【11月26日は何の日】豆知識~今日は「いいプルーンの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

11月26日は何の日かというと

いいプルーンの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたも

プルーン

知っていると思いますが、

プルーンは目に良いもの。

 

とここで

「あれ、プラムってあるけど

プルーンとどう違うの」?

と思っている人もいるかもしれません。

 

プラムとプルーンの違いは、ざっくりいうと

プラムという生の果物があり、その

プラムを加工したものが

プルーン

 

そのため味や栄養価が凝縮されており

ビタミンやミネラルが豊富

 

ただ、その一方で、

プルーンのカロリーは

プラムの5倍

と言われています。

 

そんなプルーンについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「いいプルーンの日」

が制定された経緯と、

プルーンの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「いいプルーンの日」が制定された経緯

 

「いいプルーンの日」を制定したのは

カリフォルニアプルーン協会

 

「カリフォルニアプルーン協会」と言っても

日本にもその事務所があります。

 

カリフォルニアと言えば

プルーンの産地。

 

そのカリフォルニア産プルーンの

美味しさをより多くの人に

知ってもらいたい。

 

そしてたくさんの人に食べてもらいたい

との思いから制定された

「いいプルーンの日」。

 

日本でもプルーンを原料とする商品

が販売され、

プルーンをCMや広告で知った人も

多いのではないでしょうか。

 

ただ、「カリフォルニア産」ということを

知らない人も多いのではないでしょうか。

 

その意味では

「いいプルーンの日」の目的は

完全には達成されていないのかも

しれません。

 

今後の課題といったところでしょうか。

 

 

なお、

「毎月26日」が

「プルーンの日」

 

そこに目を付けた

「カリフォルニアプルーン協会」が

11月を「いい」を加えて

11月26日を「いいプルーンの日」

に選びました。

 

 

さて、そんなプルーンですが、

目に良いということだけが先行していて、

他の部分があまり知られてはいないような

気がします。

 

そんなプルーンに

迫っていきたいと思いました。

 

そこでプルーンの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②プルーンの雑学

 

 

豆知識②-1.「プラム」と「プルーン」の違い

 

まず、「プラム」と「プルーン」は

同じ原料(果物)です。

 

そして、この違いに

明確な区別はないそうです。

 

しかし、原料(果物)の

生のままのものを「プラム」

プラムを液体状にしたものや

ドライフルーツにする等して

加工されたものが「プルーン」

というのが有力ですね。

 

そういえば、ミ○プルーンは

濃い紫色の液体でしたね。

 

ただ、

生のままの「プラム」には

様々な種類がありますが、

「プラム」の全てが「プルーン」に

できるわけではありません。

 

つまり

プルーンは厳選されたプラム

を加工したもの

と言い換えることが

できるのではないでしょうか。

 

 

豆知識②-2.「プルーン」が持つ栄養・効果

 

 

1.ビタミンが豊富

 

五大栄養素」と言えば

糖質、脂質、タンパク質

(三大栄養素)に

「ビタミン」、「ミネラル」

が加わります。

 

「ビタミン」は代謝に欠かせない栄養素。

 

プルーンにはさまざまなビタミンが

豊富に含まれています。

 

「ビタミン」には下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、特筆すべき点は

抗酸化作用

 

諸悪の根源である「活性酸素」の発生を

抑える効果が期待できます。

 

活性酸素の発生を抑えることで

生活習慣病の予防、老化の防止、

美肌効果等が期待できます。

 

また、ご存知の方も多いと思いますが、

抗酸化作用により目の健康の増進効果

が期待できます。

 

 

2.ミネラルが豊富

 

プルーンはミネラルが豊富です。

 

ミネラルは下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように体調を整えてくれる成分で、

プルーンには以下の成分が含まれています。

 

・ カリウム

 

カリウムは体内の余分なナトリウムイオン

(塩分)を排出する効果が期待できます。

 

これによりむくみの解消したり

血圧を低下させる効果が期待できます。

 

また、心機能を正常な状態に維持する効果

も期待できます。

 

ただし、腎疾患を患っている人は

余分なカリウムを排出できません。

 

よって「カリウム制限」を受けているため

注意が必要です。

 

 

・ マグネシウム

 

体温や血圧を一定の値にしようとしたり

血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

これにより、動脈硬化の予防や脳卒中の予防、

循環器や神経の働きを助ける効果が

期待できます。

 

 

・ カルシウム

 

骨を丈夫にする働きや

骨粗しょう症の予防効果が期待できます。

 

また、歯を丈夫にする効果が期待できます。

 

さらに、イライラをしにくくする効果が

期待できます。

 

イライラしやすい人は、

その人の性格もあるかもしれませんが、

カルシウム不足ということも考えられます。

 

ただ、カルシウムを摂り過ぎると

血管の石灰化につながる恐れがあります。

 

 

・ マンガン

 

マンガンは別名「愛情ホルモン」。

 

ヘモグロビンの合成や、

発育促進と生殖作用に働く効果が

期待できます。

 

 

・ 亜鉛

 

亜鉛は元気の源。

 

代謝の促進、免疫力の向上、味覚の維持、

皮膚や骨格の発育等の効果が期待できます。

 

 

2.食物繊維

 

プルーンには食餅繊維が

豊富に含まれています。

 

食物繊維の整腸作用により、

便秘の予防・改善効果や肥満の改善効果が

期待できます。

 

これにより、体内の老廃物か排出され、

ダイエット効果や美容効果が

期待できます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.プルーンの注意点

 

「プルーン」は「プラム」を

加工したものであり、

乾燥させたりすると栄養価が高くなります。

 

プルーンに限らず、加工食品は

「カロリー」などの栄養価も

高くなる傾向にあります。

 

「プルーン」のカロリーは

「プラム」の5倍程度に!。

 

なんでもそうですが、食べ過ぎや飲み過ぎは

いけないということですね。

 

 

11月26日は何の日?まとめ

 

11月26日は「いいプルーンの日」。

 

ということでプルーンの雑学について

取り上げてきました。

 

体に良いことも多いですが

食べすぎや疾患のある人には

注意が必要です。

 

「いいプルーンの日」をきっかけに

プルーンの持つ効果を知っていただき

食べる機会にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク