【11月19日は何の日】豆知識~今日は「いい塾の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

11月19日は何の日かというと

いい塾の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

に行っていましたか?

 

私は小学生の頃に

個人経営の小さな英語の塾

に通っていました。

 

中学の頃は近所にある

大手の塾(5教科すべて網羅)

に通っていました。

 

そんな中、

私はふと「どんな塾がいいんだ」と

疑問に思いました。

 

小さな塾には小さな塾なりの、

大手の塾には大手の塾なりの良さが

あるはず。

 

良い塾とは生徒に対しわかりやすい指導や

本人にあったカリキュラムを組む等

様々な要因があります。

 

 

しかし、一番の問題は

通っている生徒のやる気次第!

 

そのやる気を引き出すには

 

質問しやすい環境

 

実績のある講師が揃っている

 

授業のカリキュラムが

しっかり組まれている

 

保護者に向けた報告

 

が重要だと考えています。

 

そんないい塾とはどんなものなのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「いい塾の日」が制定された経緯と、

いい塾とはどんなものかについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「いい塾の日」が制定された経緯

 

「いい塾の日」を制定したのは

シモンズグループ

さん。

 

シモンズグループさんは学習塾の「志門塾」

や個別指導の「ホームズ」、

英会話スクールの「ハローズ」

等を展開しています。

 

 

講師や生徒、保護者に対し、

子供達にとって良い塾とはどんなものか

について情報発信したい。

 

そして、私塾教育について考えてほしい

との思いで制定された「いい塾の日」。

 

 

「11(いい)19(じゅく)」の

語呂合わせによって11月19日が

「いい塾の日」に選ばれました。

 

 

さて、どのような塾が良い塾なのかは

永遠のテーマなのかもしれえません。

 

いい塾について

迫っていきたいと思いました。

 

ということで、

いい塾とはどんなものかについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②いい塾とはどんなものか

 

 

豆知識②-1.質問しやすい環境

 

塾として重要な項目だと考えられるのが

質問しやすい環境であること

 

今はどうか知りませんが、

私が塾に通っていた時代は

「こんなものもわからないのか」

と言ってくる講師もいました。

 

これでは質問しようとは思わないし

塾に通っている意味が

ほぼなくなってしまいます。

 

また、みんなの前で質問するのが恥ずかしい、

時間を無駄にするかもと考える人もいます。

 

そんな中、生徒は思い切って

疑問に思ったことを

講師に質問してきたとします。

 

講師はその質問されたタイミングを

絶対に逃してはなりません。

 

生徒から質問してきた時こそ

生徒が一番興味を持っている

ので当然聞く耳を持ち

理解しようとしています

 

これは講師にとっても

チャンスであると言えます。

(本来は常に理解しようとするのが

理想ですが・・・)

 

何はともあれ、

質問をしやすいという環境というのは

かなり重要度が高いと

言えるのではないでしょうか。

 

 

豆知識②-2.実績のある講師が揃っている

 

私が中学の時に通っていた塾は

地元でも大手の塾でした。

 

しかし、講師の半分程度は

国立大学生のアルバイト。

 

もちろん全てのアルバイト講師が

良い先生ではないとは

言いません。

 

頭は良い人たちだとも思います。

 

しかし、総じて

経験不足は否めませんでした。

 

「生徒はどこで

わからなくなるんだろう」

ということが理解できていない

 

「わからない」といことを

経験していないが故の弊害ですね。

 

ただ淡々と授業をしているという人が

多かったという印象です。

 

「えっ、こんなのもわからないの?」

という顔をされたこともあります。

 

「スラスラ解けるのなら

塾なんて来てないよ」

と思ったものです。

 

その点実績のある先生はその辺りの

かゆいところに手が届くような授業を

してくれます。

 

生徒がどこでつまづくか理解しているので

そこをわかりやすく説明してくれます。

 

もちろん全ての大学生が悪いなどという

つもりはありませんが、やはり経験のある

(塾の職員)の先生には敵わないと

思いました。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.授業のカリキュラムがしっかり組まれている

 

私がいっていた塾は、カリキュラムは

しっかり組まれていました。

 

なので「行き当たりばったり」ということは

ありませんでしたが、講師がきちんと授業の

目標が定まっていて、生徒もそれに合わせて

予襲復習ができればいいですね。

 

また、定期的にテストがあれば、

自分の力を試すことができる

ということもできます。

 

テストの結果を見ると

どこが自分の弱点なのかの把握

志望校合格の可能性

等がわかりますね。

 

 

豆知識②-4.保護者に向けた報告

 

私がいっていた塾もノート

(何ノートだっけ?)

によって両親に逐一報告されるという

システムが確立していました。

 

授業の内容であったり

様子であったり

ミニテスト等の結果等

さまざまな報告

がなされていました。

 

塾をサボろうものなら

当然そのノートが書かれない。

 

結果両親に怒られる。

(サボってるんかい!)

 

また、本来先生が書く欄を

自分で書いて、

あたかも塾に行ったように

偽装したこともありました。

 

しかし、いくら偽装しても

簡単に見破られて怒られましたね。

(だからサボってたんかい!)

 

このようなことがないように、また、

学習に対する意欲や習熟度等が逐一わかる

ようなシステムが確立されていれば

いいですね。

 

当時は散々な目にあいましたが

居間となっては良いシステムだな

と思っています。

 

 

番外.近くに娯楽施設がないこと

 

先程から私がサボっていた様子が

うかがえたと思います。

 

言い訳になりますが、

行っていた塾が雑居ビルにあり

すぐ下にゲームセンター

があったんです

 

今ではほとんど見なくなりましたが、

私が中学の頃はゲームセンター(ゲーセン)

はどこにでもあったんです。

 

最初からサボるつもりはなくても

悪い仲間が「ゲーセン行こうぜ」と

私を誘ってくるんです。

 

誘惑に弱い私は

ゲーセンに直行!

 

ゲーセンに先生が乗り込んできた

こともありました。

 

当然先生に怒られ、

両親に怒られ散々でした。

 

私の意志が弱いだけかもしれませんが、

近くには娯楽施設が無い方が良いのかも

しれません。

 

スポンサーリンク




 

 

11月19日は何の日?まとめ

 

11月19日は「いい塾の日」。

 

ということで、

いい塾とはどんなものかについて

取り上げてきました。

 

質問しやすい環境、実績のある講師、

カリキュラム、両親への報告、

そして娯楽施設がないことが

良い塾の条件であると考えられます。

 

あとは授業料だったり通いやすさだったり

様々な条件もあるかと思います。

 

これから塾に通わせようと

考えているあなた。

参考にしていただけたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク