12月12日は何の日?今日は「明太子の日」

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

美味しいけれど食べすぎ注意なものの

記念日もあります。

 

 

今回はそういう記念日です。

 

まあすべてにおいて食べ過ぎはいけませんが

食べ過ぎたら激痛に襲われる恐れが

あります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで12月12日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで12月12日は何の日かというと

明太子の日」。

 

ご飯のお供の一つである「明太子」。

 

私は明太子が好きで、

1本あればご飯1杯いけます(笑)。

(ちょっと盛り過ぎたか・・・)

 

私の周辺では「明太子は嫌い」

と言う人はいませんが

皆さんはいかがですか?

 

明太子は美味しいですが

体に与える影響が気になる

という人もいると思います。

 

そんな明太子に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「明太子の日」が制定された経緯と

明太子の豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「明太子の日」が制定された経緯

 

今回の「明太子の日」の前に

もう一つ「明太子の日」があります。

 

詳細には触れませんが

福岡県の食品会社として有名な

株式会社ふくや」さんによって

1月10日が「明太子の日」として

制定しています。

 

 

今回取り上げる12月12日の

「明太子の日」を制定したのは

前田海産株式会社」さん。

 

前田海産は山口県下関市にある

明太子の専門業者さん。

 

1914年12月12日に「関門日日新聞」

によって初めて「明太子」という名前が

使われました。

 

これにちなんで12月12日が

「明太子の日」に選ばれました。

 

根拠となる由来はこちらのほうが

古いですね。

なんせ100年以上も前に話ですから。

 

今や全国津々浦々に明太子が広まっていて

スーパーでも簡単に

手に入れることができます。

 

そういう意味では「明太子の日」の

意義もあったのではないかと思います。

 

 

さて、かなり身近になった明太子ですが、

明太子はスケソウダラの卵。

いわゆる魚卵ですね。

 

私は魚卵全般好きですが、

明太子が一番好きですね。

 

そんな明太子について

迫っていきたいと思いました。

 

ということで明太子の豆知識について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②明太子の豆知識

 

上記の通り明太子は

「スケソウダラの卵」。

いわゆる「魚卵」ですね。

 

それゆえ良くも悪くも

体に与える効果も多いです。

 

そのことについて取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.明太子の栄養・効果

 

 

1.ビタミン

 

明太子にはビタミンが豊富で

9種類ものビタミン類が含まれています

 

視力低下、ドライアイ、眼精疲労予防等に

効果が期待されるビタミンA。

 

疲労回復、風邪の予防、集中力を高める

等の効果が期待できるビタミンB1。

 

皮膚や粘膜を保護し、かつ

健康な髪や肌、爪を再生する等の効果が

期待できるビタミンB2。

 

貧血防止等の効果が期待できる

ビタミンB6。

 

血行を促進し、

肩こりや腰痛に効果が期待できる

ビタミンB12。

 

コラーゲンの生成に使われ、

シミやシワ、ニキビ対策など美肌効果が

期待できる女性にはうれしいビタミンC。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などの

アレルギーの対策効果等免疫力の向上が

期待できるビタミンD。

 

抗酸化作用による活性酸素発生の抑制、

これにより血行促進、ホルモンバランスを

整える等アンチエイジング効果が期待できる

ビタミンE。

 

血液をサラサラにしたり

丈夫な骨の形成効果が期待できる

ビタミンK。

 

以上の9種類のビタミンが

含まれています。

 

明太子にこんなにビタミンが含まれている

というのは意外でしたね。

(私が無知なだけ?)

 

 

2.ミネラル

 

筋肉の増強や向け毛の防止など

男性らしさを作り出す効果が

期待できる亜鉛

 

丈夫な骨の形成やイライラの解消、

高血圧予防の効果が期待できる

カルシウム

 

貧血や頭痛、動機・息切れの改善・予防効果

が期待できる鉄分

 

利尿作用やむくみの解消効果が期待できる

カリウム

 

以上の4種類のミネラルが含まれています。

 

これだけミネラルも含まれていて

有難いですね。

 

 

3.DHA・EPA

 

魚に豊富に含まれると有名な

不飽和脂肪酸であるDHAとEPAが

豊富に含まれています。

 

さすがは魚の卵である明太子。

やはりDHAもEPAも

含まれているんですね。

 

これらは体の中では作れないので

食事によって摂取するしかありません。

 

DHAは学習能力や記憶力を向上させる

効果が期待できます。

 

EPAは血液をサラサラにしたり

血管を丈夫にする効果が期待できます。

 

このDHAとEPAは

善玉コレステロールを増やし

悪玉菌を減らす効果が

期待できます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.明太子を食べすぎることの弊害

 

豆知識②-1を見る限りは

素晴らしい食材と言えます。

 

しかし、何でもそうですが

食べ過ぎることによる弊害も起こります。

 

明太子も例外ではありません。

 

明太子は1日1本程度(20~25g)が

1食分だと言われています。

 

明太子を食べすぎることによる弊害について

取り上げていきます。

 

 

1.塩分

 

あれだけのしょっぱさがあるだけあって

明太子は塩分が高いのが特徴です。

 

明太子1本あたり25g中に1.4g程度の

塩分が含まれています。

かなり多いという印象です。

 

よって食べすぎると高血圧の原因にもなり、

これが動脈硬化や心疾患、脳卒中、腎疾患を

引き起こす恐れがあります。

 

塩分の1日目標取量は

成人男性で8g、女性で7g。

(厚生労働省)

 

そう考えると明太子の塩分は

多いと言わざるを得ません。

 

ただ、「減塩の明太子」も

販売されているようです。

 

それらを踏まえたうえで

食べていただきたいものですね。

 

 

2.プリン体

 

プリン体を含むものを食べすぎると

尿酸値が上がって

痛風になるのは有名な話ですね。

 

痛風を発症すると

痛すぎて歩けなくなります。

 

ちなみに「風が吹くだけで痛い」ことから

「痛風」と呼ばれています。

 

私は痛風ではありませんが、

痛風になった人を見ると超痛そうで

とても見ていられません。

 

痛風がさらに進行すると

痛風結節、尿路結石、慢性腎臓病

を引き起こす場合があります。

 

尿路結石の「激痛」具合は

他の病気と比べても1,2位を争うぐらいの

痛みだそうです。

 

プリン体を含むものって

美味しいものばかり。

 

食べたくなる気持ちはよくわかります。

 

「わかっちゃいるけどやめられない」

というのは人間くさくて好きです。

 

しかし、激痛を伴わない程度で

我慢しておきましょう。

 

 

12月12日は何の日?まとめ

 

12月12日は「明太子の日」。

 

ということで明太子の豆知識について

取り上げてきました。

 

明太子は豊富な栄養を含む

素晴らしい食材です。

 

しあし、食べ過ぎることによって

起こるリスクがあります。

 

明太子は美味しいので

適量を食べることによって

リスクを解消してほしいものですね。

 

「明太子の日」きっかけに

明太子の特徴について理解していただき

激痛にならない程度に食べていただけたら

幸いです。

 

スポンサーリンク