【11月22日は何の日】豆知識~「回転ずし記念日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

11月22日は何の日かというと

回転ずし記念日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

回転寿司

に行きますか?

 

私も少し前はよく行きましたが、

最近はスーパー等の「半額」等で

お寿司を食べることが多いですね(笑)。

 

時には「70%引き」なんてことも!

慌てて手を伸ばしてしまいますね。

 

 

それはさておき、今では回転寿司でも

「回らないお店」も出てきました。

 

また、血液型によって注文の仕方の

傾向があります。

 

そんな回転寿司に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「回転ずし記念日」が

制定された経緯と、

回転寿司の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「回転ずし記念日」が制定された経緯

 

「回転ずし記念日」を制定したのは

元禄産業株式会社

さん。

 

元禄産業さんは「元禄寿司」を持ち、

回転寿司を初めて経営した

パイオニア

 

実際に回転寿司を考案したのは

白石義明氏

 

白石氏の誕生日が1914年11月22日

であることから11月22日が

「回転ずし記念日」に選ばれました。

 

回転寿司が始まったのは1958年4月、

東大阪で一号店がオープンしました。

 

今から60年以上前ですね。

 

回転寿司が流行ったのは

私が大人になってからだったので

まだまだ歴史が浅いと思っていましたが

相当古くから回転寿司はあったんですね。

 

意外に感じたのは私だけでしょうか。。

 

 

それからというもの、下記の記事

 

【11月1日は何の日】豆知識~今日は「寿司の日」寿司の移り変わり

 

にあるように、回転寿司の店が

増えてきて、まさに飽和状態。

 

人気に胡坐をかいている店は淘汰され、

廃業に追い込まれていましたね。

 

各店で工夫を凝らし切磋琢磨

しています。

 

我々にとってはいろんなネタや

サイドメニューが楽しめたり、

安く食べられることもあるので

有難いんですけどね。

 

 

さて、回転寿司も時代とともに少しずつ形態

が変わってきましたね。

 

そんな回転寿司に

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

回転寿司の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②回転寿司の雑学

 

 

豆知識②-1.回転方向が時計回り

 

あまり意識したことはないかもしれませんが

回転寿司は回転方向が時計回りである店が

ほとんどです。

 

これはなぜか、結論から言うと

日本人は右利きの人が多く、

流れている皿を

取りやすくするため

なんです。

 

右利きの場合は右手に箸を持っており、

皿は左手で取るので、皿は右から左へ

流れる方が取りやすい。

 

なるほどと思ったのと同時に左利きの人

はかわいそうだなとも思いました。

 

回転寿司に限らず、左利きの人は

実は私達右利きの人が知らないところで

様々な場面で苦労を強いられてますね。

 

 

また、人間には「利き目」というものがあり

こちらも

右目が効き目の人という人が

多く、右から流れてくるもの

の方が見えやすいから

というのも時計回りの理由であると

いわれています。

 

60年以上前からこんなち密に

計算していたのでしょうか?

 

今となっては当たり前のことですが、

最初に発案した白石氏はすごいですね。

 

 

豆知識②-2.回転の速度

 

回っている速度はそのお店によって

変わりますが

秒速4cm(分速2.4m)

というのがちょうど良い速度

 

寿司が流れてきてから、

その寿司を食べるかどうかを判断します。  

 

秒速4cmというスピードは

寿司が流れてきてから

ロックオンするか否かの判断を

落ち着いてできる最適スピード

であるようです。

 

しかもそのスピードこそが食欲をそそる

絶妙なタイミングなのだとか。

 

ちゃんとお客さんの心理を

考えているんですね。

 

 

ただ、スピードはお店によっても違い、

佐賀県には分速8mのところもあり、

自称日本一のスピード。

 

これが今ではオーダー専用の高速レーンを

使用するところも現れて、ある意味

「回らないお寿司」ですね。

 

こうして回転寿司も進化してきています。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.血液型で頼み方が違う?

 

よく「血液型で性格がわかる」

なんてことが言われますが。

性格は人それぞれです。

 

当てはまらないことも多いのはあなたも

ご承知だと思いますが、

一つの目安としてお考えください。

 

 

1.A型〜無難なネタを満遍なく選ぶ

 

ネタに偏りがないように

食べたいネタを

満遍なく食べていく傾向

にあります。

 

「サーモン食べたから次はマグロにしよう」

等定番のネタを好み、お店独自の奇抜?な

ネタは避ける傾向にあります。

 

また、鮮度も気にして

「さっきも回っていたからやめよう」

なんてことも。

 

食事の最後には高いネタを選ぶのも

A型の特徴。

 

几帳面なA型らしいですね。

 

 

2.O型〜好きなネタにロックオン

 

自分の好きなネタに集中する傾向にある

のがO型の傾向。

 

また、好きなネタなら多少鮮度が

落ちていても気にせず食べるのも

O型の特徴。

 

大雑把なO型の特徴ともいえますね。

 

また、O型は待つのが嫌いなので

お店に行列ができていたらやめる

のが特徴。

 

 

ちなみに私はO型ですが、

結構当たっていますね。

 

流石に一つのネタに一点集中なんてことは

ありませんが、好きなネタは2皿食べる

ということはあります。

 

A型に近いO型といったところでしょうか。

 

 

あとはネタの鮮度は気にしないし、

行列は大っ嫌い!

 

その意味ではかなりの部分で当たっている

と言っていいでしょう。(私の場合)

 

スポンサーリンク




 

 

3.B型~サイドメニューが大好き

 

「我が道を行くのがB型」と言われますが、

ネタの選び方も我が道を選ぶ傾向に

あるようです。

 

サーモンの後にタコ焼き食べて、

ラーメン、デザートなんてこともザラ。

 

寿司以外のものの方に手が伸びて

寿司以外でお腹がいっぱいなんてことも。

 

まさに「我が道を行くB型」。

 

「何しに回転寿司に来たの?」

とツッコみたくなることもしばしば。

 

また「こんなメニューがあったらいいのに」

と思ったら店員に直接言ってみたり

アンケート用紙に書いたりと

同伴者をドキドキさせてくれます(苦笑)。

 

 

4.AB型~鍋奉行ならぬ寿司奉行

 

自分が寿司通であることを見せつけるために

うんちくをたれてくるのがAB型。

 

昔マンガで

「寿司は淡白なものから始まって

少しづつ濃いものへと進み、

最後はさっぱりと」

というのを読んだことがあります。

 

AB型の友人はそういうのをひけらかして

いました。

 

鍋奉行同様「そんなの知ってるよ」

なんて言ったら大変なことになるので

「へ~そうなんだ」と言っておいた方が

無難です。。

 

ここは奉行に任せておくに限る!

あとで面倒なことになりかねませんからね。

 

ただ、役に立つ情報を持っているのも事実。

 

あたらず触らず、良い情報だけ手に入れる

というつもりで

「そうなんだ、教えてくれてありがとう」

といっておくぐらいがちょうどいい

のかもしれません。

 

奉行に逆らってはいけません(笑)。

 

 

11月22日は何の日?まとめ

 

11月22日は「回転ずし記念日」。

 

ということで、

回転寿司の豆知識について

取り上げてきました。

 

寿司の回る方向やスピードも

お客さんの心理が考えられていて

すごいなと思いました。

 

また、

血液型による頼み方や振舞いは

あくまでもそういう人がいる

傾向があるというぐらいで

考えていただけると有難い

 

苦情は受け付けませんので

ご了承ください(笑)。

 

「回転寿司の日」をきっかけに

これらのことを踏まえていただき

食べていただけたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク