11月15日は何の日?【こんぶの日】

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

なかなか単体では食べないものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

「縁の下の力持ち」

そんな存在に私はなりたい。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月15日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月15日は何の日かというと

こんぶの日

 

皆さんは「こんぶ」は 好きですか?

 

と聞いたら微妙な答えが

返ってきそうですね。

 

「こんぶ」を昆布巻き等で

直接食べることもありますが、

ダシとして使う場合が多いので

難しいところです。

 

私は個人的には「こぶ茶」も好きですし、

「こんぶ」全般好きですね。

 

まあ昆布が嫌いならダシには

使いませんよね。

 

そんなこんぶに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【こんぶの日】が制定された経緯と、

こんぶの魅力について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識①【こんぶの日】が制定された経緯

 

【こんぶの日】を制定したのは

日本昆布協会」。

 

「11月15日といえば?」と聞かれれば

大抵は「七五三」と答えるかなと思います。

 

七五三は子供の晴れの舞台。

 

七五三の記念に、育ち盛りである子供たちに

体に良いこんぶを食べてもらうことで

健康にやかに育ってほしい、また、

こんぶを食べるようになってもらいたい

との思いから制定された【こんぶの日】。

 

制定されたのは1982年(昭和57年)。

 

この思いは届いているかなと思いますが、

まさ36年の歴史。

 

こんぶはいたるところで使われている割に

歴史は浅いんだなと感じました。

 

そんな昆布の魅力を伝えるべく

立ち上がっていきます。

 

 

豆知識②こんぶの魅力

 

 

豆知識②-1.ダシとして味の構成を支えている

 

もちろん「こんぶ」そのものを食べることは

ありますが、様々な料理で「ダシ」として

使われていますね。

 

これは料理における「縁の下の力持ち

といったところでしょうか。

 

先日の記事 【10月28日は何の日?豆知識】今日は「おだしの日」おだしの魅力

ではカツオ節の「おだし」について

取り上げましたが、こんぶの「おだし」も

カツオ節同様に重宝されていますね。

 

これから寒い時期に食べたいのがおでん。

こんぶは必需品っですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.栄養が豊富

 

 

1. 食物繊維

 

こんぶは食物繊維が豊富です。

 

水溶性の食物繊維である「アルギン酸」や

フコイダン」という成分が

豊富に含まれています。

 

これらは糖質や脂質の吸収を抑え、

コレステロールの値を抑える効果が

期待できます。

 

また、食物繊維は腸内環境を整える効果

により便秘の予防・改善効果が

期待できます。

 

 

2.ミネラル

 

こんぶにはカルシウム、ナトリウム、

カリウム、鉄分、ヨウ素等のミネラルが

豊富に含まれています。

 

これらは体調を整える働きが期待できる

成分です。

 

ミネラルの量は牛乳を凌ぐほどの量だと

いわれています。

 

海水に浸かっているだけあって

ミネラルが豊富なんですね。

 

また、血液は海水の成分と似ている

といわれています。

 

そんな環境で育ったこんぶは

人の体に害を与える成分はあまり吸収しない

という特徴があります。

 

人間にとってはありがたいですね。

 

これらのことに加え、ミネラルの吸収率が

他の食品に比べて高いという特徴

があります。

 

また、ヨウ素は代謝を促進する効果が

期待できます。

 

 

3. グルタミン酸

 

いわゆる「旨味成分」です。

 

旨味成分を摂ることによって、

旨味を感じることにより、

「美味しい」と感じることができます。

 

これにより、塩分を控えても美味しく

感じることができるため

減塩にもつながります。

 

これにより高血圧を予防する効果が

期待できます。

 

また、グルタミン酸胃腸の働きを促進する

効果が期待できます。

 

 

4. フコキサンチン

 

昆布は褐色をしています。

 

褐色の色素成分によって

脂肪の蓄積を抑える効果

が期待できます。

 

また、体脂肪の燃焼を促進する

「UCPー1」の働きを活発にする効果

も期待できます。

 

これにより内蔵脂肪に作用し、血液中の糖分

を筋肉で利用するように働きかける効果が

期待できます。

 

 

⑤ ビタミンB1.B2

 

こんぶにはビタミンB1やB2

が豊富に含まれています。

 

これらは疲労回復効果が期待できます。

 

また、頭の回転をよくする効果もあり、

青魚に豊富に含まれているDHAと

一緒にとることで相乗効果も期待できます。

 

まさに子供にはもってこいの成分ですね。

 

 

⑥ アルギン酸で血圧コントロール

 

こんぶにはアルギン酸が豊富に含まれています。

 

アルギン酸は塩分を排出する働きによって、

減塩効果が期待できます。

 

現代人は塩分の取り過ぎの傾向が

見られます。

 

そうなると血圧が高くなり高血圧をはじめ

動脈硬化から脳卒中や心臓病を患う危険性

が高くなります。

 

これらに対してアプローチする効果が

期待できます。

 

また、「ランニン」というアミノ酸も

含まれています。

 

これは一時的ではありますが、

血圧を下げる効果が期待できます。

 

 

11月15日は何の日?まとめ

 

11月15日は【こんぶの日】。

 

ということでこんぶの魅力について

取り上げてきました。

 

【こんぶの日】は「七五三」でもあり、

子供たちが健やかに育つようにとの

おもいで制定されました。 

 

この思いが届くといいですよね。

 

【こんぶの日】をきっかけに

栄養価が高く、ダシとしても活躍している

こんぶの魅力を再確認していただければ

幸いです。

スポンサーリンク