【12月23日は何の日】豆知識~「国産小ねぎ消費拡大の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月23日は何の日かというと

国産小ねぎ消費拡大の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

小ねぎ

は好きですか?

 

私は下記の記事

 

【11月23日は何の日】豆知識~今日は「小ねぎの日」小ねぎの雑学

 

にあるように、子供の頃はあまり好きでは

ありませんでしたが、

大人になってから好きになりました。

 

小ねぎの苦味が快感に!

 

軸に弾力がある

根っこの上がふっくらしている

白と緑の境目がはっきりしている

ねぎが良いねぎ。

 

また、ねぎは冷蔵庫や冷凍庫で

保存できます。

 

小ねぎやねぎは緑黄色野菜なので

栄養が豊富。

 

そんな小ねぎやねぎに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「国産小ねぎ消費拡大の日」

が制定された経緯と

ねぎの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「国産小ねぎ消費拡大の日」が制定された経緯

 

「国産小ねぎ消費拡大の日」を制定したのは

小ねぎ主産県協議会

 

あれ、下記の記事

 

【11月23日は何の日】豆知識~今日は「小ねぎの日」小ねぎの雑学

 

と同じで小ねぎ主産県協議会なんですね。

 

小ねぎ主産県協議会は記事にあるように

宮城県、高知県、大分県、福岡県、佐賀県の

全国農業協同組合連合会

県支部で構成

されている団体。

 

国産小ねぎをより多くの人に

食べてもらいたいとの思いで制定された

「国産小ねぎ消費拡大の日」。

 

「小ねぎの日」は

勤労感謝の日

である11月23日。

 

これにちなんで毎月23日が

「国産小ねぎ消費拡大の日」

に選ばれました。

 

やっぱり「小ねぎの日」が

絡んでいたんですね。

 

 

さて、上記のブログでも

小ねぎを取り上げています。

 

今回はねぎについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

ねぎの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②小ねぎの雑学

 

 

豆知識②-1.ねぎの選び方

 

 

1.軸に弾力がある

 

ねぎの先端部分を押したときに

弾力がある

ものは芯がしっかりしている証拠。

 

また、ねぎは巻いた構造になっていますが、

その

巻きがしっかりしているもの

重みがあって弾力があるもの

が新鮮なねぎです。

 

軽かったり柔らかいものは

古くて中身が乾燥していたり

スカスカしています。

 

たとえ買い物のにもっつが重くなっても

どうせなら新鮮なものを食べたいですよね。

 

 

2.根っこの上がふっくらしている

 

ねぎが養分を溜める部分は

根っこの部分。

 

よって、

栄養があるねぎは根っこの上が

ふっくらしていて

「らっきょう」のような形

をしています。

 

また、根っこの上がふっくらしているものは

辛みが少ないので子供でも食べやすい。

 

根っこの上がらっきょうのような形のものを

選ぶようにしてください。

 

 

3.白と緑の境目がはっきりしている

 

白ネギは白い部分を食べることが多く、

青い部分は薬味に使ったりダシをとる等

二次的な使い方が多いですね。

 

ですので白い部分が長いものの方が

食べる部分が大きくなりますね。

 

また、

白い部分はより白く、緑色との

境目がくっきり分かれている

もの、厚みがあるもの

が良いねぎです。

 

 

豆知識②-2.ねぎの保存方法

 

 

 1.冷蔵庫で保存

 

ねぎってにおいが気になるもの。

特に切ったらなおさらの事。

 

その場合は

ップでびったりと包み、

密閉容器に入れて野菜室で保存

するのが良いでしょう。

 

これでにおうことはもなく

良い状態で保存ができます。

 

 

2.冷凍庫で保存

 

まずは洗った上で水っ気を拭き、

小さく切って密閉容器に入れます。

 

この時に空気を抜いて

ジッパーをきちんと締めることが

重要です。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-3.ワケギとアサツキ

 

ワケギとアサツキはねぎの仲間で

共に緑黄色野菜。

 

ワケギはねぎと玉ねぎの雑種で、

根元からよく枝分かれすることから

「分け葱(わけぎ)」と呼ばれています。

 

柔らかくて甘みがあるのが特徴です。

 

 

また、アサツキはワケギよりも細長く、

ねぎの近親種で辛みがあるため

薬味として使われることが多いです。

 

 

豆知識②-4.ねぎの栄養

 

小ねぎの栄養は記事

 

【11月23日は何の日】豆知識~今日は「小ねぎの日」小ねぎの雑学

 

のとおり、

ビタミンA、ビタミンC、カルシウム等が

含まれています。

 

 

それに対してねぎの緑の部分には

βーカロテン、ビタミンC

が豊富に含まれています。

 

 

また、白い部分には

硫化アリル

という香り成分は食欲を増進させ、

消化液の分泌を促進する効果が

期待できます。

 

さらにビタミンB1の吸収を促進し、

疲労回効果が期待できます。

 

また、体温ーを温めるやることで

殺菌、抗菌作用や血行の促進作用が

期待できます。

 

硫化アリルは

聞いたことがなかったのですが

素晴らしい栄養や効能を持っていましたね。

 

 

12月23日は何の日?まとめ

 

12月23日は

「国産小ねぎ消費拡大の日」。

 

ということで、

ねぎの豆知識について取り上げてきました。

 

やはりねぎには豊富な栄養が含まれていて

子どもに「食べなさい」というのは

当たり前でしたね。

 

ねぎには食べる部分と薬味の部分があり

実は一石二鳥ではありませんか。

 

「国産小ねぎ消費拡大の日」をきっかけに 

ねぎを使ったレシピを増やして

食べる機会を多くしていただけたら

幸いです。

 

 

スポンサーリンク