11月26日は何の日?【ペンの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

子供のころから使っているものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

じぶんでいうのもなんですが

字はきれいな方なのですが、

これの機能が良ければ。

より字がきれいになります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月26日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月26日は何の日かというと

ペンの日

 

皆さんも「ペン」を使っていると思いますが

滑りがいい、インクの出方が滑らかなペンで

書いたほうが字がきれいになりますよね。

 

今はパソコンやプリンタが普及しており

自分で字を書く機会が減りましたが、

ペンは生活するうえで必要ですよね。

 

そんなペンに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【ペンの日】が制定された経緯と、

ペンの豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【ペンの日】が制定された経緯

 

【ペンの日】を制定したのは

日本ペンクラブさん。

 

日本ペンクラブさんは文学を通して

国民の相互理解を深めるとともに

表現の自由を守るため

1935年(昭和10年)に設立された

団体です。

 

【ペンの日】が制定された目的ははっきりと

わかりませんが、日本ペンクラブさんが

設立された目的を達成するための日として

制定されたものだと思われます。

 

PENは文学等を書く道具としてのペン

を表しています。

 

それと同時にPoets(詩人)とPlaywrights

(創作家)、Essaists(評論家・随筆)

Editors(編集者)、Novelists(小説家」の

頭文字をとって「PEN」を表しています。

 

ペンを使うものにとって書きやすいペンを

使うことで仕事もはかどるはずです。

 

まさにたかがペン、されどペンですね。

 

そんなペンについて

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

ペンの豆知識について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②ペンの豆知識

 

 

豆知識②-1.ボールペンの良いところ

 

ポールペンは文字通りペンの先にパールを

つけたもの。

ポール自体は小さいですけどね。

 

今ではこのポールペンが世界中で

使われています。

 

これが広まった理由として

 

1.どの方向に対してもインクが出て

書くことができます。

 

これによりどの言語でも書くことができるし

どんな図形でも簡単にかくのとができます。

 

 

2.筆圧が強くても大丈夫

 

私は筆圧が強いので、シャプペンシル

の芯をよく折ってしまいます。

 

それに対しポールペンはインクが潤滑油

の代わりになり、かつ紙に文字が書けるので

筆圧が強くてもビクともしません。

 

 

3.インクを替えるだけでさまざまな色、

特性を出すことができる

 

そうなれば使い方の幅が広がります。

 

 

これらを踏まえると、昔から使われている

ポールペンは現代にも通用する筆記用具

であることも納得ですね。。

 

 

豆知識②-2.水性ペンと油性ペンの違い

 

結論から言うと、水性ペンは主成分に

水が使われたものなので、見た目は

ジャブジャブしていて水っぽいですね。

 

また、着色には顔料を分散して

色をつけます。

 

それに対して油性ペンは有機溶剤を使い、

見た目は水飴のように粘り気があります

 

水性インクは書いた直後はにじむことがある

ものの、乾いたらぬれてもにじむことは

ありません。

 

「水性インクは水で落ちる」というイメージ

があったので意外ですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.ペンで書いた字の寿命

 

油性のペンで書いた文字は、書いた書類の

保管状況によりますが、50年以上は

もつといわれています。

 

ということは、渾身のラブレターを

ポールペンで書いたら50年以上は

証拠としてのこってしまいます。

(今ではラブレターなんて書かないか)

 

ただ、直射日光にさらしておくと

半年程度で薄くなっていきます。

 

 

水性インクは「墨」と同じ成分と

考えられますので何百年という単位で

もちますね

 

昔フラレタ女の子に書いたラブレター

学生時代に書いたものはどっちで

書いたかわかりませんが、半永久的に

もつといっていいでしょう。

 

 

豆知識②-4.インク自体の寿命

 

JIS規格で、製造日から15ヶ月は良好

に書き出せることが条件になっています。

 

中には24ヶ月の寿命を保証している

という会社もあるようですね。

 

油性の場合はこれよりもさらに長く

5年は普通に使えますね。

 

ただ、高温多湿の場所での保管になると

寿命は短くなるようです。

 

ただ、よく考えるといままで

一本のポールペンを

使い切った記憶がありません。

 

途中でどこかに忘れてくるのか

誰かが勝手に使ってそのまま

持っていかれるのか・・・。

 

 

11月26日は何の日?まとめ

 

11月26日は【ペンの日】。

 

ということで、

ペンの豆知識について取り上げてきました。

 

ポールペンは世界中で使われており、

優れたペンですね。

 

また、寿命も長いのでラブレターを

書くときは慎重に!(もうええって)。

 

【ペンの日】をきっかけにペンを使うときに

この記事にあることを思い出して

いただけたら幸いです。

スポンサーリンク