11月30日は何の日?【本みりんの日】

おはようございます、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

 

今月も今日で終わりですね。。

 

一年中365日(閏年は366日)

料理をする人には欠かせないものの

記念日もあります。

 

 

今回はそういう記念日です。

 

うちにも常に常備されています。

私は料理が苦手なんですけどね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月30日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月30日は何の日かというと

本みりんの日】。

 

本みりん」、ああ「みりん」のことね

と思ったそこのあなた!

 

みりんの前に「本」が入っていますよ。

 

「本みりん」と「みりん」は

種類が違うものですね。

 

普段から料理をしている人は

知っていると思いますが。

 

そんな本みりんやみりんに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【本みりんの日】が制定された経緯と

本みりんとみりんの違い等について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【本みりんの日】が制定された経緯

 

【本みりんの日】を制定したのは

「全国味醂協会」の

「本みりんの日事務局」

 

みりんの協会もあるんだなと

感心してしまいました。

 

日本の伝統的な調味料として使われている

「本みりん」の優れた調味効果を

より多くの方々に知ってもらいたいという

思いから制定された【本みりんの日】。

 

「1(い)1(い)3(み)0(りん)」

すなわち「いいみりん」という語呂合わせ

により、11月30日を【本みりんの日】に

選ばれました。

 

また、これからの時期は、

気温が下がってきてどんどん寒くなりますね。

 

ということは、鍋料理の出番が増えてきて、

本みりんを使用する場面も増えてくるのでは

ないでしょうか。

 

その意味では、語呂合わせで制定した

とはいえ、時期としてもちょうど良いと

言えますね。

 

料理をする人ならほとんどの人が

「本みりん」を知っている

のではないでしょうか。

 

その意味で、

この記念日が制定された時の思いが

実ったといえるのではないでしょうか。

 

さて、11月の記念日は頭に「いい」と

つけられるので、記念日として制定しやすい

ですが、今回の【本みりんの日】が

最後になりましたね。

 

このブログを始めてから、11月が終わるのも

寂しい気がしています。

今年もあと1ヶ月ということも、

寂しさと時の早さを感じさせてくれますよね。

 

 

そんな中、本みりんとみりんがあり、

料理をしない方はパニックになるかも

しれません。

 

そんな本みりんとみりんに

迫っていきたいと思いました。

 

ということで本みりんとみりんの違い

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②本みりんとみりんの違い

 

 

豆知識②-1.「本みりん」とは

 

「本みりん」のことを「味醂」として

扱われていますが、これは米麹やもち米、

焼酎または醸造アルコールでじっくり熟成

して作ったもの。

 

この熟成の過程で多糖類やアミノ酸等の

旨味成分が作られていきます。

 

アルコール分も14%程度含まれており、

酒類」として扱われています。

 

14%といえば、ビールの約3倍、

ワインや日本酒と同じぐらいですね。

 

仮にそのまま飲んでしまったら

結構きついお酒と同じで、

簡単に酔っ払ってしまいますね。

 

そのため、酒税がかかっています

 

要するに、「本みりん」は調理で使われる

「お酒」ということになりますね。

 

豆知識②-2.本みりんの利点

 

本みりんはアミノ酸と糖が含まれているので

臭みのある食材のにおいを消してくれる働き

があります。

 

臭みがあるけど美味しいものは数知れず。

その時に「本みりん」の出番ですね。

また、アルコールが含まれていることで、

食材に調味料が染み込みやすくなります。

 

また、アルコールと糖の働きのおかげで

煮崩れを防ぐことかできます。

 

 

豆知識②-3.「みりん」とは

 

「みりん」とは「みりん調味料」と呼ばれ、

「本みりん」とは別のものです。

 

「みりん調味料」は本みりんと同じく

醸造された調味料でアルコールは

含まれているものの塩が加えられています。

 

ですので飲めないようになっており、

「酒類」には分類されていません

 

また、アルコール分も1%未満であり、

アルコールは微量にしか含まれていないとも

言えますね。

 

そのため酒税もかかっていません。

 

アルコールの働きで、食材の生臭さは

消してくれるものの、塩分が含まれているため、

料理で使う際は注意が必要になりますね。

 

特に血圧が気になっている人は要注意!

 

スポンサーリンク

 

豆知識②-4.みりん調味料の利点

 

スーパーなどで売られているのを見ると、

「みりん調味料」のほうが

安く手に入りますね。

 

それと、アルコールが1%未満なので、

グツグツ煮込まなくてもアルコールが

なくなるので手間が省けます。

 

また、糖分が「本みりん」より多いため、

テリやツヤの効果は上がりますね。

このように、

「本みりん」と「みりん調味料」は

それぞれの用途に合わせて使いこなせば

いいのではないでしょうか。

 

 

11月30日は何の日?まとめ

 

11月30日は【本みりんの日】。

 

ということで本みりんとみりんの違い

について取り上げてきました。

 

 

本みりんは酒類、みりんは非酒類

ということになりますね。

 

これからの時期は特に、各家庭において

活躍する場面が増えてきますね。

 

【本みりんの日】をきっかけに、

本みりんの魅力を再認識していただければ

幸いです。

スポンサーリンク