【10月29日は何の日】豆知識~今日は「国産とり肉の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

10月29日は何の日かというと

国産とり肉の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

鶏肉

と聞いて何をイメージしますか?

 

私は

美味しい肉

レシピが多い肉

というイメージを抱いています。

 

唐揚げ、焼肉、焼き鳥、親子丼、・・・

レシピを上げたらキリがない

「鶏肉」。

 

主役はもちろん、サイドメニューにも登場し

レシピは無限大!

 

それだけ番人から愛されてきたということが

うかがえる「鶏肉」。

 

また、鶏が生む卵を含めたら

ますますレシピは広がっていきます。

 

豚肉、牛肉とともに

すっかりおなじみになった「鶏肉」。

 

鶏肉の魅力はレシピが豊富なだけでなく

良質なタンパク質が豊富

脂肪肝の抑制

疲労回復効果

美肌効果、骨の発育効果

等があります。

 

そんな鶏肉に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、

「国産とり肉の日」が制定された経緯と、

鶏肉の魅力について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「国産とり肉の日」が制定された経緯

 

「国産とり肉の日」を制定したのは

日本食鳥協会」。

 

こんな団体もあるんだなと

いつも感心させられます。

 

国産の鶏肉が安全で美味しいということを

より多くの人に知ってもらいたいという思い

により制定された「国産とり肉の日」」。

 

10番目の干支である「とり」

また「10(とり)29(にく)」の

語呂合わせにより10月29日が

「国産とり肉の日」に選ばれました。

 

下記の記事

 

【1月29日は何の日?豆知識】今日は「肉の日」鹿肉の栄養と食べた経験

 

【12月29日は何の日?豆知識】今日は「肉の日」豚肉の魅力

 

にあるように、もともと

「毎月29日」は「肉の日」

 

その中で10月は

「国産とり肉の日」も兼ねている

ということになりますね。

 

「国産」というだけで安心感を抱くのは

私だけではないはず。

 

そしてレシピの多さと各店舗、

各家庭での広がり。

 

「国産とり肉の日」の目標は

達成されたといっても

いいのではないでしょうか。

 

 

さて、そんな鶏肉ですが、

私の知らない魅力は

まだまだたくさんあるはず。

 

ということで鶏肉の魅力について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②鶏肉の魅力

 

知っている方、感じている方も多い

と思いますが、美味しい肉である

「鶏肉」。

 

しかし、「鶏肉」の魅力は

それだけではありません。

 

鶏肉の魅力について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.レシピが豊富

 

鶏肉の魅力の一つとして

レシピが豊富であること

 

唐揚げ、焼き鳥、焼肉、親子丼など

あげたらキリがありません。

 

料理が苦手な私でも

パッとこれだけのレシピを

思い浮かべることができます。

 

料理が得意な人は

まだまだたくさんのレシピを

思い浮かべるに違いありません。

 

 

また、季節外れではありますが、

私がよく行くスーパーで売られている

鶏肉づくし

という焼き肉用の鶏肉セットがあります。

 

その中には鶏肉の各部位がてんこ盛り!

 

当然部位によって味わいも栄養も変わり、

私の舌を楽しませてくれます。

また、レシピの幅も広がります。

 

今の季節は焼肉の時期ではないので

店頭にはおいていませんけどね。

 

その代わりに「鍋セット」で

鶏肉は大活躍!

 

 

さらに、鶏は卵を産みますが、

卵も広く親しまれています。

 

卵は下記の記事

 

【10月12日は何の日?豆知識】今日は「たまごデー」卵の雑学

 

にあるように、栄養満点で

リーズナブル。

 

まさに庶民の味方ですね。

 

鶏肉、そして卵を含めると無数のレシピが

あり、無限の可能性を感じさせてくれます。

 

 

豆知識②-2.良質なタンパク質が豊富

 

鶏肉には

良質なタンパク質

が豊富に含まれています。

 

三大栄養素の一つである

「タンパク質」。

 

タンパク質は体を作る成分で

筋肉を鍛えるのには欠かせない栄養素。

 

矛盾しているように

聞こえるかもしれませんが、

筋肉を鍛える=ダイエット効果

という方程式が成り立ちます。

 

筋肉を鍛える=代謝が良くなる

ためエネルギーを消費しやすくなるんです。

 

なお、生活習慣病が心配の方は

ささみ

を食べるといいでしょう。

 

ささみは脂身が少なくてヘルシー。

それでいて高tンパク。

 

まあ脂身が好きな人には

物足りないかもしれませんけどね。

 

 

豆知識②-3.脂肪肝を抑制する

 

鶏肉に含まれる

必須アミノ酸

のいっしゅである

メチオニン」。

 

メチオニンは肝臓の活性化や

毒素を体外に排出させる効果が

期待できます。

 

また、メチオニンの働きによって

脂肪肝を予防する効果が期待できます。

 

脂肪肝とは脂肪が肝臓にたまった状態。

 

脂肪肝はお酒を飲む人はもちろん、

お酒を飲まない人にもかかる恐れがあり、

放置していると生活習慣病にある恐れが

あります。

 

お酒のおつまみに焼き鳥というのは

実は理にかなっているんですね。

 

ただ、食べすぎ、飲みすぎには

注意してくださいね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-4.疲労回復効果

 

鶏肉には

イミダペプチド

ナイアシン

が含まれています。

 

イミダペプチドを多く含む

「鶏むね肉」。

 

イミダペプチドには抗酸化作用による

「活性酸素」の発生を抑制する効果が

期待できます。

 

また、長距離を飛行する渡り鳥の

比類なき体力は「イミダペプチド」

のおかげ。

 

「イミダペプチド」は

疲労回復効果が期待できます。

 

 

また、ナイアシンは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

【10月28日は何の日】豆知識~今日は「おだしの日」おだしの魅力

 

にあるように、

脳内の血行を促進する効果が

期待できます。

 

これにより

脳が活性化

され、記憶力がよくなったり

認知症の予防効果が期待できます。

 

 

豆知識②-5.美肌効果、骨の発育効果

 

鶏肉に含まれる

ビタミンA」。

 

特に胸肉、ささみ、レバーには

ビタミンAが豊富に含まれています。

 

ビタミンAには肌荒れ予防効果や

骨の発育効果等が期待できます。

 

また、手羽先にはコラーゲンが含まれ、

美肌効果が期待できます。

 

 

10月29日は何の日?まとめ

 

10月29日は「国産とり肉の日」。

 

ということで鶏肉の魅力について

取り上げてきました。

 

レシピの豊富さ、良質なタンパク質、

脂肪肝の予防、疲労回復、美肌効果

骨の発育等さまざまな効果が

期待できます。

 

そして美味しくて栄養がある魅力的な

鶏肉が食べられるのも

養鶏所の方々や関係者の方々等生産者の

おかげです。

 

また、「国産」という響きもいいですね。

 

「国産とり肉の日」をきっかけに

生産者の方々に感謝をしながら

鶏肉の魅力を踏まえたうえで

食べていただけたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク