【12月11日は何の日】豆知識~「胃腸の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月11日は何の日かというと

胃腸の日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

なるほど、こんな思いもよらぬ記念日が

あったんですね。

 

よく考えてみたら食べ物の記念日や行事等の

記念日があるならば、体に関する記念日が

あっても不思議ではないですよね。

 

胃腸は消化・吸収をつかさどる

大事な臓器。

 

胃腸が悪い人はまず

食生活による胃腸の改善が求められます。

 

朝食をしっかり食べる

いろんなものを食べる

消化に良いものを食べる

 

この「3つのルール」を「3ヶ月」

続ける「3の法則」を行うことで

胃腸の改善効果が期待されます。

 

そんな胃腸の改善について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「胃腸の日」が制定された経緯と、

食生活による胃腸の改善について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「胃腸の日」が制定された経緯

 

 

「胃腸の日」を制定したのは

日本OTC医薬品協会」。

 

当時は「日本大衆工業協会」でした。

 

OTC医薬品とは、

医師の処方箋がなくても

薬局で買うことができる医薬品

のこと。

 

 

日本OTC医薬品協会が設立された目的は

 

OTC医薬品の正しい使い方を

広くPRする。

 

薬の取扱説明書を

よりわかりやすく

読みやすい表現方法の研究

をする。

 

その他にある様々な

OTC医薬品の課題

を解決する。

 

更には

世界セルフメディケーション協会

をはじめ、

様々な国際的な関係団体との

交流を図る

 

これらの目的を達成するために

様々な活動が行われています。

 

 

この日本OTC医薬品協会が

2002年(平成14年)に制定した

「胃腸の日」。

 

まだ20年足らずと歴史はまだ浅いですね。

 

「12(胃に)11いい)」つまり

「胃にいい」の語呂合わせにより

12月11日が「胃腸の日」に

選ばれました。

 

私は「日本OTC医薬品協会」も

「胃腸の日」も知りませんでした。

 

私が無知なだけかもしれませんが、

知名度としては決して高くはない

のではないでしょうか。

 

 

さて、私達の生活の中でOTC医薬品を

使用する機会もあると思います。

 

ただ、なるべくならOTC医薬品を

使わないで済むような生活を送りたい。

 

つまり、健康に過ごしたい。

そのためには胃腸の状態を健康に保つことも

重要です。

 

今回は「胃腸の日」ということで

食生活による胃腸の改善について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②食生活による胃腸の改善

 

「私は胃腸が弱いからしょうがない」 と

諦めてはいませんか?

 

たしかに日本人は胃腸が弱い人が多い

らしいですね。

(そんな歌を歌っている人がいたような)

 

しかし、「胃腸の状態を整える」効果が

期待できる方法があります。

 

ただ、全ての人の胃腸の改善効果が期待できる

というわけではありません。

 

効果には個人差があります。

(この言葉は使いたくありませんが)

 

しかし、「胃腸の弱さ」を改善するために

試してみる価値はあるのかもしれません。

 

それは

食生活の改善」。

 

食生活は胃腸のみならず、生活習慣病を

予防する上でも重要ですね。

 

たとえ、胃が病む度に薬を飲んで

その場は良くなったとしても

「その場は凌ぎ」という場合が多いですね、

 

根本から見直さないと、薬なしでは

生活できなくなる恐れがあります。

 

また副作用に悩まされまり、

挙句の果てにはその薬が効かなくなる恐れが

あります。

 

薬に頼る前に食生活を改善することで

胃腸の状態を整えることができるかも

しれません。

 

食生活を改善する方法として

以下の方法が考えられます。

 

 

豆知識②-1.朝食をしっかり食べる

 

私の周りでも「胃腸が弱い」という人は

朝食を食べていない人が多いですね。

 

特にこの時期は布団から出たくない、

ギリギリまで寝ていたいという気持ちは

よくわかります。

 

ただ、朝食を抜くと

頭の働きはもちろん、

胃腸の働きも悪くなる恐れがあります。

 

朝食を抜いても良いことなんてありません。

胃腸が弱い人もそうでない人も

朝食だけはしっかり摂ることを

強くオススメします

 

特に

受験生の方々。

受験は朝からあります。

 

朝食を抜いたら

頭の回転が悪くなって

本来持っている力が

発揮できませんよ

 

「まずは朝食を食べる」という習慣を

つけることで胃腸のみならず

体全体の健康を見直す第一に

なるのではない出ようか。

 

 

豆知識②-2.いろんなものを食べる

 

子供の頃はよく

「好き嫌いせずにバランスよく食べなさい」

と怒られるもの

(私は怒られませんでしたが)。

 

しかし、大人になると

注意してくれる人が

いなくなります。

 

そうなると、どうしても自分の好きなもの、

同じものに偏りがちになります。

(耳が痛い?)

 

偏った食事によって

胃腸の働きが悪くなる恐れがあります。

 

そうならないためにも、

いろんなものを食べていろんなものを

消化させ、胃腸にいろんな菌を

作っておきたいですね。

 

良い菌が増えてくれれば

胃腸が病む恐れも減る

効果が期待できます。。

 

 

豆知識②-3.消化に良いものを食べる

 

胃腸が弱い人に限って脂っこいものが

好きだったり消化に悪いものを好んで

食べる傾向にあります。

 

当然といえば当然ですが、

胃腸が弱い人はちょっとした負担で

不調を訴えます。

 

胃腸が弱くなくても脂っこいものを食べると

胃腸に負担がかかってしまいます。

 

なるべく消化に良いものを

食べるようにしてください。

 

消化しやすい料理および食品

(参考:国立がん情報センター)

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-4.3の法則

 

胃腸を改善するには

3の法則

があります。

 

まずは

豆知識②-1~3の3点を

「3日間」

続けてみてください。

 

そしたらさらに3日間続いていくと

1週間は簡単に経過していきます。

 

この調子で

3週間

を目指していきます。

 

さらにその調子で

3ヶ月間

続けた時には豆知識②-1~3の3点

について意識しなくても

できるようになります。

 

つまり「3つのルール」を小刻みな目標で

「3ヶ月」続けていくことで食生活も改善され

胃腸に負担がかかりにくくなっていることが

期待されます。

 

 

12月11日は何の日?まとめ

 

12月11日は「胃腸の日」。

 

ということで、食生活による胃腸の改善

について取り上げてきました。

 

特に胃腸が弱い方、

自分の食生活を振り返ってみてください。

 

朝食は食べていますか?

いろんなものを食べていますか?

消化に良いものを食べていますか?

 

「胃腸が弱い」と思い込んでいても、

この3点について改善していけば、

胃腸が病むということが減る可能性

もあります。

 

「胃腸の日」をきっかけに、

この「3のルール」を実践して胃腸が

改善される人が出てくれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク