【11月14日は何の日】豆知識~「世界糖尿病デー」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

11月14日は何の日かというと

世界糖尿病デー」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

糖尿病

ってご存知ですか?

 

と聞かれたら

「知らない」という人は

いないと思います。

 

少なくとも「糖尿病」という名前を

聞いたことぐらいはあるはず。

 

しかし、

糖尿病の恐ろしさ

ってご存知ですか?

 

と聞かれたら知らない

という人は少なくないのではと

思います。

 

 

糖尿病の恐ろしさは

「合併症」を引き起こすこと

 

糖尿病は体中の血管を

傷つけてしまいます。

 

そのため、あらゆる病気の原因に

なってしまいます。

 

「三大合併症」と呼ばれる

網膜症

神経障害

腎症

 

これに「新三大合併症」である

脳梗塞

心筋梗塞

認知症

等を引き起こす恐れがあります。

 

そんな糖尿病について

少しでも知っていただきたいと思いました。

 

そこで、

「世界糖尿病デー」が制定された経緯と、

糖尿病の恐ろしさについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「世界糖尿病デー」が制定された経緯

 

「世界糖尿病デー」を制定したのは

世界保健機関(WHO)」。

 

糖尿病が恐ろしいということは

世界中で知られていること。

 

この糖尿病の恐ろしさを全世界の人々に対し

啓発を行い、認知してもらいたいとの思いで

制定された「世界糖尿病デー」。

 

1991年に国際糖尿病連合(IDF)

とWHOが制定し、2006年に

国連総会で公認されました。

 

糖尿病の恐ろしさは

昔から知られています。

 

その割に国連で公認されたのは13年前。

遅すぎるぐらいですね。

 

 

糖尿病とは切っても切り離せないのが

インスリン」。

 

インスリンの発見者である

フレデリック・バンティング

の誕生日が11月14日。

 

これにちなんで11月14日が

「世界糖尿病デー」に選ばれました。

 

 

さて、糖尿病を放置しておくと

恐ろしいことが起こりかねません。

 

残念ながらこのことを知らない人も

少なくありません。

 

いや、知っていても対策を講じない

血糖コントロールをおろそかにしている

という人も少なくありません。

 

そういう人が一人でも減るといいなと

感じています。

 

そこで、糖尿病の恐ろしさについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②糖尿病の恐ろしさ

 

 

豆知識②-1.糖尿病とは

 

糖尿病とは

血液中のブドウ糖が

多くなる病気

 

いわゆる

「血糖値」が高い状態

(高血糖)。

 

まず、食事をしたら

糖尿病か否かにかかわらず

血糖値が上がります。

 

その際に、すい臓から分泌されるのが

インスリン」。

 

インスリンの働きによって

細胞の中にブドウ糖が取り込まれ

血糖値が下がっていくのが正常の状態。

 

しかし、この「インスリン」の分泌が

何らかの理由で不足すると

血液にブドウ糖が残ります。

 

これが高血糖の状態。

そして糖尿病。

 

糖尿病には主に遺伝などを原因とするⅠ型と

生活習慣(糖質の摂り過ぎ)が原因となる

Ⅱ型等があり、日本ではⅡ型の方が多い。

 

あらゆる原因で糖尿病になる恐れがあり

本人の責任ではない場合も

少なくありません。

 

ですので「糖尿病」を一括りにして

「生活習慣病」と言ってしまうことには

違和感を覚えています。

 

糖質をたっぷり取っても糖尿病にならない人

もいるし、

糖質を制限しても糖尿病になる人はいます。

 

生まれつき糖尿病の人もいれば

妊娠で糖尿病になる人もいます。

 

怒られるかもかもしれませんが、

結局体質によるものでは?

と思ってしまいます。

 

ただ、甘いものを含む糖質の摂り過ぎで

糖尿病になる人がいるのも事実。

 

こういう人こそ糖尿病は

「生活習慣病」といえる

のではないでしょうか。

 

体質等が原因で糖尿病になる人を

糖質代謝異常症

とでも名付け、生活習慣病とは切り離した方

がよいかと思います。

(本人がかわいそう)。

 

ただ、どちらにしても恐ろしいのは

高血糖の状態が続くこと。

 

高血糖の状態が続くことで

あらゆる合併症を引き起こします。

 

その合併症について取り上げていきます。

 

 

 

豆知識②-2.「糖尿病」が引き起こす三大合併症

 

この病気は血管を傷つける病気であり

様々な合併症を引き起こす原因になります。

 

 

1.網膜症

 

目には網膜があり、毛細血管が

たくさんあります。

 

血糖値が高くなることで

血管が動脈硬化を引き起こし、

網膜が壊れていきます。

 

これにより視力の低下などが見られ、

視界が狭くなっていきます。

 

最悪の場合

失明

を引き起こします。

 

 

2.神経障害

 

 

高血糖により手足の先の血管が詰まったり

異常な状態になります。

 

これにより怒るのが神経障害。

 

この状態が進行すれば

手足が「壊疽」を起こし、最悪の場合

手足の切断

を余儀なくされます。

 

 

3.腎症

 

腎臓は血液中の老廃物をろ過して

尿として体外に排出する働きがあります。

 

その腎臓にも血管が多数通っています。

 

血液が腎臓の血管を通る過程で

血液が浄化されます。

 

しかし、高血糖が続くと血管が詰まったり

動脈硬化を引き起こします。

 

この状態が進行していくと

血液が浄化されなくなり

「尿毒症」になります。

 

ここまでくると機械で血液を浄化する

人工透析

が必要になります。

 

これは週3回4時間程度時間を要し

病院に通わなくてはならないため

日常生活に大きな支障をきたします。

 

また、「食事制限」をしなければ

ならなくなります。

 

カリウム、リン、タンパク質を制限した食事

を余儀なくされ、水分摂取量も制限されます。

 

 

豆知識②-3.新三大合併症

 

三大合併症だけでなく、

最近は新三大合併症を引き起こすことが

わかってきました。

 

 

1.脳梗塞

 

高血糖によって起こる動脈硬化。

動脈硬化は諸悪の根源。

 

動脈硬化によって

様々な血管障害を引き起こし、その一つとして

脳梗塞を引き起こす恐れがあります。

 

脳梗塞は脳の毛細血管が詰まって起こる

脳血管障害

 

場合によっては後遺症が残ったり

命にかかわる場合もあります。

 

 

2.心筋梗塞

 

動脈硬化により心臓の血管が

詰まってしまうのが心筋梗塞。

 

心筋梗塞によって心筋が酸素不足になり

最悪の場合、心機能が壊疽を起こし

心不全になります。

 

 

3.認知症

 

意外と知られていないのが

糖尿病と認知症の関係。

 

糖尿病は血管を傷つける病気。

 

加齢とともに物忘れが激しくなるのは

誰もが起こりうること。

 

ただ、糖尿病になると

脳の毛細血管も傷つけてしまいます。

 

最初は「物忘れが激しくなったな」

と思っていても、進行することにより

認知症を発症する恐れがあります。

 

アルツハイマー型認知症

脳血管性認知症

になりやすく、前者は普通の人の1.5倍、

後者は2.5倍かかりやすいと

言われています。

 

 

 

3.私が入院中に見た「糖尿病患者」

 

ここからは、

あくまでも

私が入院中に見た糖尿病患者

です。

 

「糖尿病患者全員」が当てはまるわけでは

ありませんのでご了承ください。

 

 

糖尿病患者なら、糖尿病が引き起こす

三大合併症、新三大合併症のことを

知っているはず。

 

そして、合併症を引き起こさないために

「血糖コントロール」が必要である

ということもわかっているはず。

 

にもかかわらず、その人は

血糖コントロールを

行おうとしませんでした。

 

空腹時血糖値は70~110mg/dLが

正常の範囲ですが、その方は

400mg/dLを

超えていました

 

かなりひどい状態。

というより、影で何かを食べているので

「空腹時」ではありませんけどね。

 

入院中ですので、

病院食しかないはず。

 

当然食事制限を考慮しているはず。

 

そうなると患者にとっては

「物足りなさ」を感じていたと思います。

 

病院内の売店に行ってお菓子を買ったり

お見舞いに来る家族や友人に

お菓子を買ってくるように頼んでいました。

 

一応家族の方もたしなめていたようですが、

「食べたいときに食べられず

ストレスが溜まって

病気になったらどうする!」

というのがその方の口癖でしたね。

 

大声で怒鳴り散らしていましたからね。

 

ストレスは活性酸素の発生のもと。

活性酸素は諸悪の根源。

 

ストレスによる体への悪影響は否定しませんが

その食べ方があまりにひどかったですね。

 

血糖値が400mg/dL以上も

ありましたからね。

 

ご飯を食べる前に隠れて食べて、

食後にも隠れて食べて、

寝る前にも隠れて食べていたので

ストレスによる悪影響以上に

ヤバい状態。

 

糖尿病患者は食事前に「空腹時血糖」

を測りますが、いつも高い値を示しており

看護師さんからも「また食べたでしょ」

と言われる始末(半ばあきらめ)。

 

病院はもちろん、家族、友人、

同部屋の患者(私も含める)など

あらゆる人が説得していましたが

いっこうににやめる気配がなく

暖簾に腕押し状態でした。

 

看護師さんによると、

糖尿病患者でこのような人は

多いとのこと。

 

「食べることへの執着心」

こそが糖尿病の本当の恐ろしさ

なのかもしれません。

 

スポンサーリンク




 

 

11月14日は何の日?まとめ

 

11月14日は

「世界糖尿病デー」。

 

ということで、糖尿病の恐ろしさについて

取り上げてきました。

 

糖尿病の恐ろしさを

感じていただけましたか?

 

三大合併症で強いられる

「失明」、「手足の切断」、「人工透析」

いずれも嫌ですよね。

 

また、新三大合併症にも

なりたくありませんね。

 

もちろんそうならないように

頑張って食事制限をされている方も

多いと思います。

 

しかし、私が見た患者さんのような方も

いることも事実。

 

また、本当かどうかは疑問ですが、

こないだラジオで医師が

「糖尿病の9割人は

歯をちゃんと磨けば治る」

なんて言っていました。(ほんまかいな)

 

それはともかく、

「世界糖尿病デー」をきっかけに

あなたには「糖尿病」の恐ろしさを

知っていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク