【11月30日は何の日】「本みりんの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

11月30日は何の日かというと

本みりんの日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

「『本みりん』、

ああ『みりん』のことね」

と思ったそこのあなた!

 

みりんの前に

が入っていますよ。

 

これには何か違いがあるの?

と思った方もいるかもしれません。

 

 

結論から言うと、

「本みりん」と「みりん」は

同じもので、「酒類」

分類されています。

 

これだけなら「本」をつける必要は

ありませんが、

みりん風調味料

というものがあります。

 

みりん風調味料は

「酒類」として

分類されていません

 

本みりんとみりん風調味料は製造法も違うし

用途や利点も違います。

 

普段から料理をしている人は

知っていると思いますが。

 

そんな本みりんやみりん風調味料に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「本みりんの日」が制定された経緯と

本みりんとみりんの違い等について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「本みりんの日」が制定された経緯

 

 

「本みりんの日」を制定したのは

「全国味醂協会」の

「本みりんの日事務局」

 

「本みりん」は日本の伝統的な調味料として

使われています。

 

本みりんの優れた調味効果を

より多くの方々に知ってもらいたいという

思いから制定された「本みりんの日」。

 

「1(い)1(い)3(み)0(りん)」

すなわち「いいみりん」という語呂合わせ

により、11月30日が「本みりんの日」に

選ばれました。

 

また、これからの時期は、

気温が下がってきて

どんどん寒くなりますね。

 

北海道では既に

冬と言っていいぐらい寒い!

 

ということは、鍋料理の出番が増えてきて、

本みりんを使用する場面も増えてくるのでは

ないでしょうか。

 

その意味では、語呂合わせで制定した

とはいえ、時期としてもちょうど良いと

言えますね。

 

料理をする人ならほとんどの人が

「本みりん」を知っている

のではないでしょうか。

 

その意味で、

この記念日が制定された時の思いが

実ったといえるのではないでしょうか。

 

 

さて、11月の記念日は頭に「いい」と

つけられるので、

記念日として制定しやすいですが、

今回の「本みりんの日」が

最後になりましたね。

 

11月が終わるのが寂しい気がしています。

同時に、今年もあと1ヶ月ということも、

寂しさと時の早さを感じさせますよね。

 

 

話は脱線しましたが、

本みりんとみりん風調味料があり

料理をしない方はパニックになるかも

しれません。

 

そんな本みりんとみりん風調味料に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで

本みりんとみりん風調味料の違い

について取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②本みりんとみりん風調味料の違い

 

 

豆知識②-1.「本みりん」とは

 

「本みりん」のことを

一般的に「味醂」(みりん)として

取り扱われています。

 

本みりんは

米麹やもち米、

焼酎または醸造アルコール

でじっくり熟成

して作ったもの。

 

熟成する過程で

多糖類やアミノ酸等

の旨味成分が作られていきます。

 

「本みりん」のアルコール分は

14%程度。

 

それゆえに「本みりん」は

酒類

として扱われています。

 

14%といえば、ビールの約3倍、

ワインや日本酒と同程度。

 

仮にそのまま飲んでしまったら

結構きついお酒と同じで、

簡単に酔っ払ってしまいますね。

(酒豪の人は除く)

 

そのため、

酒税がかかっており、

酒類の取扱店でしか

販売できません

 

要するに、

「本みりん」は

調理で使われる「お酒」

ということになりますね。

 

 

豆知識②-2.本みりんの利点

 

本みりんは

アミノ酸と糖が含まれています。

 

このアミノ酸と糖によって

臭みのある食材のにおいを

消してくれる働き

が期待できます。

 

臭みがあるけど美味しいものは数知れず。

その時こそ「本みりん」の出番。

 

また、アルコールが含まれていることで、

食材に調味料が

染み込みやすくなります

 

また、アルコールと糖の働きのおかげで

煮崩れを防ぐことかできます。

 

 

豆知識②-3.みりん風調味料とは

 

みりん風調味料とは

「本みりん」とは別のもの。

 

『みりん『風』」というぐらいですからね。

 

「みりん風調味料」は本みりんと同じく

醸造された調味料。

 

アルコール自体は含まれていますが、

「本みりん」と違って

「みりん風調味料」には

塩が加えられています

 

ただ、アルコールが含まれているとはいえ

アルコール分も1%未満

 

アルコールは微量にしか含まれていないとも

言えますね。

 

また、塩が含まれているので

飲めないようになっており、

「酒類」

には分類されていません

 

そのため酒税もかかっていません。

 

アルコールの働きで、食材の生臭さは

消えるものの、塩分が含まれているため

料理で使う際は注意が必要になりますね。

 

特に血圧が気になっている人は要注意!

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-4.みりん調味料の利点

 

スーパーなどで販売しているのを見ると、

「みりん風調味料」のほうが

安いですよね。

 

それと、アルコールが1%未満なので、

グツグツ煮込まなくてもアルコールを飛ばす

手間が省けます。

 

また、糖分が「本みりん」より多いため、

テリやツヤの効果は上がりますね。

 

このように、

「本みりん」と「みりん風調味料」は

それぞれの用途に合わせて使いこなせば

いいのではないでしょうか。

 

 

11月30日は何の日?まとめ

 

11月30日は「本みりんの日」。

 

ということで

本みりんとみりん風調味料の違い

について取り上げてきました。

 

本みりんは酒類、みりん風調味料は非酒類

ということになりますね。

 

これからの時期は特に、各家庭において

活躍する場面が増えてきますね。

 

「本みりんの日」をきっかけに、

本みりんの魅力を再認識していただければ

幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク