12月24日は何の日?【削り節の日】

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

美味しさを引き立てる記念日があります。

 

今回はそういう記念日です。

 

例え主役にならなくても

決して腐らずに引き立て役として

無くてはならない存在として

料理を支えてくれています。

 

私もそんな存在でありたいです。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月24日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月24日は何の日かというと

削り節の日」。

 

12月24日といえば「クリスマスイブ」。

 

しかし、あえてクリスマスイブの話題は

避けました。

 

和食を支える「削り節」。

 

そこで、「削り節の日」が制定された経緯と、

削り節について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

「削り節の日」が制定された経緯

 

「削り節の日」を制定したのは

東京鰹節類卸協同組合」。

 

「削り節」とはやはり「鰹節」のことでしたか。

 

削り節といえばマグロやサバ、イワシなどが

ありますが、やはり圧倒的に鰹節が主流ですね。

 

そんな鰹を熱して乾燥させて削ってだしを取る

なんて、今でこそ当たり前ですが、

初めてこれをやった人はすごいですよね。

 

鰹節の前段階を見たことがある人も多いと

思いますが、あのカチンコチンに固める

という発想もすごいと思いますが、

これをダシに使うという発想もすごいですね。

 

話はそれましたが、実は

「毎月24日」が「削り節の日」

 

「ぶ(2)し(4)」の語呂合わせによって

毎月24日を「削り節の日」と制定されました。

 

制定された目的はわかりませんが、

おそらく「削り節」を世間に認知・普及

させることを目的としていると思います。

 

まあ知らない人はいないというぐらいに普及して

いるので、目的は達成されたと思います。

 

 

削り節について

 

 

1.栄養

 

鰹節でとったダシは栄養価が高いです。

 

下の記事

【10月28日は何の日?豆知識】今日は「おだしの日」おだしの魅力

にあるように、

ナイアシン」による生活習慣病や認知症の

予防効果や、冷え性や肩こりの改善効果、

ヒスチジン」による脂肪燃焼効果、

ペプチド」による疲労回復や集中力向上効果が

期待できます。

 

また、塩分の過剰摂取を抑えたり、

食材本来の旨味を引き出してくれる「鰹節」。

 

改めて鰹節のすごさがわかりますよね。

 

 

2.鰹節の使い方

 

① ご飯に乗っけて食べる

 

私だけかもしれませんが、ちょっと驚いたのは

ご飯に乗っけて食べる」ということです。

 

毎回ブログを書くときに「どんなイラスト・

写真がいいかな」と考えながら選びます。

 

そしたら「ご飯の上に鰹節が乗っている」

ではありませんか。

 

ちょっとビックリしましたが、

これをやっている人が意外と多いですね。

 

ただ、よく考えてみると、おにぎりには

普通に入っていることを考えると、

ご飯に乗っけて食べるのも

不思議ではありませんよね。

 

また、納豆やオクラに和えたりl

ネギと一緒にご飯にかけたり、

長芋と納豆に和えたりなど

ご飯に乗せるだけでいろんなレシピに変身

してくれます。

 

ご飯に鰹節を乗っけてマヨネーズをかけて

食べている人もいましたね。

 

これらは簡単な上に、栄養価も高いので

朝ごはんにはもってこいじゃないでしょうか。

 

個人的には朝ごはんはTKG(卵かけご飯)か

納豆ご飯ぐらいしか思いつかなかったので、

私のレシピを増やしてくれました。

 

 

② 粉物にかける

 

取り上げるまでもないかもしれませんが、

たこ焼きやお好み焼きなどの粉物にも

鰹節がつかわれています。

 

まあ当たり前の光景ですが、

鰹節が粉物の美味しさを引き出している

と言っても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

「毎月24日」は「削り節の日」。

 

削り節には味の観点から見ても、

栄養の観点から見ても魅力的な食材ですね。

 

このひをきっかけに、「削り節」の魅力と

新しいレシピが増えてくれたら幸いです。


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村