11月20日は何の日?【ピザの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私の嫌いなものをを克服してくれたものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

においが嫌いでしたが、これに出会ってからは

そのにおいも気にならなくなりました。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月20日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月20日は何の日かというと

ピザの日

 

皆さんは「ピザ」は好きですか?

 

ピザは私の恩人、いや、「恩ピザ」です(笑)。

私のチーズ嫌いを克服してくれたんですから。

 

そんなピザに迫っていきたいと思いました。

 

そこで【ピザの日】が制定された経緯と、

ピザの豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【ピザの日】が制定された経緯

 

【ピザの日】を制定したのは

ピザ協議会さん。

 

ピザ協議会さんはピザを取り扱っている業界

を繁盛させるために設置された団体です。

 

ピザのバランスのとれた栄養食としての魅力

と共にピザの美味しさをより多くの人に

知ってもらいたいとの思いから制定された

【ピザの日】。

 

ピザがバランス食というイメージは

ありませんでした。

どちらかといえばジャンクフードの仲間だと

思っていました。

 

ピザの原型は「ピッツァ・マルゲリータ」。

 

名前の由来はイタリアのマルゲリータ王妃

であり、王妃の誕生日が11月20日

ということから【ピザの日】に

選ばれました。

 

ピザはもはや日本でも普及しています。

【ピザの日】の目標は達成された

といってもいいと思います。

 

今回はそんなピザに

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

ピザの豆知識について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②ピザの豆知識

 

 

豆知識②-1.ピザの宅配に「30分ルール」が消えたワケ

 

私が若い頃、ピザ屋さんが

30分以内に届けられなかったらタダ!

という言葉がはびこっていました。

 

今ではほとんどの店で廃止されています。

(まだやっているお店があったらごめんなさい)

 

我が家ではあまりピザを頼まなかったのですが

それでも頼んだ時はちゃんと30分以内には

届いていましたね。

 

「ああ残念だなあ」と悔しかったのを

覚えています。

 

この30分ルールはなぜ廃止された

のでしょうか?

 

もともとこういぅのを始めたのは1985年9月

にドミノ・ピザさんが始めた

「宅配に30分過ぎたら700円をお返しする」

というシステムから始まったようですね。

 

ただ、このシステムによって宅配をするのに

大急ぎ。

おそらく信号無視なども横行したのでは

ないでしょうか。

 

その結果交通事故が増えて社会問題(大袈裟?)

になり、この30分タダルールがなくなった

と言われています。

 

本当かどうかは定かではありませんが、30分

過ぎてタダになった場合、そのピザ代は

宅配した人の給料から天引きされたと

聞いたことがあります。

 

それはともかく、30分ルールを作った

ドミノ・ピザさんは宅配チェーン店各社への

安全運動協議会を設立しました。

 

これにより地域社会の一員として安全運動や

人に優しい運転への取り組みを

されてきています。

 

何はともあれ、美味しいピザが食べられるように

宅配の人も安心して仕事ができたらいいですね。

 

 

豆知識②-2.ピザの始まり

 

結論から言うと、ピザが誕生したのは

イタリアのナポリ

 

初めてのピザは薄く伸ばした生地に

トマトソースを乗せて焼いたもの。

 

1760年頃に誕生し、1803年に

初めてピザが主力のイタリアンレストラン

であるピッツェリアがオープンしました。

 

ただ、現在一番ピザが食べられているのが

アメリカ。

 

アメリカにピザが広まったのは、イタリアから

訪れた移民が家庭料理として作ったのが由来

でその後アメリカ国中にピザが広まった

といわれています。

 

そんな経緯もあり、

ピザが一番食べられているのはイタリアではなく

アメリカ

 

フライドチキンと同様に老若男女問わず

親しまれているファストフードになりました。

 

パンの残り生地を使って作られたそうですが、

本場であるナポリのものより生地が厚めに

作られていました。

 

そこからピザを提供する店が増え、

エスニック料理の先駆けとしてピザが広まって

いきました。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.時代と共に変化する日本のピザ

 

日本にピザが知られるようになったのは

1955年(昭和30)頃のこと。

 

都心で開店ピザ店がオシャレな見せとして

若者を中心に流行し、最先端の食べ物と

されてきました。

 

そしてピザが世に広まったきっかけは

東京オリンピック」。

 

 

昭和40年代にはピザメーカーが現れて

西洋のお好み焼き」との触れ込みで

日本でピザが流行しました。

 

これを聞いた大阪や広島の人は

どう思ったのでしょうか?

 

「俺たちのお好み焼きの方がうまいで」

なのか「これもなかなかうまいやん」

のどちらかでしょうか。

 

その後ファミレス人気も手伝って

ピザは大人気に!

老若男女問わず美味しく食べるように

なりました。

 

また、その人気にあやかって

冷蔵・冷凍のピザ商品まで

出て栗ようになりました。

 

 

昭和60年代になると「宅配ピザ」が登場し

またもやピザブームになりました。

 

このころには単なる食事というよりも

パーティ等でも使われるようになりました。

 

現在では食べようと思えばいつでも

食べることができますし、種類も豊富で

いろんな味のピザにありつけることができる

ようになりました。

 

 

11月20日は何の日?まとめ

 

11月20日は【ピザの日】。

 

ということで、

ピザの豆知識について取り上げてきました。

 

ピザの宅配は安全があってのものだと

感じています。

 

ピザの始まりはイタリアのナポリですが、

ピザを一番食べているのがアメリカ人。

 

日本にピザが渡ってきたのは

これからだいぶ後の1930年頃。

 

その間に様々な工夫がなされ、

ピザは進化してきました。

 

そのおかげか、私のチーズ嫌いも

克服することができました。

 

ピザの歴史は古く、しかも奥が深いんだなと

感じました。

 

【ピザの日】をきっかけに

この奥深いピザのことを知りつつ

食べていただけたら幸いです。

スポンサーリンク