10月28日は何の日?【おだしの日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私達の食生活を支えているものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

主役にはなりませんが、

「名脇役」として料理を

支えてくれています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月28日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月28日は何の日かというと

おだしの日

 

おだし」とは「お出汁」のこと

和食の生命線とも言える「おだし」。

 

「おだし」の存在を知らない人はいない

とは思いますが、

「自分で(おだしを)とったことはない」

という人は意外と多い

のではないでしょうか。

 

特にそこの、料理は奥さんなどに

まかせっきりのあなた。

 

しかし、この「おだし」には

たくさんの魅力に溢れています。

 

そんなおだしに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、【おだしの日】

が制定された経緯と、

おだしの魅力について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【おだしの日】が制定された経緯

 

「おだしの日」を制定したのは

関西地方で50店舗を展開する

株式会社太鼓亭さん。

 

和食には欠かせない「おだし」の正しい知識

を提供するとともに、

旨味があり健康にも良い「おだし」の魅力を

皆さんに知ってもらいたいという思いで

【おだしの日】を制定しました。

 

おだしは味を付けるだけでなく

健康にも良い優れものなんですね。

 

「おだし」の代表格であるカツオ節

の燻乾カビ付け製法を作り出したのは

角屋甚太郎氏。

 

彼の命日が1707年10月28日

であることにちなんで10月28日が

【おだしの日】に選ばれました。

 

 

 

さて、彼は江戸時代に紀州印南浦の漁民

としてカツオ節を作り出した人物です。

 

今でこそカツオ節は誰もが知る「おだし」の

代表格になりました。

 

しかし、最初にカツオをあのような形にして

削りだして「おだし」を取ろうという発想

をしたのは凄いことだと思います。

 

まさに「コロンブスの卵」ですね。

 

それから300年以上経過した現在

においても「おだし」の代表格として

君臨し続けていることは、

彼の偉大さを物語っていますね。

 

それだけカツオ節を含む「おだし」が魅力的

であるということですね。

 

今度はおだしの魅力について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②「おだし」の魅力

 

 

豆知識②-1.食材本来の旨みを引き出す

 

「おだし」は日本で一番古い調味料です。

 

醤油や塩のように塩分が多いわけでは

ありませんから、食材本来の旨みを感じる

ことができます。

 

しかし、私も若い頃は食材にたっぷりと醤油

をかけて食べていました。

 

今思えば、食べ物を食べているのか

醤油を食べているのか

わからないぐらいでしたね。

 

ただ、私は何も醤油や塩の存在を否定する

つもりではありません。醤油には醤油の、

塩には塩の良さがあります。

 

これらにも食材の旨みを引き出す力があると

思います。

 

しかし、私に限らず現代の人は

濃い味を好む傾向にあるため、

塩分の摂り過ぎで高血圧になり

生活習慣病になる恐れがあります。

 

「おだし」を上手に使うことで

塩分摂取を抑え、生活習慣病の予防効果が

期待できます。

 

 

豆知識②-2.認知症予防効果が期待できる

 

カツオ節の「おだし」にはビタミンB群

豊富に含まれています。

 

その中の「ナイアシン」という物質には

アルツハイマー型認知症」の予防効果が

期待できます。

 

それはナイアシンには血行をよくする効果

があり、脳内の血行が良くなることで

脳神経が活発になるためであると

考えられています。

 

カツオの「おだし」が認知症予防効果が

期待できるなんてビックリしました。

 

うちの両親にも勧めてみようかな

と思います。

 

 

豆知識②-3.生活習慣病の予防効果

 

ナイアシンには脳内の血行を促進する効果が

期待できます。

 

これにより脳梗塞や高血圧などの

生活習慣病を予防する効果が期待できます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-4.冷え性や肩こりの改善効果

 

ナイアシンは脳内だけでなく、

表皮の血行も促進します。

これにより冷え性や肩こり等の改善効果

期待できます。

 

 

豆知識②-5.食欲抑制効果、脂肪燃焼効果

 

カツオの「おだし」にはビタミンB群と

イノシン酸が含まれています。

 

この成分から「ヒスチジン」を摂ることが

できます。

 

この「ヒスチジン」は必須アミノ酸です。

 

また、「ヒスチジン」には脂肪を燃焼する

効果わや食欲を抑制する効果があり、

ダイエットをしている人にはもってこいの

成分です。

 

 

豆知識②-6.疲労回復効果、集中力向上効果

 

「カツオのおだし」には「ペプチド」が

含まれています。

 

ペプチドは疲労回復や集中力を向上させる

効果が期待できます。

 

また、抗酸化作用により活性酸素を抑制し

精神の安定や運動能力の向上効果、

痛風の予防効果等様々な効果が

期待できます。

 

 

10月28日は何の日?まとめ

 

10月28日は【おだしの日】。

 

そこで、おだしの魅力について

取り上げてきました。

 

減塩効果を始め、認知症予防、

生活習慣病予防、血行の促進、

ダイエット効果、疲労回復など様々な効果が

期待できます。

 

それでいて低カロリーなので健康にも良い

食材です。

 

かつおのおだしを発明した人には

頭が下がりますね。

 

【おだしの日】をきっかけに

「おだし」に対する知識を高めるとともに

積極的に摂っていただけたら幸いです。

スポンサーリンク