【10月31日は何の日】豆知識~今日は「出雲ぜんざいの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月31日は何の日かというと

出雲ぜんざいの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは「ぜんざい」は好きですか?

 

「甘党」である私が

ぜんざいが嫌いなはずがありません。

 

なお、今回は

出雲ぜんざい

って「出雲」という地名が入っています。

 

そう、「ぜんざい」の語源は

出雲で呼ばれている

「神在」(じんざい)

からきているもの。

 

また、ぜんざいに似た食べ物で

「おしるこ」があります。

 

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは

地域によって違います。

 

そんなぜんざについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「出雲ぜんざいの日」

が制定された経緯と、

ぜんざいの雑学について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「出雲ぜんざいの日」が制定された経緯

 

「出雲ぜんざいの日」を制定したのは

出雲観光協会

さん。

 

そりゃあ「出雲」という名前が使われている

からには、出雲の関係者が制定していないと

おかしいですよね。

 

島根県出雲地方では

旧暦の10月のことを

神在月

と呼び

神在祭

というお祭りが開催されていました。

 

「神在祭」で振舞われたのが

神在もち」。

(じんざいもち)

 

この

「神在」が「ぜんざいの語源」

だと言われています。

 

これにちなんで

「出雲ぜんざいの日」

が制定されました。

 

「出雲」という地名が入っているのは

「ぜんざい」の語源である「神在」が

出雲に由来しているからなんですね。

 

「1031(ぜんざい)」

の語呂合わせによって10月31日が

「出雲ぜんざいの日」に選ばれました。

 

 

さて、「神在」が語源となった

「ぜんざい」。

 

そして「ぜんざい」に似た食べ物である

「ぜんざい」。

 

記事を書いているうちに

「そもそもぜんざいって何?」

「おしるこって何?」

という疑問が生まれてきました。

 

「どちらも甘くて美味しい」

といううことだけはわかっています。

 

ということで、「せんざい」と「おしるこ」

の違いを含む、ぜんざいの雑学にっついて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②ぜんざいの雑学

 

 

豆知識②-1.ぜんざいとおしるこの違い

 

ぜんざいとおしるこは

いずれにしても小豆と餅が

入っているはずと勝手に思っていました。

 

「じゃあ何が違うの?」と思いましたが、

ぜんざいとおしるこの違いは

関東と関西で違うということが

わかりました。

 

そこで、「ぜんざい」と「おしるこ」の

「関東での違い」と「関西での違い」

について取り上げていきます。

 

 

1.関東での違い

 

関東での

「ぜんざい」はあんを餅にかけたもの。

「おしるこ」は小豆の汁に餅を入れたもの。

 

言い回しは違うものの、

あんと餅を使用しています。

 

「なんだ、同じじゃないか!」

とツッコまれそうですね。

 

ただ、「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは

どちらが主役なのか

にかかっています。

 

「ぜんざい」の主役は餅

ですので必ずしも餅があんの中に

ドップリ入っている必要はありません。

 

餅に少しでも「あん」がかけられていれば

「ぜんざい」になります。

 

 

それに対し、

「おしるこ」は小豆の汁が主役

です。

 

さすが「おしるこ」は漢字で「お汁粉」

と書くだけありますね。

 

ですので

汁の中に餅がドップリと浸かっていなければ

おしることは呼べません。

 

ただ、

どのぐらいのあんがかかっていれば

「おしるこ」なのかの

明確な基準はわかりませんでした。

 

というより、そんな基準は

ないんでしょうね。

 

その辺りは作った人、もしくは食べる人の

感覚次第といったところでしょうか。

 

ともあれ、ぜんざいは「餅」、

おしるこは「あん」

が主役ということになります。

 

 

2.関西での違い

 

関西では

「ぜんざい」とは

小豆を溶かした汁

のこと。

 

「おしるこ」とは

小豆の汁の中に餅を入れた

もの。

 

つまり、

具が入っていないのが

ぜんざい

 

具が入っているものはおしるこ

 

私の想像とはかけ離れていました。

 

餅が入っていないものという想像は

できませんでした。

 

あんだけでも十分に美味しいですが、

餅が入っていないと

寂しいような気がします。

 

 

3.関東と関西でのぜんざいの違い

 

上記をまとめますと、

関東と関西でのぜんざいの違いは

具があって汁気の少ないのが関東

具がなくて汁気の多いのが関西の

ぜんざいということになります。

 

個人的に私は道が入っている

関東のぜんざいが好きですね。

 

 

4.関東と関西でのおしるこの違い

 

おしるこについては

関東と関西では大きな違いは

なさそうですね。

 

ただ、関西では

「こしあん」で作られたもの

でしか「おしるこ」と呼ばない

という説もあります。

 

それに対し関東では

「こしあん」「つぶあん」

のどちらでも「おしるこ」

であるという説もあります。

 

つまり、「あんの状態」によって

違いが出てくるんですね。

 

私はつぶあんの方が好きなので

やはり関東のおしるこが

好きということになりますね。

 

もちろん「こしあん」も

好きなんですけどね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.沖縄のぜんざいとは

 

関東にしても関西にしても

ぜんざいの違いはあれども

どちらも温かい食べ物。

 

それに対し、沖縄ぜんざいは

私が想像していたものとは

大きくかけ離れていました。

 

結論から言うと、

沖縄ぜんざいは

冷たいスイーツ

 

沖縄県のアイスクリームの

県民一人当たありの消費量は

全国で最下位。

 

「熱いのに」と意外に思いましたが、

おきなわでは暑い時には

アイスクリームの代わりに

沖縄ぜんざいを食べるのだとか。

 

沖縄ぜんざいとは

「かき氷」の一種

 

沖縄ぜんざいは具として

小豆の代わりに金時豆を使って黒糖で煮る。

その中に押し麦や白玉等を入れたもの。

 

具沢山のかき氷

といったところでしょうか。

 

沖縄でぜんざいを食べるときは

気を付けてくださいね。

 

暖まろうと思ったら逆に寒くなりますので。

(沖縄は暖かいからいいか)

 

 

10月31日は何の日?まとめ

 

10月31日は「出雲ぜんざいの日」

 

ということで、

ぜんざいの雑学について

取り上げてきました。

 

「ぜんざい」と「おしるこ」の違い、

また、「ぜんざい」と「おしるこ」共に

関東と関西で違うんですね。

 

私は「関東の区分の仕方」が

正しいと思っていましたが

なんだかややこしいですね。

 

しかも出雲は西の方なので

関西の区分と同じはず。

 

そうなると「神在もち」の話は・・・。

 

どうやら細かいことは考えない方が

よさそうですね。

(じゃあ記事にするなと言われそう)

 

 

スポンサーリンク