11月8日は何の日?【徳島県れんこんの日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

歯ごたえがたまらなく好きなものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

それでいて面白い形をしているのが

好きですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月8日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月8日は何の日かというと

徳島県れんこんの日

 

皆さんは「れんこん」と聞いて

何をイメージしますか?

 

私のイメージとしては、

「辛子れんこん」等があるとしても、

食品の脇役、添え物として料理を支えている

というイメージを持っています。

 

ただ単純に「固いもの」という方もいるかも

しれませんね。

 

そんな「れんこん」は、

地味に添えられることが多い食材ですが、

実は魅力にあふれている食材です。

 

そんなれんこんに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、【徳島県れんこんの日】が制定

された経緯と、れんこんの魅力について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【徳島県れんこんの日】が制定された経緯

 

【徳島県れんこんの日】を制定したのは

徳島県蓮根消費拡大協議会。

 

やはり徳島県が関係している団体が

制定したんですね。

 

れんこんは徳島県の特産物

 

このれんこんをより多くの人に

知ってもらいたいとの思いから

制定された【徳島県れんこんの日】。

 

「れんこん」は漢字で書くと

「蓮根」と書きます。

「蓮」は「はす」とも読みますよね。

 

11月8日は

「11(いい)8(は)す」つまり

いい蓮」。

 

この語呂合わせにより、11月8日が

【徳島県れんこんの日】に選ばれました。

 

ちょっと苦しい語呂合わせに感じるのは

私だけでしょうか。

 

 

さて、そんなれんこんですが、

主役になることは少ないですが

実は魅力がある野菜です。

 

ということで、れんこんの魅力について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②れんこんの魅力

 

 

豆知識②-1.型崩れせず歯ごたえがいい

 

れんこんは煮ても焼いても泣いても

喚いても笑っても何をしても

型くずれしませんよね(大袈裟?)。

どんなことしてもあの「シャキッ」とした

食感は失われることがありません。

 

野菜のいいところの一つとして、

シャキシャキとした食感にありますね。

 

他の野菜や根菜類だと煮たら崩れたり

柔らかくなるものが多いですが、

れんこんはそういうことがありません。

 

シャキッとした食感が損なわれない

ところが魅力の一つだと言えますね。

 

なお、カロリー自体は低くありませんが、

固いぶん何回も噛むというメリットも

ありますね。

 

よく噛むことで唾液が分泌され、

消化吸収を助けます。

 

 

豆知識②-2.栄養的にも優れている

 

れんこんは食感だけでなく、

栄養価も高い食材です。

 

その栄養価と期待される効果を

取り上げていきます。

 

 

1.食物繊維が豊富

 

れんこんには食物繊維が豊富に

含まれています。

 

なんとなくそんなイメージはありますね。

 

しかも水に溶けない不溶性なので、

腸までしっかり届き、

腸内環境を整えてくれます

 

また、不溶性食物繊維ですので、

腸の中でカサ増しして老廃物を排出しやすく

なることが期待できます。

 

 

2.ビタミンCが豊富

 

れんこんにはレモン並みの

ビタミンCが含まれています。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠で

メラニンの生成を防いでくれる

効果が期待できます。

 

この働きで肌にツヤを与え、

美肌効果が期待できます。

 

女性には嬉しい効果ですね。

 

 

3.ポリフェノールで抗酸化作用

 

れんこんにはポリフェノールが

含まれています。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があり、

活性酸素の発生を抑えることが

期待できます。

 

抗酸化作用=活性酸素の抑制

活性酸素は諸悪の根源。

何回でも言いますからね(笑)。

 

これが血管や筋肉、肌の老化を防いでくれる

効果が期待できます。

 

また、抗アレルギー効果や

脂肪肝の予防効果期待できます。

スポンサーリンク

 

 

4.カリウムでむくみ、高血圧の予防効果

 

れんこんにはカリウムか豊富に

含まれています。

 

カリウムには余分な水分や塩分を排出し

むくみのや高血圧を予防する効果が

期待できます。

 

ただ、腎臓病を患っている場合は

カリウム制限がありますので

注意が必要です。

 

 

5.れんこんのネバネバ成分

 

レンコンを切ったらネバネバ成分が

出てきますよね。

 

結論から言うと、このネバネバは

多糖類」と呼ばれるものです。

 

多糖類は消化吸収を助けるとともに

細胞の活性化により老化防止効果

期待できます。

 

また、タンパク質の吸収の促進効果も

期待できます。

 

ただ、熱に弱いためさっと加熱するか

生のまま食べたほうがいいでしょう。

 

 

11月8日は何の日?まとめ

 

11月8日は「徳島県れんこんの日」。

 

ということでれんこんの魅力について

取り上げてきました。

 

食感がいいことをはじめ、整腸作用、

抗酸化作用、美肌効果、高血圧や

むくみの防止、消化吸収の促進等

様々な効果が期待できます。

 

れんこんは色んな使い方があります。

 

【徳島県れんこんの日】きっかけに

徳島県のれんこんを知ってもらうとともに

れんこんを使った料理を増やしてみては

いかがでしょうか。

スポンサーリンク