10月6日何の日?今日は【メロンの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

甘くて大好きですが、

なかなかお目のかかれないものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

「お高い」というイメージがあるので

普段はあまり食べないですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月6日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月6日は何の日かというと

メロンの日

 

皆さんは「メロン」は好きですか?

 

私は大好きなんですが、

なかなか自分で買って食べようとは

しませんね。

 

めったにお目にかかれない「メロン」。

 

そんなメロンのことを

もっと知りたいと思いました。

 

そこで【メロンの日】が制定された経緯と、

メロンの豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【メロンの日】が制定された経緯

 

【メロンの日】を制定したのは

第2回全国メロンサミットinほこた

開催実行委員会

 

「ほこた」とは「茨城県鉾田市」。

そこで全国のメロン産地の自治体が集まって

全国メロンサミット」が開催されました。

 

その中でメロンの美味しさをより多くの人に

知ってもらって消費拡大につなげたい

との思いから【メロンの日】が制定されました。

 

メロンは6月に出荷量が最も多くなります。

また「6」という数字がメロンの形に

似ているということから毎月6日が

【メロンの日】に選ばれました。

 

「だったら6月6日を【メロンの日】

にすればいいじゃん」って思いました。

 

ただ、「消費拡大につなげたい」

のであれば毎月の記念日にしてもいいのかな

とも思いました。

 

【メロンの日】には各自治体で

メロンのPRをしています。

 

さて、そんなメロンですが

「甘いもの」ということ以外

知らないことも多いので

もっと知りたいと覆いました。

 

ということで、

メロンの豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②メロンの豆知識

 

豆知識②-1.メロンの選び方

 

一口に「メロン」と言っても

様々な書類があります。

 

果肉の色も「赤肉」「青肉」「白肉」

のものがありますし、

ネットのあるものとないものがありますね。

 

当然選び方も様々ですが、ここでは

一般的なメロンの選び方について

取り上げていきます。

 

 

1.メロンの大きさ

 

一口に「メロン」といっても様々な品種が

あります。

 

品種によって大きさが変わるのが厄介ですが、

品種に合う大きさの中でも、やや大きめのもの

美味しいメロンになりますね。

 

 

2.メロンの形

 

こちらもメロンの品種によって形か微妙に

違います。

 

しかし、形で見るところは「左右対称」かどうか

ですね。

 

左右対称のものが美味しいメロンですので

変形しているものはなるべく避けるように

したください。

 

 

3.メロンの皮

 

メロンの皮は、全体的にハリがあるもの、

メロンの下側が弾力があって柔らかいもの

美味しいメロンです。

 

なお、網があるメロンは大きくなるにつれて

ひび割れしないように網が満遍なく厚く

しっかりしていきます。

 

網があるメロンは網がしっかりしたもの

選ぶようにしてください。

 

 

4.メロンの重さ

 

結論から言うと、

持ってみてズッシリと重たいもの」が

美味しいメロンです。

 

重たいものは肉厚の果肉が入っており、

逆に軽いものは果肉が寂しい、状態のものが

多いです。

 

先日の記事 【8月31日は何の日?豆知識】今日は【野菜の日】トマトの豆知識

のように、トマトと同じですね。

 

 

5.メロンの香り

 

メロンは品種によっも香りが変わります。

 

品種特有の香りがある中でも「香りの強いもの

が美味しいメロンです。

 

メロンを買うときは、「鼻のきく人」

と一緒に行くことをお勧めします。

スポンサーリンク

 

豆知識②-2.メロンの保存方法

 

 

1.メロンの保存場所

 

まず知って欲しいのが、「メロンは追熟する

ということです。

 

もちろん収穫されてから購入されるまでの

期間にもよるので、すでに完熟している場合も

ありますが。

 

追熟させる間は「冷蔵庫」に入れると

追熟しなくなってしまいます。

 

追熟させる場合は20〜25℃ で保存するのが

良いとされています。

 

なお、夏の暑い時でもエアコンの風を

「直接」当てないようにしてくださいね。

 

追熟が完了している場合は風通しの良い冷暗所

に保存しておいてください。

 

なお、追熟したものを食べるときは

ポリ袋等に入れて、食べるま2〜3時間前に

入れておき冷やすと美味しく食べることが

できます。

 

 

2.メロンの完熟の見分け方

 

追熟が完了し完熟した状態を見る場合、

メロンの「ツル、香り、弾力」が

どうなっているかがポイントになります。

 

メロンのツルがしなびているもの、

メロンの香りが強くなっているもの、

メロンの下側の中心が柔らかくなっているもの

完熟したメロンです。

 

これらに気をつけながら美味しいメロンに

ありつけて欲しいものですね。

 

 

10月6日は何の日?まとめ

 

10月6日は【メロンの日】。

 

ということで、

メロンの豆知識について

取り上げてきました。

 

美味しいメロンの見分け方や保存方法、

完熟の見分け方等気をつけなければならないこと

が多いですね。

 

皆さんはそこまで気を使っているのでしょうか。

 

だとしたら「ただ食べている」私は

反省しなければと思いましたね。

 

まあほどほどに気をつけて美味しいメロンを

食べてくださいね。

スポンサーリンク