10月31日は何の日?今日は【出雲ぜんざいの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

甘党の私には目がないものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

小豆を使っているので体にも良さそうですが、

普段はあまり食べることがありませんね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月31日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月31日は何の日かというと

出雲ぜんざいの日

 

皆さんは「ぜんざい」は好きですか?

 

今回は「出雲ぜんざ」って出雲という地名が

入っています。

 

今回はその理由とぜんざいについて

迫っていきたいと思いました。

 

 

そこで【出雲ぜんざいの日】

が制定された経緯と、

ぜんざいの豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【出雲ぜんざいの日】が制定された経緯

 

【出雲ぜんざいの日】を制定したのは

出雲観光協会さん。

 

島根県出雲地方では旧暦の10月のことを

「神在月」と呼び「神在祭」が

行われていました。

 

そこで振舞われたのが

「神在(じんざい)もち」。

これが「ぜんざい」の語源だと言われています。

 

これにちなんで

【出雲ぜんざいの日】が制定されたのですが、

「出雲」という地名がはいっているのは

神在もちのおかげなんですね。

 

「1031(ぜんざい)」の語呂合わせによって

10月31日が【出雲ぜんざいの日】に

選ばれました。

 

さて、そんな「ぜんざい」ですが

「そとそもぜんざいって何?」という疑問が

生まれてきました。

 

ということで、

ぜんざいの豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②ぜんざいの豆知識

 

 

豆知識②-1.ぜんざいとおしるこの違い

 

ぜんざいとおしるこはいずれも小豆と餅が

入っているはず。

 

「じゃあ何が違うの?」と思いましたが、

これ違いは地方によって違うということが

わかりました。

 

これについて取り上げていきます。

 

 

1.関東での違い

 

関東での

「ぜんざい」はあんを餅にかけたもの。

「おしるこ」は小豆の汁に餅を入れたもの。

 

「なんだ同じじゃないか」というツッコミが

聞こえてくるようです。

 

ただ、これらは「主役はどちらか

にかかっています。

 

「ぜんざい」の主役は餅

ですので必ずしも餅があんの中に

ドップリ入っている必要はありません。

 

餅の上に「あん」が少しでもかけられている

のであれば「ぜんざい」になります。

 

 

それに対し「おしるこ」は「お汁粉」と

書くだけあって、小豆の汁が主役

 

ですので汁の中にドップリ入っていなければ

おしることは呼べません。

 

ただ、どのぐらいあんがかかっているかの基準は

定かではありませんが。

 

 

2.関西での違い

 

関西で

「ぜんざい」とは小豆を溶かした汁のこと。

「おしるこ」とは小豆の汁中に餅を入れたもの。

 

 

つまり、具が入っていないものがあるぜんざい、

具が入っているものはおしるこ

 

私が想像していたものとは違いました。

餅が入っていないという想像は

できませんでした。

 

 

3.関東と関西でのぜんざいの違い

 

関東と関西でのぜんざいの違いは

・具が入っているか否か

・汁気があるかないか

によって違います。

 

具があって汁気のない(少ない)のが関東、

具がなくて汁気のある(多い)のが関西の

ぜんざいということになります。

 

 

4.関東と関西でのおしるこの違い

 

おしるこについては関東と関西では大きな違いは

なさそうです。

 

ただ、関西では「こしあん」で作られたもの

でしか「おしるこ」と呼ばない

という説もあります。

 

それに対し関東では「こしあん」「つぶあん」

のどちらでも「おしるこ」であるという説

もあります。

 

つまり、「あんの状態」によって

違いが出てくるんですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.沖縄のぜんざいとは

 

関東にしても関西にしてもぜんざいとは

温かい食べ物です。

 

それに対し、沖縄のぜんざいは皆さんが

想像しているものとは全く違います。

 

結論から言うと、沖縄のぜんざいは

冷たいスイーツ

 

沖縄県はアイスクリームの県民一人当たり消費量

は47都道府県の中でも最下位。

 

「暑いのに」と意外に思いましたが、

沖縄では暑い時にはぜんざいを食べることが

多いようです。

 

その沖縄のぜんざいとは「かき氷」の中に

具が入っているスイーツ。

 

その具とは、

小豆の代わりに金時豆を使って黒糖で煮る。

その中に押し麦や白玉等を入れたもの。

 

つまりかき氷の一種なんですね。

 

沖縄でぜんざいを食べるときは気をつけて

くださいね。

 

暖まろうと思ったら逆に寒くなりますので。

(沖縄は暖かいからいいか)

 

 

10月31日は何の日?まとめ

 

10月31日は【出雲ぜんざいの日】。

 

ということで、

ぜんざいの豆知識について

取り上げてきました。

 

「ぜんざい」と「おしるこ」の違い。

また、「ぜんざい」と「おしるこ」共に

関東と関西で違うんですね。

 

私は「関東の区別の仕方」が

正しいと思っていましたが。

 

何だかややこしいですね。

しかも出雲は西の方なので

関西と同じ区別の仕方のはず。

 

そうなると神在餅の話は・・・。

 

どうやら細かいことは考えないほうが

良さそうですね。

(じゃあ記事にするなって言われそう)

スポンサーリンク