【12月16日は何の日】豆知識~今日は「電話創業の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月16日は何の日かというと

電話創業の日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

一口に

電話

と言っても様々なものがあります。

 

固定電話(家電)、携帯電話(ガラケー)

スマートフォン、公衆電話等。

 

固定電話も最初はダイヤル式の

黒電話でしたね。

 

ちなみに私が通っている床屋さんでは

黒電話は今だに健在です。

 

それからプッシュホン式になり、

コードレスホンが

登場するようになりました。

 

 

電話も時代とともに進化しており

現在でも各社が競うように

新機種を売り出しています。

 

もはや「ついていけない」

「新機種でなくても十分」

という人も多いのかもしれません。

 

私も若い頃は新機種が出るたびに

買っていましたが、今では

「いかにして長く使うか」ということに

力を注いでいます。

 

あまりに高額になりすぎて・・・。

 

そんな電話の移り変わりについて

思い出してみようと思いました。

 

そこで、「電話創業の日」のデータと

私が使ってきた電話の移り変わりについて

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「電話創業の日」のデータ

 

日本で初めて電話創事業が始まった日は

1890年(明治23年)

12月16日

 

これにちなんで12月16日が

「電話創業の日」に選ばれました。

 

当時の東京市内と横浜市内、そして

東京と横浜を結ぶ回線を設置して

電話事業が始まりました。

 

当時の加入者数は東京が155件、

横浜が44件ということで、

現在とは人口の規模こそ違いますが

ほんの一握りの人しか使えなかったのが

わかりますね。

 

まあどんなものでもできたては

大都市から試験的に始まりますよね。

 

ちなみに

日本で最初の電話は

1877年(明治10年)の

政府内で試験的に設置したのが

最初

 

ということは試験開始から

事業開始まで13年も

要したことになりますね。

 

それだけ電話創業に持っていくのが

難しかったんでしょうね。

 

現在と違って連絡をしたくても

手段がないのでいろんなことで

苦労したんだなと思います。

 

ただ、考えようによっては

仕事をサボっていてもバレないですよね。

あっ、私はサボっていませんよ

念のため。

 

今ではほとんどの人が

スマートフォンやガラケーを持っているので

どこに行っても連絡はつきますよね。

 

一方で、サボりにくくはなりましたけど。

あっ、私はサボっていませんよ(笑)。

 

ともあれ、電話の普及・発展により

便利になった一方で

弊害も出てきているのも現実です。

 

そんな中、電話の移り変わりについて

振り返ってみました。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②電話の移り変わり

 

 

1.ダイヤル式電話機(黒電話)

 

上のイラストを見てください。

 

私が物心がついたときに我が家にあった

電話機。

 

真ん中のダイヤルを

「ジーコ、ジーコ」

回して電話番号を入力

して相手に電話していました。

 

中高年以上の方は「懐かしい」と

思ってくれるのでしょうが、

平成生まれの若者は

見たこともないかもしれません。

 

当然古い電話ではありましたが、

現在の電話よりもすぐれていた点が

一つだけあったんです。

 

それは

「コンセントを繋がなくても通話ができる」

こと。

 

いわゆる

エコ

というやつですね。

 

我が家ではこの電話は昭和の終わり頃まで

活躍していましたね。

 

 

そんな中、今でも私の行きつけの床屋さんで

現役として動いています。

 

まあ受ける専門で使っているようですけど。

 

絶滅したと思われた黒電話も

使っている人もいるんですね。

 

今では停電になったら電話も使えなくなる

ので黒電話が一つあってら便利かも。

 

今でも中古屋などに行ったら

打っているかもしれませんよ。

 

 

2.子機が付いた電話

昭和の終わりごろに黒電話と

別れを迎えます。

 

そんな時、上ののイラストのような電話が

我が家にやってきました。

 

左が「親機」で右が「子機」なのですが

親機は実際に使っていたものとは

形が違いますが、

子機はこんな形をしていました。

 

これで一番驚いたのは

コードレスで電話ができる

ということでした。

 

これは衝撃的でしたね。

 

また、親機と子機で通話ができるのも

驚きでしたね。

 

まあ内線機能を使ったのは最初だけ。

 

物珍しさで使っていましたが、

直接話しした方が早いですからね。

 

豪邸に住んでいたわけじゃないし。

 

 

それはさておき、私も年ごろでしたから

両親に電話での会話を聞かれたく

ないわけです。

 

そんなときにコードレスの電話が

我が家にやってきて

大喜びしたのを覚えています。

 

今でもナンバーディスプレイ機能が付いたり

特殊詐欺対策付きの電話が現れたりして

家電も進化し続けていますね。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

3.携帯電話

 

2の電話が我が家に来てから

10年位でしょうか。

 

その前に

PHS

というのが流行りました。

 

PHSとは携帯電話の前身みたいなもので

携帯電話より安く手に入ったので学生の間

では流行っていましたね。

 

ただ、最大の弱点が!それは

建物の中では通話ができない

というシロモノ

でした。

 

 

現在の大学生はスマートホンを

持っているのでしょうが、

私が社会人になりたての頃は

PHSや携帯電話を持っている人は

半分ぐらいだったでしょうか。

 

私は携帯電話を持つのが遅かったので

PHSを持たずにいきなり携帯電話を

持ちました。

 

そんな中、初めて携帯電話を持ったときの

あの感動。

 

形態を持ち始めた頃なんて

そうかかってくるはずもない。

 

そんな電話を眺めながら、

家電で携帯電話を使う練習をした

のを覚えています。

 

今の若者には味わえない感動

ではないでしょうか。

 

今では「スマートホン」

の時代になりましたね。

 

ガラケーよりもはるかに便利になりましたが

いかんせん通話料も端末代も高すぎる!

 

スマートフォンは下手すれば

ノートパソコンよりも高いですからね。

 

スマートフォンも普及してきたので

もっともっと安くなってほしいですね。

 

 

ともあれ、こうしてみると電話って

著しく進化を遂げたものの一つ

なのではないでしょうか。

 

 

12月16日は何の日?まとめ

 

12月16日は「電話創業の日」。

 

ということで、電話の移り変わりについて

取り上げてきました。

 

黒電話等「懐かしい」と思われた方も

いると思います。

 

かたや「見たこともない」

という若者もいると思います。

 

ともあれ「電話創業の日」をきっかけに

古い電話を懐かしみつつ、

電話による便利さをかみしめていただけたら

幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク