11月27日は何の日?【いい鮒の日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

アあり食べる機会がないものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

我が北海道では豊富な魚介類が集まりますが

これが出て栗場面があまりありません。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月27日は何の日かというと

いい鮒の日

 

いい鮒(フナ)」と聞いても

イメージがわかない人

も多いのではないでしょうか。

 

「鮒寿司」は聞いたことあるけど

実際は・・・。

と言う人が多いのが実情ですね。

 

「甘露煮」も同様だと思います。。

 

そこで、「いい鮒の日」が制定された経緯と

鮒の豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【いい鮒の日】が制定された経緯

 

【いい鮒の日】を制定したのは

茨城県の古河鮒甘露煮組合

 

毎回のことですが、

「こんな組合もあるのか」と

思わせてくれるような組合ですね。

 

そう、鮒の甘露煮と言えば

古河の名産品

 

この名産品をより多くの人に知ったもらい、

食べてもらいたいとの思いから制定荒れた

【いい鮒の日】。

 

「1(い)1(い)2(ふ)7(な)」

すなわち「いい鮒」の語呂合わせによって

11月27日が【いい鮒の日】に

選ばれました。

 

この目的が達成されることを願っています。

(私が無知なだけ?)

 

さて、古河は特産品である鮒の甘露煮を

PRしようとしています。

 

私もそんな鮒について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、鮒の豆知識について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②鮒の豆知識

 

 

豆知識②-1.鮒とは

 

鮒とは川や湖沼、池に生息する

いわゆる「淡水魚」です。

 

私の勝手なイメージですが、

淡水魚って癖がありますよね。

特に泥臭さが・・・。

 

鮒も例外ではありません。

 

また、様々な寄生虫がいるため

生で食べたらダメなはずですが、

刺身」としても食べられている地方も

あるようですね。

 

まあ私は刺身としては食べたことが

ありませんのでわかりませんけど、

適切な処理が施された上で

生で食べられる状態にしてから

刺身として出てくるんでしょうけど。

 

 

そんな鮒ですが、何と縄文時代から

食べられているそうです。

 

とても古くから食べられているんですね。

 

当時はこの癖のある臭みを

どうやって消したのか、

臭み自体が気にならなかったのかなど

素朴な疑問が残ってしまいました。

 

 

 

 

豆知識②-2.鮒の栄養素

 

 

1.タンパク質

 

鮒には良質なタンパク質が

豊富に含まれています。

 

タンパク質は三大栄養素の一つ。

 

タンパク質は筋肉増強を始め、

疲労回復、滋養強壮など

体を形成するうえでは欠かせない成分です。

 

また、「ダイエットには筋トレが効果的

ですので、ダイエットをしている人は

ぜひ摂っておきたい成分ですね。

 

 

2.ビタミン

 

鮒にはビタミンA・B群・C・D・E

が含まれています。

 

特にビタミンB1は豊富に含まれていま

 

ビタミンBは糖質のエネルギーへの分解を

促し、中枢神経や末梢神経を正常な状態

を保つ効果が期待できます。

 

ビタミンは「五大栄養素」の一つ。

積極的に摂っておきたい所ですね。

 

 

3.ミネラル

 

鮒にはナトリウム、カリウム、

カルシウム、マグネシウム・マンガン・

リン・鉄・亜鉛等を含まれています。

 

特に鉄や亜鉛、甘露煮にするとカルシウムが

豊富に含まれています

 

これらにより貧血予防、味覚機能の維持、

インスリンの合成、骨粗しょう症予防効果が

期待できます。

 

ミネラルも五大栄養素の一つ。

ミネラルも含まれていて有難いですね。

 

 

なお、鮒には脂質が少ないのが特徴です。

 

例えば同じ淡水魚のコイ。

 

コイと比較すると脂質は1/4程度。

しかしコイよりもタンパク質が多い。

 

つまり鮒は低カロリー高タンパクな

魚ということですね。

 

これはダイエット中の人には

有難いですね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.鮒の甘露煮とは

 

その名の通り、鮒をそのままの形で

甘露煮にしたものですね。

 

鮒をしょうゆ、みりん、砂糖、水飴で

長い時間煮込んだのが鮒の甘露煮

 

「縄文時代」とまではいきませんが、

「鮒の甘露煮」は江戸時代から始まり

今に至っています。

 

「甘露煮」なら独特の癖や臭みも

消し去ってくれますし、しょうがを入れたら

完璧ですね。

 

古河ではこの伝統ある「甘露煮」を

守ろうとしており、現在でも

おせちやお祝い、仏事等にも

振舞われています。

 

「甘露煮」にすることで癖や臭みを消し、

旨味だけを見事に引き出していますね。

 

先人の知恵には頭が下がりますね。

 

 

11月27日は何の日?まとめ

 

11月27日は【いい鮒の日】。

 

ということで、鮒の豆知識について

取り上げてきました。

 

制定したのは古河鮒甘露煮組合。

 

ということで鮒の甘露煮についても

取り上げてきました。

 

鮒」癖のある魚。

 

しかし、甘露煮にすることで

その臭みを消してしまえば

美味しくいただくことができ、

栄養も豊富な魚です。

 

「いい鮒の日】をきっかけに

鮒に挑戦してみてはいかがですか。

 

スポンサーリンク