12月18日は何の日?【米の日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

毎日食卓に並んでいるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

私の場合はどんなに眠たくても

毎朝欠かすことはありません。

 

あっ、パンのときもあるか・・・。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月18日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月18日は何の日かというと

米の日

 

皆さんは「」は好きですか?

 

もちろん「白米」のことです。

私はほぼ毎朝食べているし、1日1回は

ご飯を食べています。

 

糖質とかいろんなことを言われていますが、

私は毎日食べています。

 

そんな米について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【米の日】が制定された経緯と、

米の豆知識ついて取り上げていきます。

 

 

豆知識①【米の日】が制定された経緯

 

【米の日】を制定したのは

岩手県農政部農産物流通課

 

岩手県でしたか、

てっきり米どころである新潟あたりだと

思っていたんですけどね。

 

「米」という字を「八十八」を分解したもの

ということから「毎月8,18,28日」が

【米の日】に選ばれました。

 

「えっ、そんなにあるの?」と思われた方も

いるかもしれませんが、

主食で食べられることも多いので

これでよいのかもしれません。

 

お米を作るためには88の手間がかかる

といわれていますしね。

 

ただ、【米の日】を制定した目的は

はっきりとはわかりませんでした。

 

私が考えるならば

「主食である米を作っている農家及び

関係者に感謝をしながら食べてほしい」

当たりでしょうか。

 

米以外のものが増えたり糖質制限ダイエット

等で米の消費量が減っているのが現状です。

 

そんな米に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

米の豆知識について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②米の豆知識

 

 

豆知識②-1.糖質制限ダイエットの危険性

 

米には炭水化物が含まれています。

糖質と食物繊維ですね。

 

さて、糖質制限ダイエットって

流行っていますよね。

 

確かに糖質の摂り過ぎはよくありませんが、

糖質を「制限する」ことと

糖質を「全く摂らない」とでは

意味が変わってきます。

 

 

今流行っているのは後者の方。

糖質を全く摂らないか、減らし過ぎている

傾向にあります。

 

糖質は人間の体に必要な栄養素。

「三大栄養素」と言われていますからね。

 

糖質を摂らないことで筋肉を減らします。

そうなると代謝が減り、

痩せにくく太りやすい体になります。

 

いわゆる「リバウンドしやすい体」に

なってしまいます。

 

米の炭水化物には食物繊維が豊富に

含まれており、これが不足すると

食物繊維不足になりやすくなります。

 

ただ、糖質が代謝しにくい体質の方が

いらっしゃるのも事実。

 

できればその体質を把握していただき、

1日にどのぐらい糖質を撮ったら良いか

専門医等に相談した方が良いですね。

 

なお、ラジオで医者が

「糖尿病の方の9割は

歯磨きをちゃんとやれば治る」と

言っていました。

 

「ほんまかいな?」と思うような話ですが、

騙されたと思って試してみては

いかがでしょうか。

 

話はズレましたが、糖質をうまく「制限」

した上でダイエットを行なってください。

 

 

豆知識②-2.ご飯が持つ力

 

ご飯に含まれる栄養素は炭水化物の他に

タンパク質、ビタミンB1、カルシウム、

カルシウムや食物繊維等が含まれています。

 

主成分は炭水化物ですが、タンパク質や

脂質よりも燃えやすく、エネルギーに

変わるのも早いです。

 

また、消化・吸収が緩やかなことも

特徴の一つ。

 

これにより「肥満のホルモン」といわれる

「インスリン」の分泌を促しにくいことから

腹持ちが良く太りにくくやなります。

 

また、ご飯は塩分やコレステロールを

含んでいないため、体に優しい食べ物

と言えますね。

 

また、米を食べることで脳の活性化に

繋がることが期待できます。

 

 

さて、ご飯が嫌いな人はともかく、

ご飯って何にでも合いますよね、

 

和食だろうが洋食だろうが中華だろうが。

糖質を制限しなければならない人はともかく

米は万能食だと思っています。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.米袋の保管は✖

 

うちには「米びつ」がありますが、

よく米を「袋のまま」保存している家庭

がありますよね。

 

袋の口を固く縛っただけとか。

 

そもそもあの「米袋」には密閉性が

ありません。

 

ですので、いくら口を固く縛ったとしても

外気が入り込んでしまいます。

 

ですので湿気が入ったり、酸化したりと

米の品質が落ちてしまいます。

 

美味しい米を食べたかったら

米びつ等に入れて、なるべくなら冷暗所に

保管するのがベストですね。

 

 

豆知識②-4.朝食にはご飯を

 

「朝ごはんを食べない」という人も

少なくありません。

 

人間は寝ている間も汗をかき、

エネルギーを消費しています。

 

そうなると、朝ごはんを抜くと

エネルギー不足になってしまいます。

 

集中力が落ちたり頭の回転が悪くなったり

疲労感を感じたりしてしまいます。

 

例えば夕ご飯を19:00に食べたとして、

朝ごはんを抜いたとしたら、次の食事は

12:00頃!

 

17時間も空いてしまいます

エネルギー不足になるのは当然ですよね。

 

なので、たとえ眠たくても朝ごはんを

食べることを強くお勧めします。

 

そして、食べるとしたら米がいいですね。

 

脳が活性化したりエネルギーに変わるのが

早かったりします。

 

あと、パンと違って腹持ちが良いのも

利点の一つですね。

 

 

12月18日は何の日?まとめ

 

12月18日は【米の日】。

 

ということで、

米の豆知識について取り上げてきました。

 

糖質を制限しなければならないような体質

の人はともかく、米は栄養の面でも

優れたものだと思っています。

 

糖質制限している方でもうまく制限すれば

食べられないことはないと思います。

 

【米の日】をきっかけに

米の良さを見直してみませんか。

 

スポンサーリンク