなんて、今でこそ当たり前ですが

初めてこれをやった人はすごいですよね。

 

かつお節の前段階を見たことがある人も

多いと思いますが、

まずあのカチンコチンに固めるという発想が

すごいですよね。

 

更にこの硬くなったかつおを削ったら

ダシとして使えるということが

わかっていたなんて考えるとすごすぎです。

 

話はそれましたが、実は

「毎月24日」が「削り節の日」

 

12月24日だけではなかったんですね。

 

「ぶ(2)し(4)」の語呂合わせによって

毎月24日を「削り節の日」に

選ばれました。

 

制定された目的はわかりませんが、

私が制定するなら

 

「削り節の良さをより多くの人に

知っていただき、日本の伝統である和食を

支えてきた削り節の大切さを

再認識してもらう日」

 

とこんな感じでしょうか。

 

まあ知らない人はいないというぐらいに

普及しているので、目的は達成されたと

言っていいのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、削り節の存在自体は知っていても

削り節について知らないことも

あると思います。

 

そこで、そんな削り節の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②削り節の雑学

 

一口に「削り節」と言ってもかつおをはじめ

マグロやサバ、イワシ等がありますが、

一番使われている「かつお節」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.栄養

 

かつお節でとったダシは栄養価が高いです。

 

下記の記事

 

【10月28日は何の日】豆知識~今日は「おだしの日」おだしの魅力

 

にあるように、

ナイアシン

による生活習慣病や認知症の予防効果

冷え性や肩こりの改善効果が期待できます。

 

ナイアシンは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、ビタミン類の一種。

 

かつお節にもビタミンが含まれているなんて

意外でした(そう思うのは私だけ?)

 

また、「ヒスチジン

による脂肪燃焼効果、

 

ペプチド

による疲労回復や集中力の向上効果が

期待できます。

 

さらに、料理に旨味を加えてくれるので

塩分の過剰摂取を抑える効果

が期待できます。

 

つまり、栄養価が高い「かつお節」。

そして、食材本来の旨味を引き出してくれる

「かつお節」。

 

改めてかつお節のすごさがわかりますよね。

 

私のように料理がうまくない人はともかく、

料理上手の人はこのかつお節を

上手く使いこなしているんでしょうね。

 

 

豆知識②-2.かつお節の使い方

 

 

1. ご飯に乗っけて食べる

 

私だけかもしれませんが、驚いたのは

かつお節を

ご飯に乗っけて食べる

ということですね。

 

毎回ブログを書くときに

「いいイラスト・写真がないかな」

と探しながら選びます。

 

そしたら

「ご飯の上にかつお節が乗っている」

写真があるではありませんか。

 

ちょっとビックリしましたが、

これをやっている人が意外と多いですね。

 

ただ、よく考えてみると、おにぎりの中に

具として普通に入っていることを考えると、

ご飯の上に乗っけて食べるというのも

不思議ではありませんよね。

 

また、納豆やオクラに和えたり、

ネギと一緒にご飯にかけたり、 

長芋と納豆に和えたり等

食材に乗せるだけでいろんなレシピを

演出してくれます。

 

そして旨味も付け加えてくれますね。

 

ご飯にかつお節を乗っけてマヨネーズをかけて

食べている人もいましたね。

 

これらは簡単な上に、栄養価も高いので

朝ごはんにはもってこい

じゃないでしょうか。

 

個人的には朝ごはんはTKG(卵かけご飯)

かNKG(納豆かけご飯)ぐらいしか

思いつかなかったので、かつお節は

私のレシピを増やしてくれました。

 

KKG(かつお節かけご飯)

といったところでしょうか。

 

朝から栄養のあるものを食べることが

できるので一石二鳥ですね。

 

さすがに朝から

KMKG(かつお節マヨネーズかけご飯)

だったらちょっと重たいかな。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

2、粉物にかける

 

取り上げるまでもないかもしれませんが、

たこ焼きやお好み焼き等の粉物にも

かつお節がつかわれています。

 

まあ当たり前の光景ですが、

かつお節が粉物の美味しさを引き出している

と言っても過言ではないかもしれません。

 

まあ好みにもよりますし、かつお節を

かけない方が好きな人もいますけどね。

 

 

3.おにぎりの具材

 

これも取り上げるまでもないでしょうが、

おにぎりの具材としても使われています。

 

私はコンビニ等でおにぎりを買うとき

ツナマヨとかタラコなどを

真っ先に探してしまいます。

 

そのうちの一つをおかかに代えるだけで

栄養価の高い食事に変身してくれますね。

 

なぜ今まで気が付かなかったのかと

反省しています。

 

でも「わかっちゃいるけどやめられない」

んだろうな。

 

 

12月24日は何の日?まとめ

 

12月24日(毎月24日)は

「削り節の日」。

 

ということで削り節について

取り上げてきました。

 

削り節には、栄養の観点から見ても

味の観点から見ても魅力的な食材ですね。

 

「削り節の日」をきっかけに、

「削り節」の魅力と新しいレシピが

増えてくれたら幸いです。

 

スポンサーリンク