11月2日何の日?今日は【都市農業の日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

あまり聞きなれないものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

これらが結びつくことによって

あらゆる効果が期待できます。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月2日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月2日は何の日かというと

都市農業の日

 

皆さんは「都市農業」って

聞いたことはありますか?

 

何だか矛盾しているような気がしますが、

これから必要になってくるのではないかと

思います。

 

そんな都市農業に迫っていきたいと

思いました。

 

そこで【都市農業の日】

が制定された経緯と、

都市農業の豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【都市農業の日】が制定された経緯

 

【都市農業の日】を制定したのは

東京都農業協同組合中央会さん。

 

2015年(平成27年)4月22日に

成立した「都市農業振興基本法」。

 

これをきっかけに都市農業について考え、

農業を活気づけさせたいとの思いから

制定された【都市農業の日】。

 

 

11月2日は「東京都農業祭」が

開催されること。

 

また11月は収穫祭が行われること。

 

そして11月2日は都市農業振興基本法が

成立した日から194日後であり、

「と(1+9=10)し(4)」と

読めることから11月2日が

【都市農業の日】に選ばれました。

 

最後の語呂合わせは苦しかったですね。

 

 

さて、さっきから出てくる「都市農業」。

「都市農業ってなんだ?」と思っている人も

多いかもしれません。

 

ということで、

都市農業の豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②都市農業の豆知識

 

 

豆知識②-1.農業とは

 

農業とは簡単に言うと、

土地等を使って作物等を育てあげることで、

人間の食料等を生産する産業のこと。

 

具体的には穀物や野菜、肉等

人間が食べるものを生産しています。

 

これらを土や水、太陽光などの

自然エネルギーを利用して行います。

 

そしてその作物を販売することによって

生産者の収入や次の年の農業を行うための

資金に充てます。

 

つまり作付けから販売までの流れが

農業ということになります。

 

と口で言うのは簡単ですが、自然相手なので

何かと難しいですね。

 

近年では台風だったり地震だったりで

せっかく作ったものが

台無しになりかねません。

 

私達はスーパー等で購入できる、もしくは

「(値段が)高い」等と言っていますが、

これらは農家さんの努力の賜物として

感謝して購入したいものですね。

 

 

豆知識②-2.都市農業とは

 

「都市農業振興基本法」によると都市農業は

市街地及びその周辺の地域において

行われる農業と定義されています。

 

「都市」というのがどの程度の都市を

指しているのかはわかりませんが、

北海道では都市農業をされているところも

結構あるような気がします。

 

まあ距離感もはっきりわからないので

何とも言えませんが。

 

都市ということは人が多く、

その中もしくは周辺で農業を行うので

鮮度の良いものを消費者に提供できる

というメリットがありますね。

スポンサーリンク

 

豆知識②-3.都市農業の役割

 

一昔前は、市街化調整区域の農地は

いずれ「宅地化する区域」とされ、

農地でなくなるものとされてきました。

 

しかし、市街地に農地があることのメリット

が認識されるようになり、住民自身も

都市農業はあるべきと考え始めました。

 

これらを踏まえて都市農業のあり方が

問われるようになりました。

 

これにより様々な施策がとられています。

 

都市農業の役割は以下の通りです。

 

  1. 新鮮で安全な農作物の供給
  2. 農業体験・交流活動の場の提供
  3. 災害時の防災空間
  4. 緑地空間の提供によるやすらぎや潤い
  5. 国土、環境保全
  6. 住民の農業への理解の醸成

 

都市農業の役割って大きいですね。

 

 

11月2日は何の日?まとめ

 

11月2日は【都市農業の日】。

 

ということで、

都市農業の豆知識について

取り上げてきました。

 

都市農業は文字通り

都市圏の中で農業を行うこと。

 

これによるメリットは

鮮度の良いものの提供だけにとどまらず、

環境保全、安らぎの空間、農業体験や理解

防災空間の確保等があげられます。

 

そう考えてみると都市農業があって

悪いことがないような気がします。

 

農業就労者の高齢化が進んでいますが、

身近に農業があることによって

農業をやりたいという若者が

増えるかもしれません。

 

とくに食料自給率が低い我が国においては

都市農業という施策は

必要なものではないでしょうか。

スポンサーリンク