11月10日何の日?【下半身痩せの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

気にしている人が多そうねものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

足を出すような服装をする季節では

ありませんが、今から対策を講じれば

来年の夏には自信をもって出せますね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで11月10日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで11月10日は何の日かというと

下半身痩せの日

 

下半身痩せ」というのは文字通り

下半身のダイエット。

 

今自信をもって足を出せる人、

これからもその体型を維持してください。

 

そうでない方も、今から対策を講じれば

夏には十分に間に合います。

 

そんな感じで下半身の痩せ方について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【下半身痩せの日】が

制定された経緯と

下半身痩せする方法について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【下半身痩せの日】が制定された経緯

 

【下半身痩せの日】を制定したのは

Style A 芝公園さん。

 

東京都港区芝公園の下半身痩せ専門の

パーソナルジムです。

 

「専門」の店があるぐらい

下半身にコンプレックスがある人が多い

ということでしょうか。

 

より多くの人にトレーニングをすることで

下半身痩せをしてもらい、笑顔になってほしい

との思いから制定された【下半身痩せの日】。

 

数字の「1」は真っすく伸びた美脚をイメージ

させるということで11月11日、

その下部(10日)が痩せていないとの考えから

11月10日が【下半身痩せの日】に

選ばれました。

 

私もいろんな記念日を見てきましたが、

なかなかない日付の決め方ですね。

さて、そんな下半身ですが、痩せて見えても

下半身がと悩んでいる人もいるかと思います。

 

そんな下半身痩せに迫っていきたいと

思いました。

 

ということで、

下半身痩せする方法について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②下半身痩せする方法

 

下半身が太っている原因はいろいろありますが、

共通しているのは「姿勢が悪い」ということ。

 

「ドキッ」とした人も

いるのではないでしょうか。

 

姿勢が悪いということで下半身が痩せにくく

太りやすい傾向にあります。

 

逆にいうと姿勢か良くなることで下半身や全身が

痩せやすいということもいえます。

 

 

豆知識②-1.姿勢と下半身

 

姿勢が悪いということは「使われていない筋肉」

が出てきます。

 

試しに座った状態で骨盤を立ててみてください

骨盤が寝ている(楽に座っている)状態と

比べると腹筋に力が入っているのがわかります。

 

骨盤が寝ている状態の方が楽に座れますが、

その分使われていない筋肉か出てくると

いうことになります。

 

また、立っている時の姿勢が前に傾いていると

下半身も前側が優先的に使われてしまいます。

 

これだと前側の筋肉が大きくなり、

後ろ側の筋肉は休んでしまうので

脂肪がつきやすくなります。

 

姿勢が悪いと前後差に加えて左右差が生まれる

おそれがあります。

 

そこで姿勢を良くしバランスをとることで

効率的な下半身やせが期待できます。

 

 

豆知識②-2.姿勢が悪くなる原因

 

姿勢が悪くなる原因はなんでしょうか。

 

長い時間同じ姿勢をキープすることで血行が

悪くなったり筋肉が硬くなります

 

最近ではスマートフォンを見ている若者が

増えていますが、これも姿勢が悪くなる原因の

一つですね。

 

これが続くと姿勢が悪くなって下半身太りの

原因にもなり得ます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.姿勢の改善

 

姿勢をよくするには適度な運動とストレッチで

硬くなった筋肉をほぐし、血流を良くする必要が

ありますね。

 

その前に、まずは座位と歩行を見直しみては

いかがでしょうか。

 

 

豆知識②-4.歩き方と座り方

 

 

1、歩き方

 

「ただ歩く」のでは効果は期待できません。

次の3つのことを意識して歩行して

みてください。

 

1.足を出して着地する時はかかとで、

踏み出す時に親指の付け根で行い歩行する。

 

2.頭から足先まで一直線になるようなイメージ

で猫背、お尻や腰が後ろに引かないようにする。

 

3.あごは引き気味で胸を張り、

遠くを見るようにする。

 

これで普段使っていない休んでいる筋肉が

使われます。

 

 

2.座り方

 

座り方も次の4つを意識してみてください。

 

1.腰を立てて、腰と膝が直角になるようにする

 

2.猫背にならないように腹筋に力を入れて

胸を張る。

 

3.頭からお尻まで

軽くS字カーブを描くようにする。

 

4.首が前に出ないように軽くあごを引く。

 

 

11月10日は何の日?まとめ

 

11月10日は【下半身痩せの日】。

 

ということで、

下半身痩せする方法について

取り上げてきました。

 

口で言うのは簡単ですが、これがなかなか難しく

しかもすぐに効果が表れるものではありません。

 

ただ、姿勢の良さをキープし続けるだけで

普段使わない筋肉が働き

下半身痩せの効果が期待できます。

 

何より見た目が美しいですよね。

 

更に合わせて1日5分程度のエクササイズも

行うことでさらなる効果が期待できます。

 

とにかく「継続すること」。

これに尽きますね。

 

私の大好きな言葉に「継続は力なり

というものがあります。

 

【下半身痩せの日】をきっかけにご自分の姿勢を

見直していたたき、下半身痩せを実現して

いただけたら幸いです。

スポンサーリンク