【11月22日は何の日】「CREAM SWEETSの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

11月22日は何の日かというと

CREAM SWEETSの日」。

 

スポンサーリンク




 

CREAM SWEETS

ってなんだろう

と思った方もいると思います。

 

クリームを使ったスイーツかな?

ということはわかりますよね。

 

甘党の私の心を揺さぶる

この言葉。

 

「CREAM SWEETS」とは

雪印メグミルク

さんの商品。

 

クリームと一緒に

コーヒーゼリー、プリン、抹茶プリン等を

味わうことのできるスイーツ。

 

そのまんまの名前で

いかにも美味しそう!

 

私は甘党であり、

同時のお酒好き。

 

そんな「スイーツとお酒と私」は

矛盾していると

とある友人が言っていましたが

そんなことはありません。

 

そんな私の考え、味覚について

改めて考えていきます。

 

私と同じ人も多いはず。

 

そこで「CREAM SWEETS」と、

その記念日が制定された経緯、

スイーツとお酒と私について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「CREAM SWEETSの日」が制定された経緯

 

 

「CREAM SWEETSの日」

を制定したのは

雪印メグミルク

さん。

 

「CREAM SWEETS」は

「雪印メグミルク」さんの商品。

 

コーヒーゼリー、プリン、抹茶プリン等を

クリームと一緒に味わうことのできる

甘々のスイーツ。

 

いかにも美味しそうで、甘党である私の心を

躍らせてくれます。

 

 

「CREAM SWEETS」をきっかけに

お客さんとのコミュニケーションを

図りたい。

 

そして「CREAM SWEETS」シリーズを

より多くの人に知ってもらいたい

との思いにより制定された

「CREAM SWEETSの日」。

 

「美味しい」と言ってもらって

みんなに愛されるスイー

になってほしいとの願いが

こめられています。

 

1976年(昭和51年)11月22日に

「CREAM SWEETS」シリーズの

前身(初代)である「コーヒーゼリー」が

発売されました。

 

これにちなんで11月22日が

「CREAM SWEETSの日」に

選ばれました。

 

今から40年以上前のこと。

 

私の勝手なイメージで新しものだと

思っていましたが、

結構長い歴史があるんですね。

 

ただ、言われてみれば

子どものころからコーヒーゼリーや

プリンを食べていましたね。

 

「CREAM SWEETS」シリーズ

発売されてからというもの、

カップの形状が変わったり

プリンが加わったり

シリーズ名が変わったり等

少しづつ改良されてきましたね。

 

そんな中、スイーツ好きな私の心を

見事に揺さぶってくれました。

 

私はこのコーヒーゼリーやプリンを

食べたことがありますが

(というかしょっちゅう食べていますが)

シリーズ名はつい最近知りました。

 

とんだ不覚!

 

というか、

今も目の前にあるじゃないですか。

 

いただきま~す!

 

 

とその前に、さんざん私は甘党だと

言ってきましたが、

のんべえでもあります。

 

そんな私に友人が「ある言葉」を

浴びせてきました。

 

どうやら私の行動は

友人に言わせたら

矛盾しているとのこと。

 

そこでスイーツとお酒と私について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②スイーツとお酒と私

 

 

間②-1.部類のスイーツ好き

 

私は部類の

スイーツ好き

(しつこいって言われそう(笑))

 

プリンやコーヒーゼリーはもちろん

ケーキやシュークリーム、チョコレート

アイスクリーム、パフェ、お菓子、デザート

その他もろもろ甘いものなら

どんと来い(笑)!

 

スーパーやコンビニで

気になるスイーツがあったら

即購入!

 

これはささやかな

「自分へのご褒美」。

 

特に最近のコンビニには

私の心を揺さぶる商品が多くて

困ってしまいますね(笑)。

 

そして、私は一度スイーツを食べだすと

止まらない。

 

しかも毎日食べてしまいます。

 

若いうちはそれでもいいかもしれませんが

この歳になるとそうはいかない!

 

健康診断、体調、肥満、コレステロール…

色んな事が気になってしまいます。

 

ですので最近はお客さんに出したり

買いたい衝動を抑えたりして

スイーツの食べる量を

かなり制限しています。

 

めちゃくちゃ苦労をしていますが。

 

私ももう40代!

無茶な食べ方は

控えるようにしました。

 

 

豆知識②-2.部類の酒好き

 

私はさらに部類の

お酒好き

(とはいっても夜しかは飲みませんが)

 

毎日の晩酌は当たり前で、

「休肝日」などはありませんでした。

 

また、若い頃は朝まで飲んで

そのまま職場に行くこともありました。

 

本当に若いころは平気でしたが、

歳を取るにつれて無理がきかなくなり

二日酔いに!

 

頭がガンガン、胃腸も気持ち悪い!

胸やけもひどい!

 

ゆえに後悔することもしばしば!

 

とはいえ、この歳になってからは

普段家での晩酌の量を抑え、

「休肝日」も設けるようになりました。

 

また、飲み会のときだけ酒飲みに

変身しています。

(二日酔いにならない程度に)

 

スイーツ同様に制限をかけるのは大変ですが

飲み会の時だけ若干羽目を外しています。

(若干ですよ)

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.酒好きはスイーツが苦手?

 

お酒が好きな私は

定番のおつまみも大好きです。

 

私は主にビールや焼酎を飲みますので

おつまみもつい「しょっぱい系」に

なってしまいます。

 

そんな中、ある友人に

酒好きはスイーツが苦手なはず

と言われました。

 

友人曰く、

しょっぱい系のものを食べているうちに

甘いものが苦手になるのだとか。

 

私に言わせれば

バカ言ってんじゃないよ

ということですね。

 

当の私が

お酒とスイーツの両方好き

だし、

芋焼酎を飲みながら

スイーツを食べる強者女

も知っています。

 

私にとっては

スイーツもお酒も

永久に不滅です。

 

まあ確かにおつまみには

しょっぱいものが多いのも事実。

 

スイーツが苦手になる人も

いるのかもしれませんね。

 

まあ色々な人もいるということで

この話は締めましょう。

 

 

11月22日は何の日?まとめ

 

11月22日は

「CREAM SWEETSの日」。

 

というわけでスイーツとお酒と私について

取り上げていきました。

 

私のスイーツ好きは、

お酒飲を飲んだぐらいでは

ビクともしません。

 

そして、長年たくさんのスイーツを

提供してくれた「雪印メグミルク」さんには

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

「CREAM SWEETSの日」をきっかけに

「雪印メグミルク」さんのスイーツを

これからも食べていじたいと

改めて思いました。

 

あなたも良かったらいかがですか?

 

 

スポンサーリンク