【12月23日は何の日】豆知識】~「テレホンカードの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月23日は何の日かというと

テレホンカードの日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

テレホンカード

って懐かしくないですか?

 

私のような中年以上の方には

懐かしさを感じていただけるはず。

 

 

しかし、今の若い人はテレホンカードを

見たこともないかもしれません。

 

というか、公衆電話を使ったことすら

ないのかもしれません。

 

決して新しいものではないテレホンカード

ですが、

「キャッシュレス決済」の

先駆的存在

と言えるのかもしれません。

 

今にして思えばテレホンカードは

まさに時代を先取りしたもの?

 

 

それはさておき、テレホンカードとともに

公衆電話も少なくなりましたね。

 

 

しかし、そんな公衆電話を必要としている人

はまだまだ多いのも事実。

 

電話ボックスには「積雪寒冷地用」

の桃のあります。

 

また、使い道がなさそうなテレホンカード

ですが、「固定電話の通話料金の支払い」

に使うことができます。

 

 

そんなテレホンカードや公衆電話について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「テレホンカードの日」が

制定された経緯と、公衆電話について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「テレホンカードの日」が制定された経緯

 

「テレホンカードの日」を制定したのは

もちろん

NTT

さん。

 

電電公社(民営化する前のNTT)が

東京の数寄屋橋公園に初めて

テレホンカードが使える

公衆電話を設置

したのが

1982年(昭和57年)

12月23日

 

それまでは10円玉を何枚も握りしめながら

電話をしなければなりませんでした。

 

10円で3分間の通話でしたね。

 

100円でも通話ができましたが、

おつりが出てこないので

子供の頃の私にとってはもったいない。

 

30分も通話するわけじゃないですし。

近くのお店で両替したのを覚えています。

 

そんな公衆電話でしたが

テレホンカードが使えるようになってからは

便利になりましたね。

 

50回の通話で500円と

金額自体は同じ。

 

しかし、10円玉に両替することや、

10円玉を何枚か持っておくという

手間が省けたのが良かったですね。

 

何よりも「あと何秒通話ができる?」

という心配がほぼなくなりました。

 

まあ電話を切った瞬間に「残り回数」が

減って悔しがったのは私だけではないはず!

 

そんな公衆電話ですが、

現在では携帯電話の普及とともに

減少の一途をたどっていますね。

 

これも時代の流れでしょうか。

 

しかし、今でも公衆電話を

使っている人もいるし、

いざというときには

ないと困りますよね。

 

災害が多い昨今。

公衆電話はやはり必要ですね。

 

そんなテレホンカードと公衆電話について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②公衆電話について

 

 

豆知識②-1.公衆電話の利用者

 

屋外の公衆電話は減少傾向であるものの、

公共施設や病院ではまだまだ健在。

 

私が入院していたとき、

よく公衆電話を利用している

おじいちゃんがいました。

 

どこの誰にかけているのかはわかりませんが

普通の声でしゃべったり猫なで声になったり

と忙しい人でしたね。

 

まあ普通の声のときはお子さんや友人に、

猫なで声のときはお孫さんにでも

電話をしているんでしょうけど。

 

高齢者は携帯電話を

もっていない人が多い

 

入院患者は高齢者が多かったんで

公衆電話が利用されていたんですね。

 

これからは携帯電話を持たない人も

減っていくんでしょうけど、

逆に必要がないといって携帯電話を

やめる人も出てくるかもしれませんね。

 

スマートホンは高額ですからね。

もう少し、いや、

かなり値引いてほしいですね。

 

そうなると公衆電話はまだまだ必要で

テレホンカードもまだまだ必要だと

いうことになりますね。

 

 

豆知識②-2.積雪寒冷地の公衆電話

 

 

図-1

 

 

 

図-2

 

 

 

まずは図-1の電話ボックスと

図-2の電話ボックスを見てください。

 

図-1は積雪がない地域、

図-2が積雪寒冷地仕様で使われている

電話ボックス。

 

違いが判りますか?

って形は全然違いますが。

 

よく見ると、

図-2の電話ボックスは

コンクリートの上に乗っている

のがわかります。

 

これは積雪に対応するため。

 

コンクリートがの上に電話ボックスがないと

雪が積もった場合、いざという時に

電話ボックスを開けることが

できませんよね。

 

そこで、電話ボックスを高くすることにより

多少雪が積もっても

電話ボックスの開閉ができますよね。

 

写真の場合は積雪がそれほど多くない地域

の電話ボックスであると考えられます。

 

積雪の多い地域になると

何段かの階段がつくぐらい

高いコンクリートに乗っている

ものもあります。

 

 

テレホンカードとは関係ありませんが

ちょっとした豆知識です。

(北海道では当たり前か・・・)

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.テレホンカードの使い道

 

家の中を整理したらテレホンカードが

ごっそり出てきたという経験は

ありませんか?

 

今は携帯電話があるので

テレホンカードの使い道に

困ってしまいますよね。

 

そんなテレホンカードですが

使い道があります。

 

もちろん中古屋に売ったり

オークションに出すという方法もあります。

 

しかし、

未使用のテレホンカードならば

固定電話の通話料金の支払いに

使うことができます

 

ただし、手数料として50円かかること、

基本料金の支払いには使えず、あくまでも

通話料金の支払いにのみ使えるということ

事前に申し込まなければならないこと

という条件があります。

 

かなり面倒ですね。

 

ただ、テレホンカードを処分する方法を

知っておけば何かと得をすることが

あるかもしれませんね。

 

まあ今では固定電話を置いていない家庭も

増えていますが。

 

ただ、テレホンカードにプレミアがついて

高額で売れるかもしれないので

取っておいた方がいいのかもしれませんね。

 

 

12月23日は何の日?まとめ

 

12月23日は「テレホンカードの日」。

 

というわけで、現在減りつつある

テレホンカードと公衆電話について

取り上げてきました。

 

まだまだ公衆電話を使っている人もいますし

非常時のために必要だと感じています。

 

ただ、公衆電話を使っている人も少なく、

過去のもの?になりつつあります。

 

この記事を読んだ方が

「懐かしいなあ」と思ってくれたら

幸いです。

スポンサーリンク