10月4日は何の日?今日は【イワシの日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私がよく食べるものの記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

缶詰でもたくさん売っていますし

手に入りやすいですよね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月4日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月4日は何の日かというと

イワシの日

 

皆さんは「イワシ」は好きですか?

私はもちろん大好きです。

 

安いし美味しいし庶民の味方ですよね。

 

さて、皆さんは「イワシ」に対して

どう思っていますか?

 

イワシは

「魚」に「弱」と書いて「」(イワシ)。

 

弱肉強食の世界では弱いのかもしれませんが

魅力にあふれた魚であるイワシ。

 

まさに私達にとって心「」いイワシ。

 

そして食べたに美味しいイワシ。

 

そんなイワシについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【イワシの日】が制定された経緯と、

イワシの豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【イワシの日】が制定された経緯

 

【イワシの日】を制定したのは

いわし食用化協会さん。

 

大阪府多獲性魚有効利用検討会

(大阪おさかな健康食品協議会)提唱により

いわし食用化協会が1985年(昭和60年)

に制定した【イワシの日】。

 

【イワシの日】は

(当時は)安くておいしい魚としてのイワシ

の魅力をより多くの人に知ってもらうために

制定されました。

 

「1(い)0(わ)し(4)」の語呂合わせ

によって10月4日が【イワシの日】に

選ばれました。

 

イワシの旬は9月~11月の秋が旬であり、

旬の時期とも重なっていて

ちょうどよかったですね。

 

 

さて、最近では漁獲量も減ってきて、

「庶民の味方」であったはずのイワシが

高級魚(と言ったら大袈裟?)に

なってしまうかも!

 

そんなイワシですが、実際はどんな魚なのか

再確認したいと思いました。

 

ということでイワシの豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②イワシの豆知識

 

 

豆知識②-1.イワシの栄養

 

 

1.ドコサヘキサエン酸(DHA)

 

ドコサヘキサエン酸(DHA)。

青魚に多く含まれていることは

ご存知の方も多いでしょう。

 

イワシにもこのDHAを多く含んでいます。

 

ご存知の方も多いと思いますが、DHAは

頭(脳)に良い栄養素です。

 

加齢によって記憶力や計算力が落ちますが

DHAは脳細胞を活性化させることにより

これらを予防し、認知症対策効果

期待できます。

 

 

2.エイコサペンタエン酸(EPA)

 

DHAと同じく、

青魚に多く含まれている

エイコサペンタエン酸(EPA)。

 

当然こちらもイワシにもEPAを

多く含んでいます。

 

EPAは血液をサラサラにし、

血液を健康な状態にすることで血管の疾患を

予防する効果が期待できます。

 

また、肝臓に中性脂肪の合成を防止する効果

が期待できます。

 

 

3.ビタミンD

 

ビタミンDにはインスリンという

血糖値を下げるホルモンを分泌する効果

期待できます。

 

インスリンが分泌されることで

糖尿病の予防効果が期待できます。

 

 

4.ミネラル

 

イワシにはカルシウム、マグネシウム、

リン等のミネラルが豊富です。

 

カルシウムには歯や骨を強くして

骨粗しょう症を予防する効果が

期待できます。

 

 

マグネシウムは

カルシウムやリンと共に歯や骨を強くする効果

が期待できます。

 

また、エネルギーをつくるための補助、

血圧を維持する等の効果が期待できます。

 

 

リンはカルシウムやマグネシウムとともに

歯や骨を作るのにかかわっています。

 

また、脳や筋肉、神経等に含まれており、

エネルギーを作り出すことに関わる

重要なミネラルです。

 

 

5.チロシン

 

イワシにはチロシンを含んでいます。

チロシンはアミノ酸の一つです。

 

チロシンはドーパミンやアドレナリンを作り

集中力を高めたり、やる気を起こさせる効果

が期待できます。

 

また、うつ病の予防・改善効果も期

待できます。

スポンサーリンク

 

豆知識②-2.イワシの料理

 

今でこそイワシは漁獲量が減り、

価格が高騰していますが、

少し前までは安く購入できて

なおかつ栄養満点である庶民の味方の魚

でした。

 

それでいて美味しい魚

(好き嫌いはあるかな?)ですので

ますます庶民の味方であると言えます。

 

そのためレシピも豊富でフライにしたり

かば焼き、煮つけ、南蛮漬け等あげたら

キリがありません

 

また、私は「イワシの味噌煮」の缶詰を

常備しています

(というか積み上がっています)。

 

おかずが足りない時に使っても良し、

お酒の肴にしても良し

非常食にも使えるイワシの缶詰。

 

このように様々な使い方ができる

イワシは魅力的な魚です。

 

 

10月4日は何の日?まとめ

 

10月4日は【イワシの日】。

 

ということでイワシの豆知識について

取り上げてきました。

 

イワシの旬の日と重なる【イワシの日】。

 

「魚」に「弱」と書くイワシも

栄養が豊富で心「強」いイワシ。

 

そして食べても美味しいイワシ。

 

さらに様々なレシピと使い方があるイワシ。

 

知れば知るほどイワシは魅力あふれる魚

であることがわかります。

 

皆さんにも【イワシの日】をきっかけに

イワシの魅力を再認識していただき

食べる機会にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク