【10月5日は何の日?豆知識】今日は「教師の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月5日は何の日かというと

教師の日」。

 

一口に

教師

と言っても様々な教師がいますよね。

 

優しい人、怖い人、熱血な人、冷めた人、

諭す人、力で押し切る人、理不尽な人等

十人十色です。

 

子供の頃に見る先生と、

大人になってから見る先生とでは、

見方が変わりましたね。

 

私が大人になったことで教師の気持ちも

わかってきたというところでしょうか。

 

ただ、私の時代(40代)と違って

現在の教師は何かと大変ですよね。

 

その中にあっても

生徒思いの優しさがある

落ち着いていて動じない

教師が理想だなと思う今日この頃。

 

そんな教師について

迫っていきたいと思いました。。

 

そこで「教師の日」が制定された経緯と、

私にとっての理想的な教師について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「教師の日」が制定された経緯

 

「教師の日」を制定したのは

認定特定非営利活動法人

Teach For Japan

さん。

 

優秀な教師の育成等を行うことで、

子どもたちにより良い教育を施すために

設立された認定NPO法人。

 

 

教師の仕事の魅力や現場の仕事の様子、

教師の仕事に対する意識、努力を

より多くの人に知ってもらいたいとの思い

によって制定された「教師の日」。

 

1966年10月5日に

国連の教育科学文化機関(ユネスコ)が

教師の地位向上に関する勧告

を調印して

「世界教師デー」ができました

 

これにちなんで10月5日が「教師の日」に

選ばれました。

 

 

さて、私が学生時代の教師と

今の教師とでは

イメージが変わりましたね。

 

また、世間も教師に対する見方や態度が

変わってきたように思います。

 

 

私のころは「先生にげんこつされた」

と言ったら、親からもげんこつ上から

もう一つげんこつされたもの。

 

しかし、今では教師が生徒に手を上げたら

親が学校に殴り込む時代。

 

両極端ですね。

 

そんな中、

「理想の教師像ってどんなもの?」

とふと思いました。

 

ということで、

私にとっての理想的な教師について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②私にとっての理想的な教師

 

「理想の教師像」は私が学生時代と

現在では全く変わりました。

 

ということで「学生時代に抱いていた理想」

と「現在抱いている理想」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.学生時代に抱いていた理想

 

 

1.甘やかしてくれる

 

学生時代はとにかく

優しい教師だったらいいな

と思ったものです。

 

今思えば、「本当の優しさとは何か」

わかっていないとき。

 

「本当の優しさ」とは一言で言うと

「生徒のためを思って教育にあたる」

のが本当の優しさだと感じています。

 

まあ、厳しすぎても大変ですが・・・。

 

 

それはともかく、当時は

何をしても怒らない、口うるさくない

さらに言うと楽しい教師が

理想でしたね。

 

 

2.年齢が若い

 

1のも繋がってきますが、

若い教師、何だったら新米の教師が

担任にならないかなと思ったものです。

 

「新米の教師は怒らない」

というイメージ

がありました。

(みんながそうではないんでしょうけど)

 

特に若い女性が担任になることを

願っていたものですね。

(残念ながら私には

その経験がありませんでした)

 

 

豆知識②-2.現在抱いている理想

 

 

1.生徒思いの優しさがある

 

あえてここで「優しさ」という表現を

させていただきました。

 

学生時代の私も「優しい教師がいいな」

と思っていましたが、今思えばそれは

「優しさ」というよりも

単なる「甘やかし」。

 

私の担任は厳しい教師が多かった。

 

私は殴られたことはありませんが、いわゆる

「体罰」を辞さない教師

もいました。(当時は体罰には寛容だった)

 

そのせいもあり、厳しい教師というより

「甘やかさない程度の優しさのある教師」

が理想ですね。

 

 

2.落ち着いていて動じない

 

教師って「教諭」とも言いますよね。

 

教諭って

「教える」ことと「諭すこと」

が必要

であると考えています。

 

私の学生時代には

「悪いこととをしたら問答無用で殴る教師」

というのがいました。

 

まあその悪いことにもよるのでしょうが、

まずは落ち着いてその生徒に諭して教える

ということが必要だと考えています。

 

 

1と2を総合すると、

私が理想としている教師像は

ちびまる子ちゃんの担任の先生

がそれに当てはまるのではないでしょうか。

(架空の人物ですが)

 

「さくらさん、○○してはダメですよ」

「さくらさん、○○を頑張りましたね」

というような言動をするような教師が

理想の教師像ですね。

 

 

10月5日は何の日?まとめ

 

10月5日は「教師の日」。

 

ということで、

私にとっての理想的な教師について

取り上げてきました。

 

いま改めて考えてみると

学生時代と現在とでは

理想の教師像が変わりましたね。

 

これも私が年齢を重ねて

後輩に仕事を教えるということが増えた

ということが大きいのではないかと思います。

 

あなたに「理想の教師像」とは

どんな教師ですか?

 

 

スポンサーリンク