【12月20日は何の日】豆知識~今日は「ブリの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月20日は何の日かというと

ブリの日」。

スポンサーリンク




あなたは

ブリ

が好きですか?

 

私はとても大好きで、

生でも熱を通しても食べています。

 

ブリは刺身やお寿司にすると

とても美味しい。

 

また、ブリの照り焼きやブリ大根

なんかも美味しい。

 

特に今が

旬の時期の真っ只中であるブリ。

 

ブリは出世魚。

ハマチはブリの稚魚なんですね。

 

またブリにはDHAやEPAをはじめ

ビタミンやミネラル、タウリンと

豊富な栄養を含んでいます。

 

そんなブリについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「ブリの日」が制定された経緯と、

ブリの雑学について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「ブリの日」が制定された経緯

 

「ブリの日」は

FM長野が番組中に提唱

した記念日。

 

まあ「FM長野」が制定した

とも言えますね。

 

長野といえば海のないところ。

 

なんで長野なんだろうと

なんだか不思議だなと思いました。

 

 

「ブリ」という字は「魚」へんに「師」

を組み合わせて「鰤」(ブリ)と書きます。

 

つまりブリは「魚」の「師走」、

12月が旬の魚ということですね。

 

それと「2(ブ)0(リ)」

の語呂合わせによって

12月20日が「ブリの日」

に選ばれました。

 

「0」の「リ」は「リング」でしょうか。

ちょっと苦しいですね。

 

語呂合わせによって制定された記念日ですが

「ブリの日」が制定された目的は

わかりませんでした。

 

私が制定するなら

「今が旬であるブリの美味しさを

より多くの人に知ってもらい

食べてもらいたい」

とこんな感じでしょうか。

 

 

さて、そんなブリですが、

いろんな食べ方ができて美味しいですね。

 

ただ、ブリについて

知らないことも多いですね。

 

今回はそんなブリについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、ブリの雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②ブリの雑学

 

 

豆知識②-1.ブリは「出世魚」

 

知っている方も多いとは思いますが、

知らない人も少なくないかもしれませんが

「ブリ」は出世魚。

 

出世魚とは成長するにしたがって

呼び名が変わる魚。

 

 

スズキ目アジ亜目アジ科ブリ属

の魚である「ブリ」。

 

ブリは成長するにつれて

「ワカシ」→「イナダ」→

「ワラサ」→「ブリ」

と呼び名が変わっていきます。

 

関西では「イナダ」を「ハマチ」と

呼んでいます。

 

つまり、

「ブリ」と「ハマチ」は同じ魚

 

この辺りは地域によって呼び名が変わる

そうですが、一つ言えることは

ブリの稚魚がハマチ

ということになりますね。

 

 

ただ、「回転寿司」では

違う分類の仕方をしています。

 

回転寿司では

養殖のブリを「ハマチ」、

天然のブリを「ブリ」

と呼んでいます。

 

つまり出世魚という扱いではなく

ハマチもブリもブリということになります。

 

ブリが天然ものか養殖ものかで

使い分けられています。

 

だから回転寿司では「ハマチ」が

定番なんですね。

 

養殖になると運動不足になるうえ

エサを食べる量は変わらないため

良く言うと「脂がのっている」

のが特徴です。

 

人間の「食っちゃ寝」と同じですね。

(ちょっと違うかな)

 

中トロ、大トロが人気のこの昨今、

脂がのっている方が好まれる傾向にあるので

ハマチの人気も頷けます。

 

ただ、人間であるあなたは脂をのせちゃ

ダメですよ(笑)。

 

 

ちなみにハマチよく似た魚で「カンパチ」

という魚がいますね。

 

カンパチはブリと同じ

スズキ目アジ亜目アジ科ブリ属

ではあるものの、違う種類の魚

ということになります。

 

カンパチは目と目の間が「八」に

見えることから「カンパチ」

と呼ばれています。

 

また、旬の時期も初夏あたりになり

ブリとは時期がズレますね。

 

要するに

ハマチとブリは同じ魚、

カンパチは違う

ということになります。

 

一応知っておいたほうが良いと思います。

(みんな知っている?)

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-2.ブリの栄養・効能

 

 

1.不飽和脂肪酸「DHA」、「EPA」

 

ブリには「DHA」と「EPA」が

豊富に低まれています。

 

魚にはおなじみの成分ですね。

とくに青魚に多く含まれています。

 

「DHA」は下記の記事

 

【6月22日】今日は何の日?豆知識「DHAの日」効率的な摂取法

 

にあるように脳に多く存在し

学習能力や記憶力の向上効果

が期待できます。

 

「魚を食べると頭が良くなる」

と言われるゆえんですね。

 

ただ、学習能力や記憶力が上がっても

ちゃんと勉強しないと成績は上がりませんよ

念のため。

 

 

「EPA」は下記の記事

 

【3月30日は何の日?豆知識!】「EPAの日」働きや多く含む食べ物

 

にあるように、悪玉菌や中性脂肪を減らし

善玉コレステロールを増やすことで

血液をサラサラにする効果

が期待できます。

 

血液がサラサラになれば

高血圧や動脈硬化の予防につながり、

脳卒中、心筋梗塞などの予防効果が

期待できます。

 

 

私は好き嫌いがほとんどありませんが

魚が嫌いな子供も少なくありません。

 

骨があったり食べにくかったり等で

子供が嫌がる傾向が見られますが、

子供には特に摂ってもらいたい成分ですね。

 

もちろん大人にとっても

重要な成分です。

 

 

2.ビタミン

 

ブリにはビタミンB12とビタミンD

ナイアシンが豊富に含まれています。

 

下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

ビタミンB12は糖質や脂質の代謝の

促進効果が期待できます。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を補助し

骨粗しょう症の予防効果が期待できます。

 

ナイアシンはアセトアルデヒドの分解

を促進し、二日酔いの解消効果が

期待できます。

 

 

3.ミネラル

 

ブリには鉄分、セレン、モリブデン等の

ミネラルも豊富に含まれています。

 

下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

鉄分は貧血予防効果が期待できます。

 

セレンは抗酸化作用による抗がん作用

が期待できます。

 

モリブデンは

タンパク質や鉄等を代謝させる働き

が期待できます。

 

 

4.タウリン

 

ブリにはタウリンも豊富に含まれています。

 

タウリンは動脈硬化予防や眼精疲労の解消、

肝機能の向上効果が期待できます。

 

 

このように、ブリには栄養素が

たっぷり含まれているんですね。

 

 

12月20日は何の日?まとめ

 

12月20日は「ブリの日」。

 

ということで、ブリの豆知識について

取り上げてきました。

 

その中でブリとハマチ、カンパチの違いや

ブリの効能について取り上げてきました。

 

ブリとハマチは同じ魚、カンパチは違う魚

ということになります。

 

また、英要素も魚特有の栄養が

豊富に含まれています。

 

「ブリの日」をきっかけに

回転寿司でハマチ(ブリ)を

食べてみませんか。

 

 

 

スポンサーリンク